[[Histrie de Boonen]]
*Guffrot I (1085~1111) [#f0632d3d]
**私生児とパレスチナ [#o301d042]
***Eustasius II の私生児 Godfried [#h9cb88a9]
Eustasius II に、人生の終わりも近くなってから生まれた私生児。成人したのでお披露目。
男子が3人いたので、特別作る必要があったわけじゃないけど一族の男子は何人居ても困るということは無いしね。
#ref(0000-map-start_k.jpg)
Martialがちょっと高いけどこれはTraitで底上げされてるからで元は7とかそんなもん。
それでも、掛け合わせで子孫の能力は上がるので軍事能力優先で嫁を取らせて、将軍を量産出来れば、と目論む。

1086年3月、Guffrotに娘が生まれる。結婚から8年経ってるのに男一人女一人。この家系は多産度が低く設定されてるのかな?
弟のBoudewijnのところは5年経っても一児も出来てないし。

1088年3月、France王が、Egypt(Fatimid-ファーティマ朝)から離脱したJerusalem首長国に宣戦を布告する。
EnlandがEgyptとガチ当たりしてる時はスルーを決め込んで、Jerusalem周辺が独立したら喧嘩売るとはFrance王もやりおるな。
…とか言ってる場合じゃない。Jerusalem周辺がFrance王やその封臣の領土になってしまったら面倒が増えてしまう。
といって、今出て行ってたとしても伯号なので、攻囲戦の途中で公や王が乱入してきたら全部持っていかれてしまう。
う~ん、どうしよう…海を越えていくのは費用も馬鹿にならないし…。迷っているうちにFrance王軍がDarumを占拠・解放する。

今回のいくつかの事が一度で分かる便利な画
#rif
・・・嘘です。うかつなところで「保存」ボタンを押してしまって細かい使い分けが出来なくなっただけです。
黄色っぽいところで囲ってあるのがJerusalem首長国の範囲。写真では既に2州がFrance王軍により奪われている。

ウダウダ迷っていると1089年5月19日、「御主君が、貴方自身も十字軍に参加することを望んでいる」イベント発生。
参加すると自動的に宣戦布告、断ると“Heretic”(異端者)やら“Excommunicate”(破門)やらのTraitが付いてくる。
#rif
どっちもあんまり嬉しくない。が、どちらかといえば異端やら破門のほうがきつい。それにこれでパレスチナへ渡る理由が出来た。
なんとかうまく立ち回れば領土を得ることが出来るかもしれない、という甘い考えの元、ついに遠征を決意、
まずはAscalonに上陸して様子を伺うことにしてBoulogneから出発する。

**小競り合いと落胆 [#u67bf50f]
といあえずAscalonに上陸すると、既にFlanders公率いる部隊がJerusarlemを攻囲中(前出の画像参照)。
Jerusalem首長国は大した勢力も無いところへFrance諸侯の容赦ない攻撃を受けて涙目、軍勢はほぼ壊滅状態。
Jerusalemが落ちるのは時間の問題だけど、Jerusalem攻囲戦に参加しても兵を減らすだけで何にも得をしない。
何とか、邪魔をされないで州開放まで行きたい。で、目をつけたのがAcre(アッコン)。
AIの行軍の特徴として、とりあえず宣戦した相手の直轄領まで一直線に向かって、封臣の領地は戦争関係にない場合は
無視して進む、というのがあります。これを利用して、フランス諸侯の軍勢が他へ移動してる間に、一人Acreで戦って
他の軍勢が%%邪魔しに来る%%応援に駆けつける前に落としきってしまう、という作戦を立ててShiekdam of Acreに宣戦布告。
AscalonからAcreに向かって北上する途上、Jaffaで戦闘になるも数の差は歴然、あっさり押し切ってAcreを攻囲する。
#rif
幸いJerusalem首長国の本拠地はAcreとは反対側のHebronに移動した模様。「よしこれでAcreは貰ったぜ!」
と思ったのも束の間、砦が落ちきる前に上で話が付いて((伯同士が戦ってる場合等、その伯を配下に置いてる公や王が相手と講和するとそこまでで戦争が終結します。))しまい、攻囲戦終了。
だがシステムのことがすっかり頭から抜け落ちていた筆者、「もはや後には退けん」と威信100を犠牲にして再度宣戦布告。
&size(10){何かの拍子にボタン押し間違えたぐらいに思ってたんですよね~};だがまたしても砦があと少しで落ちるというところで「上同士の」講和が成立してしまう。
そのうちAcreにもFrance諸侯の軍勢が攻め寄せてくる。その中にはChampagne公の部隊も含まれていた。
もはやこれ以上の戦いは無意味である、と判断し軍勢は解散。こつこつ貯めた700Gを十分の一にまで減らしたうえに
威信のペナルティまで支払って戦果はゼロ。どころか、Jerusalem周辺がFrance王やその封臣の領土となってしまったのは
大きなマイナス要素といえる。Boulogne家の願いとして「どこでもいいから、公爵に」というスローガンが掲げられることとなった。

**自家の子供、他家の子供 [#wc280514]
時間が前後する。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS