[[CK2]]

*男爵と入植地 [#rcc0be53]
改めましてみなさんこんにちは!
Hello again folks!

新たな月、そして新たな開発日誌の為の素晴らしい時がやってきた。今回は男爵について話をすることにしようか。初代Crusader Kingsでは、人物は伯爵、公爵、国王(文化によってそれぞれ分かれていたが)のような3ランクの称号しかを持つことが出来なかった。男爵は間接的に地方貴族として存在していた。彼らは、聖職者、農民、市民と共に異なる勢力、忠誠、そして課税額を持っていた。プレイヤーは4つの勢力値をいじることができ、そしてそれは税率と地方の課税の構成に影響を与えるものであった。結局のところ、これは最も良くない特徴の一つだった。というのも、この細かすぎる経営管理は、つまらない上にそれをする程の価値があるのか分からなかったからだ。それ故、Crusader Kings IIでは全面的にこの仕様は廃止された。代わりに、それぞれのプロヴィンスは1と8の間で入植地と名付けられたものを持つことになるだろう。((自分で訳してて意味が分からない。))入植地は城、都市、あるいは教会のことだ。そしてキャラクターは彼らが伯爵領や公爵領を持つのと同じように、入植地の所有権を持つことができる。城は封建制では通常の所有物だ。そしてその城の男爵は普通地方の伯爵に領地を持っている。

It's a new month and high time for another development diary. This time, let's talk about barons. In the original Crusader Kings, characters could only hold titles of three ranks; count, duke and king (though these could be called different things in different cultures). Barons existed indirectly in the form of provincial nobility, which, together with the clergy, peasants and burghers, had different power, loyalty and tax values. The player could fiddle around with the power values of the four classes, which would affect the tax rate and the composition of the provincial levy. As it turned out, this was one of the least successful features in the game, because the micromanagement was tedious and did not have enough impact to make it worthwhile. Therefore, in Crusader Kings II, the whole thing has been cut. Instead, each province will have between one and eight named settlements. A settlement is either a castle, city or church, and characters can hold the title to a settlement just like they can to counties and duchies.

(翻訳中です…)

トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS