*十代目-Otto 1241-(1255)
#ref(09RheinfeldenLeopold.png,nolink)
15/6/10/8 33歳
**概要

***家系図
#ref(09RheinfeldenFamiFull.png,noimg)

***1241-ドイツ情勢
#ref(09TOPMAP-GERMANY.png,nolink)
&color(blue){新Italy王};&color(gray){Hugo1世};は&color(blue){Anjou大公国};、&color(blue){Friesland大公国};と停戦。
&color(blue){Saxony大公};をおとりつぶしにする。
また各地の反乱勢力と講和し、一時的に平和になるものの
大公らの忠誠を保つことはできない。

***1241-Italy王国情勢
(略

***1241-Swabia大公領
(図略
1172年以来、いい子になって69年、評判は”屑以下”にまで回復。
このAARを読んだ人は暗殺しまくれば余裕じゃね?とかいう作戦をたてないこと

**プレイ開始

***Rheinfelden朝復活
急ぐ気はなかったのだが、忠誠が20程度だったこともあり
あっさり''反逆者・独立イベントが起こる''
流れにしたがおう。

というわけで、''&color(blue){Italy王国};から独立宣言。&color(blue){Italy王国};と戦争状態に''なる。
同時期に他の大公らもどんどん&color(blue){Italy王国};から独立&宣戦布告。
さらに&color(blue){Bavaria大公国};、&color(blue){Denmark王国};も&color(blue){Italy王国};に宣戦布告。
&color(blue){Italy王国};はGERMANY中のほぼ全てを敵に回すことになる。

''1244年、''さしたる戦闘もなく,''&color(blue){Italy王国};から&color(brown){Lombardia};と&color(blue){Burgundy王位};を奪いとる''。
48年の断絶をへて、''&color(red){Rheinfelden朝};&color(blue){Burgundy王国};復活である''。
ずっといい子にしてたんだから&color(brown){Lombardia};ぐらいご褒美くれてもいいよね

さあて、この機に領土を取り戻すことにしよう。
&color(blue){Italy王国};から独立していた旧Swabia公領''&color(blue){Baden};、&color(blue){Furstenberg};を武力併合''
ついに三代目&color(green){Rudolf};の弟&color(green){Anselm};のFurstenberg伯家を追い出すことに成功する。
ざま〜といわざるをえない。

次に評判がさしてよくないので、信仰を上げるため司教領を作ろう。
目についた''&color(brown){Guines};、&color(brown){Rama};、&color(brown){Zagreb};のムスリムを追い出しRama司教領、Zagreb司教領を設置''。
司教領には君主の信仰量によって忠誠ボーナスがつくのもよろしい
忠誠値上下は両方だいたい-2/月。時々献金すれば問題ないだろう。

結果
#ref(091246Burgundy.png,nolink)


***三王時代再び

&color(blue){Italy王国};に政変が起こる。
&color(red){Franken家};の者で、&color(blue){Friesland大公};の属国でありながら
Friesland戦争直前に&color(blue){Italy王国};に鞍替えした伯爵の一人、&color(gray){Ruedgar};がItaly王位を奪いとったのだ。
&color(gray){Hugo1世};は廃位され、''&color(gray){Ruedgar1世};が即位する''
#ref(09Franken.png,nolink)
こうも節操ないと事件の裏ではこいつが暗躍していたのでは?と妄想してしまう。

また''&color(blue){Bavaria大公};&color(gray){Jakob};が&color(blue){Germany王位};を奪う''。
&color(gray){Jakob};は&color(red){Rheinfelden家};の分家の者であるため、''&color(red){Rheinfelden朝};&color(blue){Germany王国};の誕生''となる。
王位を二つも&color(red){Rheinfelden家};が持つことになった

全ての王位を失ったHugo1世はその後も他の勢力から領土をたかられ、
最終的には1伯爵となって病没する。

#br
1246年GERMANY情勢
#ref(091246GERMANY.png,nolink)

勢力図はこうなっている。
勢力圏なら&color(blue){Italy王国};>&color(blue){Germany王国};>&color(blue){Burgundy王国};だが
ほぼ全土が直轄領の&color(blue){Burgundy王国};にたいして、元1伯爵だった&color(blue){Italy王国};。
内実からするとこっちの方が有利だろう。
GERMANYの伯、公国らは臣従したり、独立したりとGERMANYの混沌っぷりに拍車をかけている。

#br
#br
***1246年世界情勢。

ここで広域な地図を見よう。
#ref(091246WORLD.png,nolink)
現時点で世界はこんなかんじになっている。

#br
#br

紹介するのはこれらの国である。
#ref(091246WORLD-M.png,nolink)

まず目につくのが緑の国。
&ref(09Granada.png,nolink);&color(orange){Granada};である。
この国は元イベリア半島にいるイスラム勢力の一つであったが、早期に南部を統一。
そこから、Germany王国から独立していたBohemia王国を侵略するというウルトラGをかまし
Poland、Hungary、Croatia、イタリア半島、シチリアを蹂躙。
とってかえしてイベリア半島のキリスト教国を殲滅。イベリア統一を果たす。
現在は海を渡ってEngland王国、Scotland王国をフルぼっこにしている最強国家。
作者は脳内補完を諦めた。

&ref(09Seljuk.png,nolink);黄色がおなじみ&color(orange){Seljuk};
FRANCEでの領土は小さいものの、イランの方には広大な領土を保っており
大きさでは&color(orange){Granada};にひけを取らない。
下手に戦争すると終末戦争におちいる可能性がある。

&ref(09Hammadid.png,nolink);茶色の国家は&color(orange){Hammadid};。
地中海沿岸からエジプトを根拠地としている。

&ref(09MURAbitids.png,nolink);紫が&color(orange){Murabitids};
いつのまにか西欧に進出していたというダークホースである。

#br
#br
これらムスリム四兄弟が西キリスト教国らにとって悩みの種となっている。

#br
#br

***三王相まみえる

視点をGERMANYへと戻そう。
&color(blue){Burgundy王国};はどことも戦争していないが
(元Bavaria公の)&color(blue){Germany王国};は&color(blue){Italy王国};と戦っている。
さらに&color(orange){Murabitids};とも戦っている。
バカである

#br
&color(blue){Germany王国};が消えると色々問題なので
ここは&color(blue){Italy王国};に宣戦布告し、助けてやることにする。
''1246年、&color(blue){Italy王国};に宣戦布告。''
#ref(091246GERMANY-2.png,nolink)

まず&color(blue){Germany王国};は王領をいくつか占領されているので、それを解放する。
解放したところで転進。Italy王主力軍を撃破。
もうここまでやったらGermany王国が負けはしないだろうと、
''1248年&color(blue){Italy王国};と和平。前に奪われていた&color(brown){Ansbash};を取り戻す。''
#br
が、どうもやりすぎたようで、やたらめったら&color(blue){Germany王国};が拡大。
ていうか&color(blue){Italy王国};の属国が裏切りまくってるのが原因か。

#ref(091248GERMANY.png,nolink)



***国土回復戦争

このキリスト教国の混乱に乗じ&color(orange){Murabitids};はGERMANYへとどんどん進出。

これこそが待ち望んでいた展開。
評判を悪くせずに領土をぶんどれる。
&color(blue){Italy王国};との戦争を早めに終わらせたのは&color(orange){Murabitids};との戦争を計画していたためだったの!
ここでキリスト教国らは(結果的に)協力しあって&color(orange){Murabitids};に立ちむかうことになる
#br
#br
''国土回復戦争の勃発''である。
#ref(091248GERMANY-2.png,nolink)
主力軍を北上させ、GERMANY北方の領土をいただくことにしよう。
まずは主力軍で敵を追い払い、後から&color(green){Otto1世};が進軍して直轄領にする、ブルドーザー作戦でいく。
#br
途中、空気を読まないで&color(blue){上Lorraine大公国};が宣戦布告してくるも
直後に「神の平和」イベントが発生。
ま さ に 神 。
&color(blue){上Lorraine大公};はしぶしぶ引きさがった。
#br
その後は着々と異教徒から領土を解放していき
めぼしいところを全部手に入れたので
Murabitids戦争は開戦から五年後、''1253年に&color(orange){Murabitids};と講和する''ことで
&color(blue){Burgundy王国};は抜けることとなる。(&color(blue){Province大公国};はもうちょっと続ける。)


***1255年、国土回復戦争の結果

#ref(091255GERMANY.png,nolink)

この度の戦争によって&color(orange){Murabitids};はGERMANYの領土の大半を失い、
反対に&color(blue){Burgundy王国};は戦争の途中につまみぐいなどもした結果領土は二倍以上に広がる。
これってチートだね!

同盟国となっていた&color(blue){Province大公国};はFRANCE中部を解放し大きく領土を増やした。
ムスリムの侵略に苦悩していたキリスト教徒らはこの快挙に歓喜し、
吟遊詩人たちもキリスト教戦士の英雄譚歌っていることだろう。

一方&color(blue){Germany王国};はムスリムほっといて&color(blue){Denmark王国};に攻め込み
&color(blue){Denmark王};位を強奪、その領土をかっぱぐ。

うん。おまえはもうね


#br
#br
**[[十代目-Otto 後半 に進む>../十代目-Otto 後半]]
**[[Rheinfelden家伝に戻る>プレイレポ/Rheinfelden家伝]]

トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS