[[お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ]]
**最初から妹 [#f8669d45]

1067年、ドイツ。
チューリンゲン方伯ルードヴィクの妹ウタは16歳になろうとしていた・・・~
&ref(ルードヴィク.png);ようやくか…この時の為に25歳まで独身で待ったんだ!
&ref(ルードヴィク.png);''結婚しよう、ウタ!''
&ref(ウタ.png);うんっ、お兄ちゃん♥
#ref(1-1.png)
&ref(ユッテ.png);宰相 ユッテ)''えっ'' 実の兄妹はいかんでしょ
&ref(ルードヴィク.png);&ref(ウタ.png);''兄妹だけど愛さえあれば関係ないよねっ!''
&ref(セシリー.png);母 セシリー)はぁ…昔から仲のいい兄妹でしたが、まさかこうなってしまうとは。
&ref(セシリー.png);ですが、本当に愛し合っているのなら、もう誰にも止めることはできません。せめて二人とも、良き夫良き妻になりなさいな。
&ref(ウタ.png);うんっ!
&ref(ルードヴィク.png);これから先、どんな苦難が訪れようとも。二人なら、きっと乗り越えていけるよ!

のっけから''禁断の恋''を叶えてしまったルードヴィクとその妹ウタ。
さて、二人の、そしてチューリンゲンの行く末に、どんな運命が待ち受けているのだろうか!?

**状況説明 [#ta66f5ef]

#ref(2-1.png)
&ref(ルードヴィク.png);そんな訳で、僕がチューリンゲン方伯(ゲーム中では公爵)のルードヴィク跳躍伯だよ。
&ref(ルードヴィク.png);25歳で「三流外交官」、能力的にはまずまずってとこかな。弟のべリンゲル(11)、妹のウタ(16)、アデルハイデ(11)がいる。
&ref(ルードヴィク.png);以下、作者が貧弱な英語力でWikipediaを読んでの史実の経歴だよ。
 1042年生まれ。14歳で父のルードヴィク髭伯を継ぐ。
 狩りの最中にとある山を見て気に入り「待て、汝我が城なれ」と叫び、そこに後の世界遺産ヴァルトブルク城を建造した。
 また、領土問題で対立していたプーテレンドルフ伯フリードリヒ3世を暗殺した嫌疑で監禁されたが、
 処刑を前にして城の塔から川に飛び込んで脱出、「跳躍伯」の渾名がつく。
 その後、フリードリヒ3世の未亡人アデルハイデと結婚した。
 81歳まで生き、子孫には神聖ローマ対立王のハインリヒ・ラスペや、その弟でチュートン騎士団第2代総長のコンラトがいる。
&ref(ルードヴィク.png);''愛は略奪だ!''どうやら史実でも中々過激な人物だったみたいだね。
&ref(ルードヴィク.png);他の宮廷メンバーはこんな感じ。
#ref(2-2.png)
しかしこのチューリンゲン家、男子が詰襟で女子がセーラー服とは何とも現代日本の学生みたいである。~
&ref(ルードヴィク.png);次は領土だよ。
#ref(2-3.png)
&ref(セシリー.png);我々チューリンゲン方伯領は神聖ローマ帝国(以下ドイツ)の臣下です。直轄領1と封臣2を有します。
&ref(セシリー.png);収入はチューリンゲン・ワイマールが2、プラウエンが4。内陸で技術発展も遅く、ドイツ諸侯の中では割と弱体な部類ですね。
&ref(ユッテ.png);ですが、少し足を伸ばせばポメラニアやメクレンブルク等の北方の異教徒に届き、拡張の余地はありましょう。

[[→「そのに」へ進む>一代目ルードヴィクお兄ちゃん そのに]]

トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS