[[プレイレポ]]

[[プレイレポ/フォーカルキェ伯で見習いプレイ]]

*オレ様 Guifre 1代目 030-1079 [#q22d6dc8]

1066年
Guifre de Provence
36歳独身、さえない男。能力 4-7-6-5

#ref(001_Guifre.png,nolink)

亡き兄の嫁 Adalyda とその娘 Adalysの面倒をみている殊勝な男、なのか?

#ref(002_Bertrand.png,nolink)

主家のProvence公は
従兄弟のBertrand。19歳
娘一人。
なので、第1継承者は私、フォーカルキェ伯Guifre。
(これは、、やることは一つのみだな、、)
封臣はGuifreを含めて4人。

初期行動として領地の制度の確認と修正。
準サリカ長子相続、伝統慣習法、教会バランス制
技術開発は適当に、
税率は忠誠心+0.02程度にセット。

時間を少し進めて、廷臣を募ると
集まったのは2人の女たち。
元帥がいないが、、

#ref(003_courtier.png,nolink)

貧乏領主としては
執事能力の高い嫁を探すことに。
若い娘がいいなぁ。
Helenaに求婚。
嫁に迎える。

#ref(004_wife.png,nolink)


#ref(005_crusade.png,nolink)

いきなりきたっ、十字軍
目的はエルサレム奪還。
だが、そんなの関係ない。(貧乏すぎる、、)

武勲ある貴族参上。

#ref(006_marshal.png,nolink)

元帥ゲット。
Gui。素晴らしい戦術家。

#ref(007_battle.png,nolink)

嫁と決定的な仲たがいをなさったようで
「あんな女は願い下げだ」

世界情勢を見ると、、独英戦争勃発。
いなかの一伯爵にそんなの関係ない。

#ref(008_war.jpg,nolink)

ついに時は満ちた。
従兄弟を殺ろう。
相手の諜報長官の陰謀能力がしょっぱいので
うまく行くはず、、

#ref(009_assassination.png,nolink)

Guifreはプロヴァンス公に。
これで、Guifreの生涯は十分かも、、
残りの人生は好き勝手やらせてもらうぜ。
(オレ様な性格設定が発動しました)

新内閣はこんな感じ、、
家令でもある嫁は敵だ。

#ref(010_courtier.png,nolink)

公爵となったからは、十字軍に参加せねばね。
近場の異教徒を攻めてやろう。

#ref(011_war.png,nolink)

#ref(012_wife.png,nolink)

嫁が破廉恥にも若い廷臣をつばめに。
知ったことか「私にどうしろと?」

マジョルカ攻略。弱いものいじめは楽勝

#ref(013_war.png,nolink)

#ref(014_girl.png,nolink)

可愛い田舎娘に一目ぼれしました。
欲望のおもむくまま「劣情に身をゆだねよう」

015_wife.png,nolink)

横領が横行しております。
Helenaのゴールドが+44
なんて嫁だ、、

#ref(014_girl.png,nolink)

可愛い田舎娘に一目ぼれしました。
本能のまま「劣情に身をゆだねよう」

#ref(016_ills.png,nolink)

病気にかかってしまわれました
不摂生がたたったか、、

#ref(017_wife.png,nolink)

嫁が宮廷で我が君を中傷する噂を広めておいでです
「なんて奴だ」ゆるさんっ。

#ref(018_ills.png,nolink)

風邪が悪化して肺炎になるとは

死亡フラグ、、
余命いくばくか、、
ならば、オレだけでは死なんっ。

#ref(019_wife.png,nolink)

我が国の密偵が嫁の暗殺を企て成功した。

#ref(020_god.png,nolink)

神も満足なされた。
(なんてタイミングの良さっ)
我が生涯に悔い無し。

#ref(021_Guifre.png,nolink)

病のせいで能力が酷いことに。0-2-2-0
もはや死を待つのみか、
適当な人生だった。
しかしやる事はやったつもりだっ。
振り返ってみると、
息子3人に娘2人。
(2人は庶子であるがね)

イスラムから刈り取った島国2つは
能力の低さからか自ら統治できず、、
家臣にあたえた。

#ref(022_dominion.png,nolink)

従兄弟のGerbergeはカステリヤ王の後妻におさまり、
姪のAdalysは不憫にも嫁ぎ先で亡くなる。

若い女には懲りたので
残り少ない余生は
酸いも辛いも噛み分けた女とすごそう。
慈悲深い女Eudokia を娶る。

#ref(023_wife.png,nolink)

#ref(007_battle.png,nolink)

ところで奥方と決定的な仲たがいをなさったようで
Eudokiaお前もか、、「あんな女は願い下げだ」

いや、、もしかしたらGuifre当人に問題が、、

#ref(024_courtier.png,nolink)

密偵頭に愛想つかされ、、

#ref(025_courtier.png,nolink)

また、廷臣に愛想をつかされ、、

#ref(026_courtier.png,nolink)

またまた、廷臣に愛想をつかされ、、
まあお前はいらんがな。

#ref(027_ills.png,nolink)

まじない師が病を治そうと申し出ております。
いや「私はすべてを神にゆだねる覚悟だっ」
我が生涯に一片の悔い無しっ。

密かにクレイム取っといたニースが
都合よくもドイツから独立。
大動員かけるのみっ。

#ref(028_vassal.jpg,nolink)

封臣の3/5に愛想をつかされ、、
だが、数は力なり。

#ref(029_marshal.png,nolink)

って戦の最中に大黒柱の元帥お前もか、、

#ref(030_courtier.png,nolink)

、、新密偵頭おまえもか、、

#ref(001_Guifre.png,nolink)


#ref(031_death.png,nolink)

ニースを併呑した後、ついに、、
Guifreは老衰により大往生を遂げたのであった。
享年49歳。
やりたい様にやった人生だった。


**神様見習い曰く [#m1b5c086]
Guifreのオレ様キャラが病で逝かなければヤバカッタ。
領国が離反で瓦解する寸前に天に召されたのは運の強さか?
Guifreには運というパラメータがあったのか?



トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS