[[イルカの主]]

*聖戦王ギョーム1世(1267-1279)

1267年、穏健王といわれたジャック1世の死後、
彼の息子がサヴォイ公ギョームしかいなかったため、ギョームが新しいブルゴーニュ王となった。

その翌年の1268年、ギョーム1世はサヴォイ公の地位に長男であるジョセフをおいた。
これにより、領土が安定したため、ギョーム1世は他国への侵略を画策していた。
そしてギョーム1世が目をつけたのはフランス王国から独立していたヌベール伯であった。

1269年、ギョーム1世は一軍を率いてヌベール伯に宣戦布告をした。
ヌベール伯に同盟国は無く一月で決着がついた。
これによってブルゴーニュ地方全土がブルゴーニュ王国のものとなった。

----
1270年、バレンシア公とムルシア公がコルドバ太守から宣戦布告を受ける。
無論、ギョーム1世はこの2つの公爵を援助するためにコルドバ太守に宣戦布告をした。
この戦いには、ラングドック公とサヴォイ公、プロヴァンス公も援軍に加わり、
ブルゴーニュ王国の威信をかけた戦いとなった。

まず、ギョーム1世はコルドバ太守が持つピレネー山脈の麓にあるスペイン辺境地方へ進軍した。
そこにあったウルヘルとロサスを3ヶ月かけて占領した。
ラングトック公マークはスペイン中央部に進軍、
プロヴァンス公タンクレーディはバレンシア公の援軍、
そして、サヴォイ公ジョセフはムルシア公の援軍としてそれぞれ突き進んだ。

この戦いは3年間にも及ぶ戦いとなった。この戦いで多くの将兵が戦死した。
だが、この戦いでコルドバ太守は消え、スペイン中央部の半分近くがブルゴーニュ王国のものとなった。
この戦いの後、ギョーム1世はスペイン辺境公にシュバイツ公アレンの弟であるアンリを起用する。
彼の立場を考えてのことであった。
さらに、多くの家臣にスペイン中央部の土地を与え、参戦した公爵達にも礼として多額の褒章を与えた。

----


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS