プレイレポ/聖ジョージアの騎士団

神)わたしは神さま

天使)ぼくは天使です

神)で、今回はどういうコンセプトなんだね
 グランドキャンペーンでグルジア王とは

天使)のんのん

神)あん?

天使)グルジア王じゃありません
 キング・オブ・ジョージアと言ってください

神)(いらっ☆)で、今回はどういうコンセプトなんだね
 グランドキャンペーンでジョージア王とは

天使)なんでも、中の人が1066年シナリオのジョージア王の格好よさに惚れたとのことです

神)どういうことだね

天使)次のスクリーンショットをご覧ください

1.jpg

ジョージア王バグラト・バグラトゥニ

神)精力的、正直、公正、慈悲深い、勇敢。・・・すごい名君じゃないか!

天使)嘘くさいほどのパーソナリティです

神)史実ではどんな人なんだい?

天使)googleで調べましたが確かなことはわかりませんでした
 おそらく、このグルジアの地に、じゃなかったこのジョージアの地に
 バグラトゥニ朝でも開いた人物なんじゃないですかね

神)彼の血を引く一族を指導して、ヨーロッパ中世の四百年間を追体験するのか
 なんだかやる気がでてきたのう

天使)そうでしょう、そうでしょう

神)さて、では実際にゲームを起動してみるとしよう

ジョージアの大戦略

2.jpg

1066年のジョージア。

天使)1066年のジョージアです
 紫色が現時点でのジョージア王国の版図
 赤枠がジョージア文化のプロヴィンスです

神)とりあえず最初の目標はジョージア文化のプロヴィンスを全て領有することだな

天使)別のAAR*1では周りが異教徒だらけなので積極的な対外政策をとるのがいいとありますが

神)ふざけたAARだなあ

天使)あんまり人様のページの悪口をいわないでください
 で、どうします? うまくいけばアラビア半島まで進出することも可能だと書いてありますが

神)却下

天使)えっ?

神)拡大プレイは却下。わしは歴史ゲームはヒストリカルにプレイするのがモットーでな
 今回のAARでは特別な理由がないかぎり、ジョージア文化以外にプロヴィンスを領有しない

天使)えー、ちょっと待ってくださいよ

神)なんだね

天使)お言葉ですがね、ジョージア文化のプロヴィンスは両手の指で数えられるほどしかないんですよ
 そんな貧弱な王国で、北のクマン族や南のセルジュークトルコといった外敵から身を守れるんですか?

神)ちっちっち、甘いな天使よ

天使)なんですか

神)もっと大事な外敵を、忘れちゃだめだぞ

天使)あっ、モンゴルもだ!

神)ジョージアはその地理的位置からして、モンゴルと最初にぶつかるキリスト教国家の一つだ
 しかも北のキプチャク・ハン、南のイル・ハンと二つのモンゴル国家双方の進路にある

天使)でええ

神)ぞくぞくしないか? わずか10ほどしかないプロヴィンスの兵力でもって、
 数万、いや十数万のモンゴル騎兵と対峙し、これを撃退する
 そんな偉大なジョージア王国の未来を思い描いて、おい、天使よ、ぞくぞくしないか?

天使)モンゴルに轢かれる王国の未来しか思い描けないんですが
 わずか10ほどのプロヴィンスでどうやってキプチャクとイルハンに立ち向かうんですか?

神)ふふふ、法制画面を開いてみたまえ

天使)はあ

神)ジョージアの法制はどうなっている?

天使)準サリカ長子相続、神授王権、王権至上ですね
 さすがギリシャ正教国家といったところですか

神)この政治体制がポイントだ
 わしは神授王権と王権至上を墨守する
 神授王権はほかのどの体制よりも騎士の兵科が多い。これがミソだ
 さらにプロヴィンスでは騎士の権力を強化し、モンゴル騎兵に対抗できる騎士団の育成につとめる
 モンゴル騎兵は強い。ヨーロッパの兵科で対抗できるのは騎士ぐらいしかいない
 ならばその騎士を数多く揃えるのだ。騎士中心の軍隊でもって、モンゴル騎兵を撃破するのだ

天使)そううまくいくかなあ?

実際にゲームをはじめてみよう

プレイレポ/聖ジョージアの騎士団


*1 リンク先

トップ   一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS