[[お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ]]

**晩年 [#udcd30ab]

弟と妹との離別の後、ルードヴィクは人と話さず、一人自室に篭る事が多くなった・・・~
&ref(一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのいち/ユッテ.png);ルードヴィク様…おいたわしい。
&ref(一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのさん/コンスタンツェ.png);ここはひとつ、後妻を迎えてはいかがでしょう?
&ref(一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのいち/ルードヴィク.png);そうか…それもいいかもしれない。
&ref(一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのいち/ルードヴィク.png);しかし僕自身37歳ともう年だ、子供はあまり期待できそうにない。継承は考えず、能力的に優秀な人に来てもらう方向でいこう。
&ref(一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのさん/コンスタンツェ.png);では、そのように。…この方などどうでしょう。
&ref(一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのいち/ルードヴィク.png);ガリシア公爵家?イベリアとは随分遠いな。まあいいや、行ってみよう。
#ref(7-1.png)
マリア・デ・ヴァリャドリド、27歳。さほど優秀でもない気もするがこの時点では最良だった。

&ref(一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのいち/ルードヴィク.png);…って、未亡人さんなのな。((作者は国勢台帳を見て適当に決めたため、結婚が決まるまで気付いていなかった。))

さらにマリアはガリシア公にとっても後妻であった。何か苦労してそうな人である。~
&ref(マリア.png);ええの?うち、連れ子までおるんやけど…

イベリアは''ドイツから見て西なので関西弁''にした。安直すぎる発想である。~
&ref(一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのいち/ユッテ.png);実際は関西弁どころか言語自体違うはずなんですけどね。
&ref(一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのいち/ルードヴィク.png);構わないさ、''言葉の壁なんて愛さえあれば関係ないよねっ!''
&ref(一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのいち/ルードヴィク.png);ガリシア公の代わりだっていい、君と一緒にいたいんだ!
&ref(マリア.png);…分かったわ、ええよ。こちらこそ、ウタさんの代わりでもええ、あなたの傍にいさせてな。
#ref(7-2.png)

で・・・~
&ref(一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのいち/ルードヴィク.png);愛による結びつきだ!
&ref(マリア.png);いややわぁ、あなた♥
#ref(7-3.png)

傷を舐めあうように寄り添った二人のこの恋が、晩年のルードヴィクをどれだけ癒したかは想像に難くない。
~
ところが・・・~
&ref(一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのいち/ルードヴィク.png);またあそこからの使者か。参戦依頼なら断って帰ってもらってくれ。…何、違う?
&ref(一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのいち/ルードヴィク.png);え、あの時の子供?…''まさか!''
#ref(7-4.png,around)
不義の子フリードリヒ
#img(,clear)
&ref(マリア.png);ちょっと、どういうこと!?
&ref(一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのいち/ルードヴィク.png);いや、それは、その…ゴニョゴニョ
&ref(マリア.png);はぁ…まぁええわ。時期的に前の奥さんの時やろうしな。
&ref(マリア.png);でも、二度とこんな事したら許さへんで?
&ref(一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのいち/ルードヴィク.png);ホントすみませんでした。

&ref(一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのさん/謎のお姉さん.png);一度も参戦してくれないから、文句の一つも言いに行ったのだけれど…
&ref(一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのさん/謎のお姉さん.png);チューリンゲン公、よく見たら中々いい男じゃない。
&ref(一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのさん/ゲルベルガ.png);ちょっと惚れちゃったわぁ。ま、後はよろしくねぇ~♪((ゲーム中では私生児の母親は不明なので、この流れは全て作者の脳内補完です。でもゲルベルガはルードヴィクの2歳上と近いし独身なのでアリかと思って…))
~
そして・・・~
&ref(子供男.png);ルードヴィクの長男 ゲプハルト)クレメンティア、好きだ!
&ref(子供女.png);同じく長女 クレメンティア)お兄様♥
#ref(7-5.png)
''この親にしてこの子あり''である。

このような事がありつつも、チューリンゲンはつかの間の平和を謳歌していた。
しかし。戦争と心労に蝕まれたルードヴィクの最期は近付いていた―――
~
1082年~

ルードヴィクは妻と臣下の見守る中、死の床に臥せっていた。~
&ref(一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのいち/ユッテ.png);&ref(一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのさん/コンスタンツェ.png);ルードヴィク様…
&ref(一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのいち/ルードヴィク.png);うう…もう助かりそうにないな…
&ref(マリア.png);そんな…あなた、しっかりしてっ!
&ref(一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのいち/ルードヴィク.png);…
&ref(一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのいち/ルードヴィク.png);…僕は、間違っていたんだろうか…
&ref(一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのいち/ルードヴィク.png);確かにチューリンゲンは大きくなった。でも…本当はそんなの必要なかったんだ。
&ref(一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのいち/ルードヴィク.png);小さな領土のままでもいい。ウタ、ベリンゲル、アデルハイデ。昔みたいに兄弟4人で一緒に笑って過ごせれば、それで…
&ref(一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのいち/ルードヴィク.png);運命の歯車が少し…ほんの少し違うだけでも、こんな結末にならずに済んだかも知れなかったのに…
&ref(一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのいち/ルードヴィク.png);…でも、ウタが言ってた通り、時は二度と戻らないんだね。
&ref(マリア.png);…
&ref(一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのいち/ルードヴィク.png);マリア…子供達を…頼んだよ…
&ref(マリア.png);あなた…
&ref(一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのいち/ルードヴィク.png);手を握っていてくれ…最後に…君に会えてよかった、それだけが…幸せだ…
#ref(7-6.png)
チューリンゲン公ルードヴィク、40歳でこの世を去った。
その死に顔はしかし、安らかだったという――

[[→二代目へ進む>二代目ゲプパルトお兄ちゃん そのいち]]
[[→二代目へ進む>二代目ゲプハルトお兄ちゃん そのいち]]



トップ   一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS