ルーシ年代記

リトアニア王パヴェルの治世

 フェドール陛下の唯一の公子であるヴセヴォロト様のただ一人の公子として生まれた
パヴェル陛下は即位前は父親の称号と領地をついで〇〇伯爵ルリコヴィチ家の二代目と
なった。[〇〇伯爵については記録が書庫の増改築の際に散逸してしまったらしい]

 1126年 リトアニア国王の推定相続人となる
 1127年 リトアニア王太孫となる。[〇〇伯爵はそのまま]
 1133年 フェドール陛下崩御
 同年  パヴェル様がリトアニア国王に即位
 1135年 リトアニア国王の戴冠式を挙行


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS