[[禁断のネタ]]


*軍事技術

**武器関連技術

各系統とも、レベルを上げることに、攻撃力が 6, 8, 10, 12, 15 と上昇する。
ただし、ランス(槍系Lv3:威力15)とヘヴィランス(槍系Lv5:威力20)は例外的に強力であり、弩の Lv1〜3 は他系統に比べて威力が1低い。

さらに、各武器は特定の兵科が利用したときに威力ボーナスが付加され、これの効果もレベルアップに応じて大きくなる。


標準開発期間は、レベルが上がるごとに 50, 100, 200, 375, 750ヶ月。
君主の軍事能力による補正は 14, 17, 20 を満たすごとに 5%, 10%, 10%。
開発期間を短縮する施設には「大学・兵器工場(各20〜30%)」「図書館・鍛冶工場(各10%)」「港湾・道路施設(各5%)」などがあり、各系統各レベルごとに影響が多少異なる。


***刀剣
軽騎兵に最適な武装。
軽騎兵が使う場合、弓騎兵に対して最大2.5倍(刀剣Lv3)の威力を発揮する。
これに期待して、モンゴル軍到着までに刀剣Lv3の普及を狙う戦略もアリ。
(軽騎兵は Lv3 までの武器しか装備できない)

この系統は、重騎兵・軽騎兵・重歩兵の3兵科で共用できるため、開発は打撃兵器と2択になりやすい。

共用できる兵科が多いため、序盤での利用効率の良さには優れるが、Lv4〜Lv5 を自力開発する価値は低い。
重騎兵はランス(棹状武器Lv3)が圧倒的に強く、軽騎兵は(刀剣Lv3)までしか装備できず、重歩兵は打撃兵器系のほうが強力なためである。

低レベルのものほど開発所用期間が長く、Lv1〜2では他系統の30%増し。
貴族・聖職者の権力が強いと、それぞれ開発速度にボーナスがつく。
-Lv1 - ショート・ソード
-Lv2 - ブロード・ソード
-Lv3 - ロング・ソード
-Lv4 - バスタード・ソード
-Lv5 - グレート・ソード



***打撃兵器
重歩兵に最適な武装。
重歩兵が使う場合、重歩兵以外の歩兵に対して大きな攻撃ボーナスが与えられる。
一般的に重歩兵は数が多いので、打撃兵器の開発で得られるメリットは大きい。

この系統は、軽騎兵・重歩兵の2兵科で共用できるため、開発は打撃兵器と2択になりやすい。

軽騎兵の刀剣ボーナスは「対弓騎兵」と偏っており、重騎兵の刀剣はランスへの繋ぎでしかないので、刀剣の開発を捨てて打撃兵器開発を進めるのも、悪い選択ではない。

Lv1〜2 では聖職者・市民、Lv4〜5では貴族・聖職者の権力が強いと、それぞれ開発速度にボーナスがつく。
-Lv1 - ハンド・アックス
-Lv2 - ウォー・ハンマー
-Lv3 - メイス
-Lv4 - モーニング・スター
-Lv5 - バトル・アックス



***棹状武器
重騎兵・槍兵・軽歩兵の3兵科で使われる武装。
Lv1, 2, 4 は槍兵・軽歩兵専用、Lv3, 5 は重騎兵用と、変則的な構成になっている。

軽歩兵はロングスピア(棹状武器Lv1)を得ることで他兵科に劣らぬ攻撃力を手に入れるが、Lv2 以降の槍を扱うことができない。
騎兵はランス(棹状武器Lv3)を手に入れることで他兵科の Lv5 武器に匹敵する攻撃力を手に入れ、ヘヴィランス(棹状武器Lv5)を得ることで全兵科を凌駕する攻撃力を手にする。(ランスは軽歩兵・弓兵に、ヘヴィランスは歩兵全種に大きな攻撃ボーナス)
槍兵は Lv1、Lv2、Lv4 の槍を扱うことができ、重騎兵・軽騎兵に対する大きな攻撃ボーナスを得られる。

一般に重騎兵・槍兵は数が少ないので、開発の必要性を感じにくいが、プレーヤー直属軍を重騎兵で固めるつもりなら、最優先で開発を進めたい分野である。

森地形で 5〜10%、伐採所で 10%の開発ボーナスがある。
ランス系は貴族、槍系は市民の権力が強いと、それぞれ開発速度にボーナスがつく。
-Lv1 - ロング・スピア
-Lv2 - パイク
-Lv3 - ランス
-Lv4 - ポールアーム
-Lv5 - ヘヴィー・ランス


***弓
弓兵専用の武器で、序盤での威力に優れる。
同用途の弩に比べて、Lv1〜Lv2 の低レベルにアドバンテージがあり、重騎兵に対する攻撃ボーナスがある。

高レベルの弓を弓騎兵が使用すると、重騎兵・重歩兵・槍兵・軽歩兵に対して絶大な威力を発揮するが、プレーヤーにとっては無関係な話。

森地形で 5%、伐採所で 10%の開発ボーナスがあるが、「鍛冶屋・兵器工場・大学・図書館」による開発ボーナスは受けられない。

-Lv1 - ショート・ボウ
-Lv2 - ロング・ボウ
-Lv3 - 合板ロング・ボウ
-Lv4 - 強化ロング・ボウ
-Lv5 - 狙撃ロング・ボウ

***弩
弓兵専用の武器で、中盤以降で絶大な威力を発揮する。
Lv3以下では、他系統の武器に比べて威力が低く、攻撃ボーナスも少ない。
しかし同用途の弓に比べて、Lv4〜Lv5 の高レベルでアドバンテージがあり、重騎兵・重歩兵に対するボーナスがある。
とくにアルバレスト(弩Lv5)を装備した弓兵は、重騎士をも凌ぐ最強の重歩兵キラーとなる。

森地形で 5%、伐採所で 10%の開発ボーナスがあるが、「鍛冶屋・大学・図書館」による開発ボーナスは受けられない。
-Lv1 - ジャベリン
-Lv2 - ライト・クロスボウ
-Lv3 - ミディアム・クロスボウ
-Lv4 - ヘヴィー・クロスボウ
-Lv5 - アルバレスト

**防具関連技術
装備できる防具は兵科によって決まっており、上位の防具を装備できる兵科は、下位にあるものも装備できる。

|革鎧|防|開発||鎖帷子|防|開発||金属鎧|防|開発|
|ソフト・レザー|5|50||チェインド・レザー|10|85||スケイルメイル|10|100|
|レインフォースド・レザー|6|100||ライト・チェインメイル|11|150||バンデッド・メイル|12|200|
|ボイルド・レザー|7|200||チェインメイル|12|250||ハーフ・プレート|15|350|
|リジッド・レザー|8|375||フル・チェインメイル|13|450||プレートメイル|18|650|
|スケールド・レザー|9|750||プレーテッド・チェインメイル|14|850||フル・プレート|20|1250|

***革鎧
軽歩兵・弓兵のための防具。
これら2兵科の初期防御力は極端に低いため、早い時期に Lv1 を開発しておきたい。

得られる効果は少ないが、革鎧 Lv1〜Lv3 を開発しておくと、他防具Lv1〜Lv3の開発期間に最大20%程度のボーナス。

鍛冶屋の開発ボーナスは得られず、兵器工場のボーナスが小さい代わりに、大学の効果が若干高い。


***鎖帷子
軽騎兵・槍兵のための防具。
序盤においては鉄鎧との差が小さく、重騎兵・重歩兵にとっても利用価値が高い。

防具未開発の状態から鎖帷子Lv1を得ると、4兵科の防御力が2倍に跳ね上がるため、序盤から戦争を仕掛けるつもりなら最優先で開発したい技術。

鎖帷子Lv5 を開発しておくと、鉄鎧 Lv3〜Lv5 の開発に 10% のボーナス。


***鉄鎧
重騎兵・重歩兵のための防具。
重歩兵は数が多く、重騎兵はプレーヤーにとっての貴重な戦力であるため、圧倒的な防御力を誇る鉄鎧の利用価値は高い。

開発期間が長いとはいえ、Lv3 程度までなら比較的簡単に開発できる。開発には革鎧のボーナスが利用しやすい。


〜〜つづく〜〜


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS