[[マニュアル]]

**Hints&size(12){   − チュートリアル画面の右下に参照できるヒントの和訳・補足 −}; [#k02773e0]

#1 「ctrl」を押しながら 「+」か「-」を押すと、ゲームスピードを変更できます。「+」 スピードアップ、 「-」スピードダウン。
#2 「+」か「-」を押すと、画面のズームを変更できます。「+」ズームイン、「-」ズームアウト。
#3 「Pause」か「Break」を押すと、ゲームにポーズ(進行ストップ)をかけることができます。
#4 Unit(部隊)を左クリックで選択後、「Shift」を押しながら右クリックで通過点を選択してゆくと、ユニットに任意の進路を辿らせることができます。
#5 数値やシンボルの上にマウスカーソルを2秒以上当てると、より詳細な情報が得られます。
#6 スライダー上の●ボタンをダブルクリックすると、スライダーを固定、再度ダブルクリックすると固定解除ができます。
#7 トップバーの「年月日」の表示されているところをクリックすると、ゲームにポーズをかけることができます。再度クリックすると再開できます。
#8 補佐官を任命することにより、Martial(軍事)、Diplomacy(外交)、Intrigue(策謀)、Stewardship(統治)の効果をより高めることができます。
#9 Inheritance law(相続法)を変更すると、Vassal(封臣)たちの忠誠心を著しく損い、彼らの反乱を招くことがあるので注意して下さい。
#10 技術開発にあたっては、研究する項目に赤●ボタンをセットし研究を実行して下さい。これにより、選択された項目の研究・開発が開始されます。
#1 「ctrl」を押しながら 「+」「-」を押すと、ゲームスピードをアップ・ダウンできます
#2 「+」「-」を押すと、画面のズームイン・アウトを変更できます
#3 「Pause」か「Break」を押すと、ゲームをポーズすることができます。
#4 部隊を左クリックで選択後、「Shift」を押しながら右クリックで中継点を選択してゆくと、ユニットに任意の進路を辿らせることができます
#5 数値やシンボルの上にマウスカーソルを2秒以上当てると、より詳細な情報が得られます
#6 スライダー上の●ボタンをダブルクリックすると、スライダーを固定、再度ダブルクリックすると固定解除ができます
#7 トップバーの「年月日」の表示されているところをクリックすると、ゲームをポーズ・再開することができます
#8 補佐官を任命することにより、軍事(Martial)・外交(Diplomacy)・陰謀(Intrigue)・管理(Stewardship)の効果をより高めることができます
#9 相続法(Inheritance law)を変更すると、封臣(Vassal)たちの忠誠心を著しく損い、彼らの反乱を招くことがあるので注意して下さい
#10 技術開発にあたっては、研究する項目に赤●ボタンをセットし研究を実行して下さい。これにより、選択された項目の開発が開始されます。

#11 Unitを海路移動させる場合は、まずUnitを左クリックで選択し右クリックで目的地を選びます。移動に誤りがなければ、ポップアップ・ウィンドウの確認メッセージの「Ok」を押して下さい。ヒント#4 の方法を採れば海路移動を避けることができます。
#12 画面右上のPortrait(人物肖像)をクリックすると、その人物の人物情報ウィンドウが表示されます。そこで、その人物に関わる人々の情報をチェックして下さい。
#13 画面右上のShield(盾形のシンボル)をクリックすると、マップは首都に移動します。プレーヤーのShieldを押すと、さらに画面左に宮廷コマンド用画面が開きます。
#14 上手な婚姻政策を行い、プレー中のキャラクターの遺領を相続させるべき子孫をもうけておく必要があります。プレー中のキャラクターの死亡後は、それら子孫のうちの一人で新たにプレーすることになるでしょう。
#15 あなたがVassalを従えるLiege(封主)であるならば、Vassalの婚姻に介入しこれを決定することができます。あなたがVassalならば、逆にLiegeはあなたの婚姻を決定してしまうかもしれません。(v.1.02 でLiegeといえどもVassalの婚姻に介入できなくなりました。)
#16 Fertility(多産度)は現実と同じような扱いとなります。若年、あるいは老年の場合、子供を得るのは難しいでしょう。
#17 敵軍よりも多くの兵をそろえることは、いかなる場合にも優れた方法と言えるでしょう。但し、あなたよりも高いMartial能力を持つ指揮官が敵軍にいる場合、それは非常な難敵となるでしょう。
#18 娘の婚約を整えないでいとると、あなたは次第にPrestige(名声)を失ってゆきます。婚約を結ばせることができれば、婿の地位に応じたPrestigeが得られるでしょう。婿があなたのVassalであれば、彼の忠誠心は増加します。
#19 補佐官を任命する場合、女性はBishop(管区主教)やMarshal(軍指揮官)にはなれないことに注意して下さい。Steward(家宰)、Chancellor(主任外交官)、Spy Master(諜報部長)に任命することは可能です。
#20 Portraitの後ろに赤い四角がある人物は「王」、青いリボンが巻かれている者は「公」、金色の縁取りだけの者は「伯」です。
#11 部隊を海路移動させる場合は、まず部隊を選択し右クリックで目的地を選びます。移動に誤りがなければ、確認メッセージを「OK」して下さい。ヒント#4 の方法を採れば海路移動を避けることもできます。
#12 画面左上の肖像(Portrait)をクリックすると、その人物の人物情報が表示されます。そこで、その人物に関わる人々の情報をチェックして下さい。
#13 画面左上の盾型紋章(Shield)をクリックすると、マップは首都に移動します。プレーヤーの紋章を押すと、さらに画面左に宮廷コマンド用画面が開きます。
#14 上手な婚姻政策を行い、プレイ中のキャラクターの遺領を相続させるべき子孫をもうけておく必要があります。プレー中のキャラクターの死亡後は、それら子孫のうちの一人で新たにプレーすることになるでしょう。
#15 %%あなたが封臣を従える主君であるならば、封臣の婚姻に介入しこれを決定することができます。あなたが封臣ならば、逆に主君はあなたの婚姻を決定してしまうかもしれません%%(v.1.02 で廃止されました)
#16 多産度(Fertility)は現実と同じような扱いとなります。若年、あるいは老年の場合、子供を得るのは難しいでしょう。
#17 敵軍よりも多くの兵をそろえることは、いかなる場合にも優れた方法と言えるでしょう。但し、あなたよりも高い軍事能力を持つ指揮官が敵軍にいる場合、それは非常な難敵となるでしょう。
#18 行き遅れの長女を放置していると、あなたは次第に威信(Prestige)を失っていきます。婚姻を結ばせることができれば、婿の地位に応じた準備金が得られるでしょう。婿があなたの封臣であれば、彼の忠誠心は増加します。
#19 補佐官を任命する場合、女性は教区長(Bishop)や元帥(Marshal)にはなれないことに注意して下さい。宰相(Chancellor)・密偵頭(Spy Master)・家令(Steward)に任命することは可能です。
#20 肖像の後ろに赤い四角がある人物は「王」、青いリボンが巻かれていれば「公」、金色の縁取りだけだと「伯」の身分を示します

#21 Title(称号)の保持者は、時間の経過とともにPrestigeを増加させます。より高いTitleほどより高いPrestigeが得られます。
#22 画面右上に白地に赤十字の旗が現れた時、それは教皇が十字軍の召集を呼びかけていることを表します。これに参加し、Pagan(パガン)やMuslim(回教徒)らに対し戦いを挑まない者は、時間の経過とともにペナルティーとしてPiety(信仰心)を失います。
#23 画面左の州情報画面に既設、建築中の施設が表示されます。また、ここで州のTerrain(地形)を視覚的に確認することができます。
#24 Portraitの側の白い大きな十字架は、あなたがPapal Controller(教皇代執行人)であることを表します。
#25 Character Trait(人物特性)に注意して下さい。あるイベントにおいて獲得したTraitが、他のイベントの引き金になるかもしれません。「Stress(ストレス症状)→Depression(鬱病)→自殺」という一連の負のイベントの始まりかもしれません。
#26 13世紀中頃、モンゴル軍は2方面からヨーロッパを席巻するでしょう。一方は、ブハラからバグダッドを経てカイロ、コンスタンティノープルへ向うルート。もう一方は、ロシアを通りポーランド、ハンガリーに向うルートです。
#27 14世紀中頃、ヨーロッパにペストの大流行が始まります。これにより、ほとんどのヨーロッパ諸国は経済的なダメージを被るでしょう。しかし、後に経済は再び盛り返すことができるでしょう。注意しなければならないのは、死神にあなたの後継者の全てを連れ去られないように、なるべく多くの子供をもうけておくということです。
#28 Archer(弓兵)、Horse Archer(弓騎兵)だけは、戦闘中いくつかのフェイズで攻撃を行うことができます。さらに、重装備の兵科に対し決定的な戦闘力を持ちます。
#29 Knight(騎士)は、最も高い突進力を備えているだけでなく、最高の士気値を持っています。さらに、あらゆる種類の歩兵に有効な兵科です。
#30 もし、あなたのPrestigeが減少しているのであれば、息子たちにTitleを分け与えているかを確認してみて下さい。トップバーの†マークにカーソルを当てると、増減が分かります。
#21 称号(Title)の保持者は、時間の経過とともに威信を増加させます。より高い称号ほどより高い威信が得られます。
#22 画面右上に白地に赤十字の旗が現れた時、それは教皇が十字軍の召集を呼びかけていることを表します。これに参加し、多神教徒(Pagan)・ムスリム(Muslim)に対し戦いを挑まない者は、時間の経過とともにペナルティーとして信仰(Piety)を失います。
#23 画面左の州情報画面に既設、建築中の施設が表示されます。また、ここで州の地形(Terrain)を視覚的に確認することができます。
#24 肖像の側の白い大きな十字架は、あなたが教皇後見人(Papal Controller)であることを表します。
#25 特質(Trait)に注意して下さい。あるイベントにおいて獲得した特質が、他のイベントの引き金になるかもしれません。「ストレス症状(Stress)→鬱病(Depression)→自殺」という一連のイベントはCKの様式美と言えます。
#26 13世紀中頃、モンゴル軍は2方面からヨーロッパを席巻するでしょう。一方は、ブハラからバグダッドを経てカイロ・コンスタンティノープルへ向うルート。もう一方は、ロシアを通りポーランド・ハンガリーに向うルートです。
#27 14世紀中頃、ヨーロッパにペストの大流行が始まります。これにより、ヨーロッパ諸国は経済的なダメージを被るでしょう。しかし、経済は後に再び盛り返すことができます。注意しなければならないのは、あなたの血統が絶えないようなるべく多くの子供を設けておくことです。
#28 弓兵(Archer)、弓騎兵(Horse Archer)だけは、戦闘中全てのフェイズで攻撃を行うことができます。さらに、重装備の兵科に対し決定的な戦闘力を持ちます。
#29 騎士(Knight)は、最も高い突進力を備えているだけでなく、最高の士気値(Morale・いわゆる軍のHP)を持っています。さらに、あらゆる種類の歩兵に有効な兵科です。
#30 成人した息子に領土を与えないと、毎月威信が低下します。息子が生まれたら、将来の封地を考えておきましょう。威信が減少しているときは、息子たちに称号が行きわたっているか確認して下さい。トップバーの王冠にカーソルを当てると、増減事由が分かります。

#31 子供たちが5才になると、彼らの教育方針を選ぶことができます。
#32 16〜19才の間に、子供たちに教育の成果が現れます。
#33 Pikeman(槍兵)は、あらゆる種類の騎兵に対し戦闘力ボーナスを持ち、他の兵科に対してもそれなりの効果を発揮します。
#34 Unitの攻撃値、防御値は、開発された武具によって強化されます。
#35 Papal Controllerは、Excommunicate(破門)とRevoke excommunication(破門撤回)を行うことができます。
#36 宮廷メンバーをDuke(公)にしたいのであれば、まず、対象の人物をCount(伯)に任命し、その後にDukeを与えなければなりません。
#37 Dukeが単なるCountよりも強力な所以は、彼らがより多くのVassalを従えている点にあります。Kingが更に強力であるのは、多くのDuke、CountをVassalにしているからです。
#38 Sawmill(製材所)は、施設の建設にかかる時間を10%短縮します。Sawmillを造るには、初めにForestry(採伐所)を造っておく必要があります。
#31 子供たちが5才になると、彼らの教育方針を選ぶことができます
#32 16~19才の間に、子供たちに教育の成果が現れます
#33 槍兵(Pikeman)は、あらゆる種類の騎兵に対し戦闘力ボーナスを持ち、他の兵科に対してもそれなりの効果を発揮します
#34 部隊の攻撃値、防御値は、開発された武具によって強化されます
#35 教皇後見人は、破門(Excommunicate)・破門撤回(Revoke excommunication)を行うことができます
#36 宮廷メンバーを公(Duke)にしたいのであれば、まず、対象の人物を伯(Count)に任命し、その後に公位を与えなければなりません
#37 公が単なる伯より強力な所以は、彼らが多くの封臣を従える点にあります。王が更に強力であるのは、より多くの公・伯を封臣にしているからです。
#38 製材所(Sawmill)は、施設の建設にかかる時間を5%短縮します。製材所を造るには、初めに採伐所(Forestry)を造っておく必要があります。

---以下、#39から皆さんの見つけたヒントを加えて下さい。
ヒントには、なるべく裏技的攻略法ではなく、操作や基本概念、決まり事の理解に役立つものがいいと思います。

#39 支配する州が複数ある場合、国の首都はIncome(収入)の最も多い州に置かれます。Incomeは、州情報画面の左下で確認することができます。
#40 王は王をVassalにすることはできません。同様に公は公を、伯は伯をVassalにできません。Vassalにするには、対象国より少なくとも一つ上の地位にいなければなりません。
#39 支配する州が複数ある場合、国の首都は収入の最も多い州に置かれます。収入は、州情報画面の左下で確認することができます。
#40 王は王を封臣にすることはできません。同様に公は公を、伯は伯を封臣にできません。封臣にするには、対象国より少なくとも一つ上の地位にいなければなりません。
#41 イベントの選択肢に2秒間カーソルを当てると、その選択により生じるであろう結果が表示されます。
#42 Light Cavalry(軽騎兵)は、ほとんどの兵科に対して充分な戦闘力を発揮します。
#43 Archerは、Bow(弓)やCrossbow(弩)を装備し、重装備の兵科に対して素晴らしい戦闘力を発揮します。
#44 Heavy Infantry(重装歩兵)は、Archer、Pikeman、Light Infantry(軽装歩兵)に対して特に有効な攻撃を行います。
#45 Light Infantryは、Archerを除くどの兵科に対しても余り有効ではありませんが、維持費に優れています。
#46 Maximum demesne size(直轄統治可能な領土の限界数)を決定する要素には、「当主のStewardship/2」(Ver1.05でIntrigueに変わりました)「Byzantium Bonus +10」「12世紀以降 +1」「14世紀以降+3」「Title (伯 x0.5、Duke x1.0、King x2.0)」があります。
#47 ゲーム起動中にキーボードで「?」を入力すると、Province の位置が検索できます。例えば「kiev」と入れ、enter で検索を実行すると、マップは「kiev」の位置まで移動します。
#48 #47補足:たとえばkingdom of Englandと入れると同様にイングランド王国の首都に移動します。
#49 成人した息子に領土を与えないと、毎月威信が低下します。息子が生まれたら、どこの領土を与えるか考えておきましょう。
#50 Papal Controlerになると、家臣が各地の司祭を継承します。領土は自分の物にならないので、家臣が減るだけ損です。
#42 州の動員兵力は領主の総管理値、補充速度は総軍事値に州の補正を掛け合わせ決定します
#43 農民は軽装歩兵・弓兵、商人は槍兵・弓兵、聖職者は軽騎兵・重装歩兵、貴族は騎士・重装歩兵をそれぞれ供給します。兵科比率は王権法と州の権力比率によって決定します。
#44 軽騎兵(Light Cavalry)は、ほとんどの兵科に対して充分な戦闘力を発揮します
#45 弓兵は、弓(Bow)や弩(Crossbow)を装備することで、重装備の兵科に対して素晴らしい戦闘力を発揮します
#46 重装歩兵(Heavy Infantry)は、弓兵・槍兵・軽装歩兵(Light Infantry)に対して特に有効な攻撃を行います
#47 Light Infantryは、Archerを除くどの兵科に対しても余り有効ではありませんが、維持費に優れています。
#48 統治効率(直轄可能な領土の限界数)を決定する要素には、「当主の陰謀/2」「ビザンツボーナス(+10)」「12世紀以降(+1)」「14世紀以降(+3)」「身分(伯x0.5・Dukex1.0・Kingx2.0)」があります
#49 ゲーム起動中にキーボードで「?」を入力すると、州の位置が検索できます。例えば「kiev」と入れ、Enterで検索すると、「kiev」の位置へ画面が移動します。
#50 たとえばkingdom of Englandと入れると同様にイングランド王国の首都に移動します
#51 教皇後見人になると、家臣が各地の司祭を継承します。領土は自分の物にならないので、家臣が減るだけ損です。
#52 封臣または陪臣の州画面から兵アイコンをクリックすると、十分な忠誠(80%)があれば即座に動員できます。ただし動員令と違って忠誠が目に見えて減ることを覚えておいてください。
#53 コンスタンティノープルと小アジア間は徒歩で渡ることができます


[[戻る>マニュアル]]



トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS