[[プレイレポ/聖ジョージアの騎士団]]

前回のあらすじ

逸材テイムラズは東へ西へ八面六臂の活躍で、トルクメン、カラハン、デルベントを打ち倒し、
カフカース山脈とカスピ海東西にわたる偉大なジョージア王国をつくりあげた。
唯一の懸念、男子に恵まれなかったことも後妻を娶ってからは克服し、
長男ヴァクタング、次男ギオルギ、三男イアコブなどが後継者として誕生した

長男ヴァクタングは寛大で慈悲深く、病気がちな青年だった
テイムラズはこの長男を愛したが、果たして彼がジョージア王国のかじ取りをうまくやってくれるだろうかとも心配していた
ジョージア王ヴァクタングは寛大で慈悲深く、病気がちな青年だった
今は亡き父テイムラズはこの子を愛したが、果たして彼がジョージア王国のかじ取りをうまくやってくれるだろうかとも心配していた

*後退 [#p2a5b464]

神)今回の君主は寛大で慈悲深いか。信仰にプラス修正がはたらくのが良いな

天使)さっそくですが、アブハジア伯爵が反乱をおこしました

神)アブハジア伯爵って誰?

天使)先々代のギオルギ・バグラトゥニを暗殺したと思われる、執念深いもちの私生児ですよ

神)鎮圧しろ。叛意をもってなければ、領地召し上げまではすまい

天使)えー次のニュース。セルジュークが南部国境地帯のタオ伯に進攻しています
 さらに1126年、同じく南部のトラペススに宣戦、
 つづいて1127年にはカスピ海東岸の領土であるウキュポルト、マングイシラクに攻撃を仕掛けてきました

神)セルジュークと戦える実力は、いまのところうちにはない。可哀そうだが国境の伯爵たちは見捨てよう
 まあ、アルメニア文化とかペルシャ文化のプロヴィンスだから、あんまり痛くはないな

&ref(28.jpg,nolink);
 1128年のジョージア王国。
 1128年のジョージア王国。セルジュークやカラハンの攻勢で、領土を減少させている

天使)セルジュークに対抗するため、ビザンツとの関係を強化します
 当主ヴァクタングは皇帝の姪のエウゲニア・フォカスと結婚、
 当主の弟ギオルギも、同じく皇帝の姪のゾエ・フォカスと結婚しました

神)よきにはからえ

*失われた古代ギリシャ医術 [#ra614e7c]

天使)ジョージア王国に、連続して「失われた古代ギリシャ医術」のイベントが発見されています
 廷臣たちの病気が次々に癒されていきます

神)おっ、おっ!

&ref(29.jpg,nolink);
 ヴァクタング、健康になる

神)ハレルヤ!

天使)ハレルヤ!

*1133年、王子エヴスタディ誕生 [#mb5c5d8f]

神)今回はすんなり世継ぎが生まれたね

天使)小見出しの通り、1133年、王子エヴスタディ誕生です

神)おや、ビザンツ帝国の継承順位に名をつらねてるじゃないか

天使)お母さんが皇帝の姪ですからね。皇帝が死ねば、皇位継承とはいかないまでも、クレームくらいはもらえるのではないでしょうか。

神)大事に大事に育てよう。「両親による教育」を選択

天使)あらら

神)なに?

天使)いや、健康や生殖値が下がる可能性があるのに、勇気あるなあと思って

神)将来のビザンツ皇帝だ。これくらいはしてやらないとね

&ref(30.jpg,nolink);
 父上、神様は本当にいるんですか?

神)いるよ。つーかわしが神だ

天使)そういうの、いいですから

神)神さまの話をしてあげよう

天使)あ、なるほど、慈悲深いをゲットしようということですね

神)そう。信仰にボーナスがあるからな。ぼちっとな、・・・よし、ゲット!

天使)続いてこんなイベントが

&ref(31.jpg,nolink);
 いつか父上みたいになれるでしょうか?

神)こいつ、お父さんが好きなんだなあ。可愛いやつよのう

天使)どの選択肢を選びます?

神)真ん中の選択肢。友好的がゲットできる可能性がある

天使)封臣の忠誠度によい影響がありますからね。わかりました

神)あっ

天使)あー、20%の疑り深いを引いてしまいました

神)残念だが、これは仕方がないな

天使)でも、けっこう子育てって楽しいですね

神)そうだな

*年代記 [#pf32d874]

神)なんだ?

&ref(32.jpg,nolink);
 年代記編纂の申し出

天使)イベントテキストの通りですね。編纂すればお金はかかりますが威信は上がります

神)じゃあ編纂しとこうかね

*1139年、アブハジア伯爵の反乱 [#u1ecac05]

天使)アブハジア伯爵が二度目の反乱を起こしました

神)鎮圧して改易しろ

天使)父を暗殺し、ジョージア王の座を虎視眈々とうかがっていた西方の梟雄もこれでおしまいですね
 アブハジア伯爵ゲルゲン・バグラトゥニはドウィン伯のもとに逃れ、のちそこも出奔して最後はキプロス公爵のもとで死にました

神)いいキャラクターだったが、きみの父上がいけないのだよ((私生児をつくった的な意味で。))

&ref(33.jpg,nolink);
 ゲルゲン・バグラトゥニ

神)うわー、複雑なパーソナリティだなあ

天使)でもなんだかわかるような気がします。
 執念深く無慈悲で傲慢、敵対的で利己的で叛意をもっている半面、臆病で賢明でお人よしな部分があるなんて

神)あーめん

天使)あーめん

*苦しみのとき [#f93a4299]

天使)1145年、第一王子を産んだビザンツ帝の姪、エウドア・フォカスが宮廷内の陰謀によって暗殺されました((「殺人事件」のイベント))
 エウドキアは、ヴァクタング王の妻であるだけでなく、その友人で、王を公私両面で支えていたものと思われます
 妻かつ友人だったエウドキアの死はヴァクタングにとってショックだったらしく、彼は「意志薄弱」をもらってしまいます
 一応後妻をもらって後継者の育成にはつとめますが、痛いですね

神)寛大で慈悲深く意志薄弱な王か。草食系ってレベルじゃねーな

天使)カラハンやクマンとの戦争をつうじて領土を増やしたりもしていますが、
 こうした激務は彼には耐えがたいことだったらしく、「ストレス」ももらっています

神)ほうほう

天使)で、1152年、王が42歳のとき「ストレス」が「統合失調症」に発展

神)・・・え?

&ref(34.jpg,nolink);
 頭の中で声が聞こえると?

天使)さらにその年の暮れ、王は発狂して一人息子のエヴスタディを殺害

&ref(35.jpg,nolink);
 みんなが追いかけてくる!

神)げっ! なにやってんだ、こいつ!

天使)あーあーあー

神)「みんなが追いかけてくる!」じゃねーよ!

天使)これはひどい はやくなんとかしないと

&ref(36.jpg,nolink);
 奥様が顧問を離反させようとしています

神)むむ

天使)父の子殺しに対して母が王国の転覆を図って対抗する、といった構図ですか

神)ジョージア王国、もうだめだな

天使)ちなみにダヴィド教区長が嫁さんと結託したようです
 ダヴィド・バグラトゥニは異端審問で殺された「元帥」エレッツの息子です

神)王権と教会の対立にまで発展したのか。・・・すると次にくるのは・・・?

&ref(37.jpg,nolink);
 内乱の危機!

神&天使)げえっ!

神)あわわ、どうしようどうしよう

天使)寛大で慈悲深く、病弱だった主君がストレスから統合失調症にかかって
 息子殺しのきちがい沙汰を演じた挙句、王国を内乱の危機に陥れるとか

神)うわあ、とってもありそうなストーリーで困る

天使)どうします?

神)どうするといっても、鎮圧するしかないだろう

&ref(38.jpg,nolink);
 ヴァクタング王の最期

天使)めでたく戦死しました

神)ハレルヤ!

天使)1152年に統合失調症、その年のうちに息子を殺害、
 1153年に後妻が教区長と結んで謀反、
 内乱のさなか、1155年に王が戦死
 激動の三年間でしたね

神)次の王はだれだね?

天使)王に殺された王太子の息子です
 わずか3歳の幼児です

神)ぐわー


[[プレイレポ/聖ジョージアの騎士団]]


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS