[[Tips/特質一覧]]
[[Tips]]

*病気 [#d8c74cbc]
&ref(event_healing.png,nolink);

#contents

*プロヴィンス効果 [#q74a40b2]
**疫病 [#g1d9f7b6]
マラリア・赤痢・天然痘・腸チフスの四種

州の収入: &color(red){''x50%''};
海上輸送費: &color(red){''x250%''};
建設時間: &color(red){''x1000%''};
消耗: &color(red){''+2%''};

マラリアはイタリア・スペイン・北アフリカ・小アジア・中東地方限定
他の疫病は全世界で発生する

いずれも発生頻度はMTTH2400
道路網・商用港があればそれぞれ&color(red){''x90%''};、隣接州のいずれかがすでに感染中だと&color(red){''x10%''};
ペストと違って伝播イベントはないため、該当地方以外にマラリアが広がることはない

いずれもMTTH18で除去される

**ペスト [#j66fc2b6]
腺ペスト・肺ペストの二種
該当種への免疫があれば発生・伝播しない
発生は中東・アフリカの一部地域に限定され発生頻度も低いが、すさまじい勢いで伝播する

州の収入: &color(red){''x90%''};
海上輸送費: &color(red){''x250%''};
建設時間: &color(red){''x1000%''};
消耗: &color(red){''+1%''};

発症中は宮廷にペストが蔓延し、州には荒廃イベント(MTTH: 30 / 州の肥沃度:&color(red){''-1''};)がつきまとう((ちなみに通常の略奪状態でも発生する))

***発生 [#uc95feec]
アレクサンドリア・メソポタミア・ブハラ・イスファハン一帯のみ(計41州)
適合する免疫があれば発生しない
&ref(plague.png,nolink);

発生頻度は腺ペストで1666年、肺ペストで1093年に一回
1325年 / 1250年 / 1175年未満で&color(green){''x25 / x50 / x100''};と補正がかかるため、通常では1325年以降になる
発生率は低く見えるが、該当州それぞれで計算され、どこかで発生すればまたたく間に伝播するため、世界全体で考えれば相応に高いと言える

いずれもMTTH48で除去され同種の免疫を獲得する

***伝播 [#v5c14f1e]
隣接州がペストのいずれかに感染していると発生し、同種ペストが流入する
ただし適合する免疫があれば発生しない

発生頻度は恐怖の30日
隣接州毎に計算され、流通施設や同じ国・領主・文化であればさらに加速
地形や一部宗教施設に若干の遅延効果があるが、はっきり言って焼け石に水である
発生地及びその付近に国際港を多数含むため、ヨーロッパと言えどそう遠い距離ではない((主にヴェネツィア・ジェノヴァをハブにした拡大が予想される))
震えて眠れ


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS