***ラウルの治世 [#scc708d8]
#ref(ラウル2.jpg,nolink)
 ヴァロア公ラウル
家系図(トマス死亡直前)
#ref(fam4.png,noimg)
#ref(vm11261.jpg,nolink)
ラウルの最初の仕事は、父トマスが始めたフランドル公との戦争に片をつけることであった。
兵力に勝るヴァロア公軍はフランドル公領の全てを占領し、ラウルはフランドル公位とその封臣たちへの宗主権を手に入れた。

#ref(騎士の一団.jpg,nolink)
 ニア1.金-100、信仰上昇
  2.信仰・威信低下
宣言から50年以上が経ち、記憶に留めている者がいるかすら怪しい十字軍だが、聖地への遠征に向かう狂信的な騎士たちは未だにいた。
彼らの多くは十字軍戦士である父や祖父を持っており、彼らが果たせなかった夢を自らが果たそうと意気込んでいた。
そんな騎士たちの集団はラウルの元にも立ち寄り、そのたびにラウルは彼らを手厚くもてなした。

フランドル戦争以降のラウルの治世中にはイタリア王国の内乱も鎮まり、
ヴァロア公領においても反乱を起こしたエヴルー伯を鎮圧した以外は特に大きな事件もなかった。
1139年2月、ラウルは城の廊下で何者かによって刺殺された。享年49歳であった。
ラウルには3人の庶子がいたが嫡子はおらず、弟の東フリースラント伯ルイがヴァロア公を継承した。


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS