[[プレイレポ]]

[[プレイレポ/フォーカルキェ伯で見習いプレイ]]

*青雲の志 Girard 新1代目 1236-1281 [#n9f0dfd9]
*青雲の志 Girard 新1代目 1236-1281 [#ue946011]


広大な版図を誇ったプロヴァンス家フランスの崩壊により
その一族はヨーロッパ中に分散することとなった。

そんな中、
一族復興の志をもつ青年がいた。

~
#ref(400_Girard.png,nolink)
~

1258年。
Girard de Provence 22才
能力 16-7-7-5
グラナダ公

グラナダ・プロヴァンス家には二つの家訓があった。
ひとつ、嫁は大切に。
ひとつ、長男は宮廷で教育。

本人は軍育ちで、無慈悲、敵対的であるが、、
人徳が無いので、家臣の離反に苦労しそう、、
~

グラナダ・プロヴァンス家の本拠はセビーリャ。
領地は直轄領3つと封臣一人。
直轄領のひとつは遠隔地ゲッティンゲンにあった。

~
#ref(401_map.jpg,nolink)
~

#ref(402_map.jpg,nolink)
~
~

大戦後の世界情勢はというと、

・イングランド消滅、、
 ブリテン島は小国による戦国時代に、、
・ドイツは健在、
 多くの封臣を抱える。
・フランスから独立したシチリア王国は
 南イタリアとジェノバ以北にも12州を領有。侮れない勢力に。
・セルジュクはカトリックに改宗し
 法王の後見人に、、、
・モンゴルは行方不明、、
~

イベリアの情勢はというと、

・グラナダを含む南部は
 主にスウェーデンとゼナータが領有。
・北部、中部はイングランドの消滅により小国家が乱立。
 (大戦前はイングランドの支配下にあった)
・西部もまた、小国家の乱立。
 (大戦前はフランスの支配下にあった)
~

大目標はプロヴァンス家の復興ではあるが、
当面の目標はイベリアの統一。
いかに、強力なスウェーデン勢力を駆逐するかが課題。

まだまだグラナダ一門は非力であるので
ドイツ王の後ろ盾を得ることに。

~
#ref(403_event.png,nolink)
~

まずは、隣接するイスラム国家、ゼナータに宣戦。

~
#ref(404_war.jpg,nolink)
~

#ref(405_war.jpg,nolink)
~

アラセナ、ファロを切り取ることに成功する。

~
#ref(406_event.png,nolink)
~

人徳がないので元帥が去ってしまいましたが、、

~
#ref(407_event.png,nolink)
~

嫁は大事に、
「仲直りするつもりだ」

バダホス公にクレイムを突きつけ宣戦。

~
#ref(408_war.jpg,nolink)
~

バダホス伯を取り込む。
~

対外的な勝利とは裏腹に、
宮廷では、

~
#ref(409_event.png,nolink)
~

宰相、たのむよ、、

~
#ref(410_event.png,nolink)
~

新元帥に振られ、、

~
#ref(411_event.png,nolink)
~

新々元帥にまで、、
~

~
#ref(412_event.png,nolink)
~

嫁さんのおねだり、
「今の小遣いで我慢しておくれ」

~
#ref(413_event.png,nolink)
~

嫁は大切だが、火遊び程度ならば、、
~
~

隣国メールトラとの敵対関係からクレイムをゲット。
力で解決を図る。

~
#ref(414_war.jpg,nolink)
~

~
#ref(415_event.png,nolink)
~

奥方が若い廷臣とねんごろになられているようです。
「勘繰り過ぎだろ」

~
#ref(416_event.png,nolink)
~

ストレス症状に、
胃が痛い、、。
~

~
#ref(417_event.png,nolink)
~

メールトラの主君ベージャ公との戦の最中、
謎の刺客に襲われ、一命をとりとめるも、

~
#ref(418_event.png,nolink)
~

病気に。
~

~
#ref(419_crusade.png,nolink)
~

十字軍発動。
今回はエルサレム解放。

病気は完治。
だが、人望の無さはどうしようもなく、、

~
#ref(420_event.png,nolink)
~

元帥に去られ、

~
#ref(421_event.png,nolink)
~

嫁さんからも三行半が、、

胃が痛い、、
~

宮廷人事に悩まされつつ、
ゼナータとの戦争に突入。

~
#ref(422_war.png,nolink)
~

#ref(423_event.png,nolink)
~

連隊の裏切りあるも
マラケシュの取り込みに成功。

~
#ref(424_war.png,nolink)
~

ゼナータ戦の最中、ベージャ公が宣戦。
両面戦争に。

~
#ref(425_war.jpg,nolink)
~

敵はたいした動員力も無いので、余裕だが。

すかさず、エヴォラのクレイムを要求。

~
#ref(426_war.png,nolink)
~

ベージャ公と講和。

ゼナータはフランスとドイツにも叩かれているので
首都を占領したまま放置で様子見。

~
#ref(427_war.png,nolink)
~

ゼナータ終戦。

一方で
ストレスからは回復。

~
#ref(428_event.png,nolink)
~

嫁よ、、
「修道院送りにしろ」
~

新たに貞節な嫁を迎える。
Hedwiga

~
#ref(429_wife.png,nolink)
~
~

主君ドイツ王死去。

~
#ref(430_map.jpg,nolink)
~

おお、フランスが復活している。

一方、十字軍は、
ターゲットのエルサレムを支配していた大首長国アレッポが
カトリックに改宗、公爵領アレッポに、、

~
#ref(431_map.png,nolink)
~

#ref(432_map.png,nolink)
~

いつのまにか十字軍終了。


~
#ref(433_event.png,nolink)
~

古い傷が悪化し痛みに苦しめられております。
~
~
~
~

#ref(434_Girard.png,nolink)
~

#ref(435_death.png,nolink)
~

老衰により死亡。
(古傷だと思うが、、)
享年45才。
志あるも人徳の無い人であった。
~

**神様見習い曰く [#q27912df]

**神様見習い曰く [#u3131391]
今回も初代は人望がなかった、、
フォーカルキェ・プロヴァンス家の初代と比べると
一回り小粒な感じではあった。
~
~


**グラナダ・プロヴァンス家系図 [#r58b353b]
~

#ref(pedigree_New_1st.png,nolink)
~


グラナダ・プロヴァンス家のルーツは
Berenguie de Provence

初代プロヴァンス家フランス王の弟。
~

TIME:"2010-03-06 (土) 22:11:17"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS