独立公ゲルハルトの治世

 新たなマイセン公は、すでに3男2女をもうけていた。そのうち三男は世を去り、存命中の子供は4人である。
 世継ぎの長男ルードヴィッヒは22歳、次男カルロマンは20歳。長女オシュテルヒルトが19歳、次女ウルスラが14歳である。ウルスラは若くして持病を患っていた。

 1138年、クロアチア王国および、イタリア北部のミラノ、トスカナ両公国より相次いで同盟の使者が訪れた。マイセン公はこれをすべて承諾した。
 翌年、2世代前、伯爵時代の君主であった、隣国チューリンゲン公国が神聖ローマ帝国に対して叛旗を翻した。
 1140年、マイセン公は混乱に乗じて神聖ローマ帝国からの独立を宣言。貴族の中には眉をひそめるものもいたが、マイセンの民衆はかつての略奪の記憶を忘れておらず、喝采をもって宣言に応じた。
 これに対して、依然として帝国に忠誠を誓っていた北方の大国ブランデンブルク公国をはじめ、帝国内の諸侯がマイセン公国に相次いで宣戦。マイセン公は自らの計算違いに愕然とした。
 緒戦はマイセンの西、プラウエンの地において、ブランデンブルク公国軍との間で行われた。
 マイセン公は治世に長けている一方、軍事には疎かった。しかし、弟ベドリッヒ将軍の率いる公国軍は野戦で圧勝。直後にブランデンブルク公から和平の使者が訪れ、ブランデンブルク公国は早々に戦争から離脱した。


← ヴァイマール年代記


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS