第一計画 詳細

1.5用久野さんMODとの違い

はじめから追加案も込みとなっています。
教育の派生条件をDV対応のものにしました。
ストレスのtrait判定をDV対応のものにしました

廷臣イベントの削減

君主とその子供以外のイベントを削減しています。

教育イベントの簡略化

Character_Development_Events.txt 1012
Kunomod 38920-38939(追加項目)

 ようは君主の子、第一後継者以外には教育先選択イベントが発生しません
 代わりに16歳ごろになると自動で(教育成果イベントの確立を流用してる)
 宮廷か軍隊か教会の教育が施されます

またそれにともない、君主の子も含む女子の教育イベントを削除しました

Character_Development_Events.txt 1015
Character_Development_Events.txt 1037-52

 宰相やら執事やらに普通に女がいついてるのはあんまり気に入らないし
 *第3計画で女性の教育が特別に施されるイベントも作ろうとしています。

個人的なイベントの削減

court_events.txt7925 7927 7924 6220-6231

 内容は「大きな猪を見つけた」「美しい鹿を見つけた」「ムスリムの高度な医療技術で病気が治った」
 「子供に障害」「子供に才能が発見」「事故にあった」「病弱した」
 以上のイベントは君主かその子にしか起こりません
 障害、事故、病弱は能力が上がりすぎるのを止める手段らしいですが
 廷臣にはあまり問題がないでしょう。
 *第二計画、第三計画で能力が高い者は離反などの反逆行為に影響を及ぼしたりさせる予定でもあるので

病気関係のイベント削減

Character_Health_Events 1159
illness_events 4910 4911 4916
Kunomod 34920

君主、君主の子供、元帥などの重臣以外の廷臣は病気、ストレスにならないようにしました。

その代わり廷臣には別に病死イベントを用意しています
今までは生まれつき健康が低いとストレス→病気→病死というプロセスでしたが
それが病死イベントのみという風に簡略化されました

*理論的には病気にかかって病死する確率とさほど違わないつもりだけど、やっててバランスおかしいな?とおもったらいってくれると助かります

なお、病気→肺炎のイベントや病気回復のイベントは廷臣にも発生します

ストレスの条件変更

Character_Health_Events 1159

以前は単純に健康値の大小で決まっていたのをTrait判定にしました
具体的には病気系、身体障害系、執念深い、疑り深い、熱心(狂信)、精力的、寛大、利己的、賢明、公正、臆病、尊大、不屈、敵対的で発生しやすくなり
怠惰、好色、気前がいい、節制がある、向こう見ず、信念がない、意志薄弱、夢想家で発生しにくくなります

導入についての注意。

内容は以下のものとなります。

\config-modtext.csv
\db-----events.txt
     \events-Character_Development_Events.txt
        -Character_Health_Events.txt
        -court_events.txt
        -illness_events.txt
        -KunoMod.txt

このうちmodtext.csv、KunoMod.txtは上書き保存となりますので
自分で加工している方は注意してください

 

Download

 

もどる


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS