[[パレオロゴス家>プレイレポ/パレオロゴス家]] [[テオドロス3世が語る>プレイレポ/パレオロゴス家/テオドロス3世が語る]]

*コンスタンティノス11世が語る [#w45bf985]

#ref(konstantinos.jpg,nolink)
 コンスタンティノス11世
 イサキオス4世とボズジン・コペルの子

1426年春、僕はヴァシレフスとして民衆の歓呼を受けた。
色々と[[ややこしい経緯>プレイレポ/パレオロゴス家/テオドロス3世が語る]]があったけど、大したことじゃない。
僕は僕の統治をする。

#ref(empire1426.jpg,nolink)
 1426年の帝国

まず、僕は優秀な宰相を必要としている。
なにしろこの帝国にはギリシア人、ブルガール人、スラブ人、
ルーシ人、トルコ人、タタール人の貴族がひしめきあっている。
とくに気をつかうのは以下の二人の大公だ。

#ref(danismend_ofkhopyor.jpg,nolink)
 ニケーアの獅子 ダニシュメンド・コペル
 さかんに子弟を帝都留学させ、皇帝家と深いつながりを維持

ダニシュメンドは父様の親友だったのもあって、
いまのところ僕にはよくしてくれる。
でもコペル家がアナトリアに有する強力な遊牧民戦力と、
宮廷における勢力にはつねに注意しないといけない。
#ref(cabinet1426.jpg,nolink)

#ref(grigorii_rurikovich.jpg,nolink)
 パフラゴニア公グリゴリイ・リューリコヴィチ
 黒海交易の支配者。亡命ルーシ貴族

グリゴリイはほとんど帝都に出てこない。
2つの公位と黒海沿岸の6領を持っているので、
皇帝選挙ではパレオロゴス諸家をおさえて第一継承者になる。
あまり喜べるような話じゃない。

#ref(milka_bassarab.jpg,nolink)
 ミルカ・バサラブ ワラキア公女

そこで僕はセルビア時代に知り合ったミルカを帝都へ呼んだ。
ミルカは相当切れる子だ。
彼女が帝国宰相として着任した直後、
諸侯たちは馴らされた犬のように沈黙した。

#ref(david.jpg,nolink)
 ダヴィド・パレオロゴス 狂えるバルトロメオスの子

ミルカを娶らせるため、総主教府からダヴィドを呼び戻した。
遠縁ながらダヴィドは優秀なパレオロゴスだ。
坊さんの相手をさせておくのはもったいない。

1426年秋、帝国軍は西部アナトリアへ侵攻した。
この地域にはトゥグリル朝から離反した土侯がひしめいている。
僕はあっさり彼らを轢き潰し、
ダヴィド・パレオロゴスをトラケシア専制公に任じた。

#ref(thracesia1426.jpg,nolink)
 トラケシア専制公領成立
 6領保有により再びパレオロゴス家に第一継承権

#ref(davidpp.jpg,nolink)コンスタンティノス、これはいったい?
#ref(konstantinospp.jpg,nolink)次の皇帝は君ってことさ。アナトリアの押えは任せたよ。


**タタール戦役 [#ndf6f428]
1426年の待降節も終わるころ、僕は帝国総動員をかけた。
標的はかのタタール人の帝国、トゥグリル朝。

トゥグリル朝は代替わりに失敗したらしい。
ペルシア、ルーシ、ポーランド、北ドイツでは叛乱が頻発。
かつての超帝国がいまや襤褸布のようだ。
この機に乗じ、東部アナトリアを奪還する。

#ref(front1427.jpg,nolink)
 タタール戦役:1427年5月11日の戦線

ロマニア軍は黒海をわたって南カフカスへ。
トルコ人諸侯連合軍はアナトリアの残敵掃討にあたる。
主力である皇帝軍はアダナ上陸作戦を敢行し、
旧都タブリーズめざして進撃する。

中部アナトリアとカフカス南麓で強固な抵抗に遭遇したが、
5月には戦線はメソポタミア上流域に到達していた。

#ref(ioanna_asen.jpg,nolink)
 皇妃アセン アカイア公女

夏、皇子誕生の知らせがあった。
戦陣にある僕はもう一年近く妃と同衾していないのに。
考えたくない。
これとは別に妃の不貞の報告を2回も受け取っている。
何も考えたくない。

#ref(makeamendments.jpg,nolink)
 皇妃との決定的な対立が起きるも
 帝国年収に匹敵する2500万ドラクマを費やして表面上和解

#ref(front1429.jpg,nolink)
1429年の四旬節。
ついに帝国軍はカスピ海西岸を確保した。
そこで敵から和平の申し入れがあった。

会見は古都タブリーズで行われた。
トゥグリル朝宰相は見るも哀れなやつれようだった。
毎週どこかの宮廷へ和平の申し入れをしているそうだ。
彼らの帝国はもう長くはないんじゃないかと思う。

ともあれ、戦役は終わった。

#ref(konstantinos2.jpg,nolink)
ローマ皇帝であり、セルビア、グルジア、アルメニアの王である
コンスタンティノス・パレオロゴスの前に拝跪せよ。


**勝利の代償 [#s181cb46]
#ref(davidpp.jpg,nolink)アレクシオス・アンティオキテス。御前へ。
#ref(alexios_antiochitespp.jpg,nolink)ここに。
#ref(konstantinospp.jpg,nolink)よく戦った。卿が切り取ったアルメニアは卿のものだ。
#ref(alexios_antiochitespp.jpg,nolink)ありがたき幸せ。
#ref(davidpp.jpg,nolink)ルイ・リュクサンブール。御前へ。

その年の復活大祭、僕は占領地を貴族たちへ分配した。
やったことのある人はわかると思うけど、
パズルのように込み入った作業でほんとに疲れる。
ダヴィドとミルカは根をつめて働いてくれた。

よく戦いながら一片の土地も与えられなかったコペル家と
リューリコヴィチ家の勢力は相対的に縮小した。
すべて順調だった。

#ref(milkadied.jpg,nolink)
1429年7月。
ミルカが死んだ。
身籠っていた体に宰相の激務がこたえたんだ。

ミルカと赤ん坊のために
盛大な葬儀が聖ソフィア聖堂でおこなわれた。
その間ダヴィドは僕に対して無言だった。

僕はずっとうつむいていた。
葬儀が終わると、追われるようにしてブラケルナエ宮殿へ帰った。


**分割統治 [#e3a76b1c]
ミルカの死により広大な帝国を維持できなくなった。
諸侯の数が多すぎる。
帝国を分割して統治する必要がある。

僕は帝国中を回って、これはという人間を探した。
本当に悩んだ。
どういうわけか、パレオロゴス家の男子は
だんだん少なくなってきていたんだ。

#ref(theodoros_serbia.jpg,nolink)
 テオドロス・パレオロゴス イサキオス4世庶子

多くのラテン諸侯と隣接するセルビア王には
腹違いの弟テオドロスを選んだ。
テオドロスは温厚で考え深い人間だ。

#ref(ignatios.jpg,nolink)
 イグナティオス・パレオロゴス
 簒奪者テオドロス庶子シメオンとオズギュル・コペルの子

グルジア王には従兄弟のイグナティオスを選んだ。
彼なら荒っぽい山の民をうまく治めてくれるだろう。


**敵意 [#yd237d09]
1432年。
僕とダヴィドの仲は冷えきっていた。

庶子筋のパレオロゴスに2つも王位を与えたことが
僕らの言い合いの種になってはいた。
でも、それだけじゃないってことは解ってた。

敵意は伝染する。
いつしか帝都周辺の3大公すべてが僕を憎んでいた。

#ref(rivals1432.jpg,nolink)
 1432年、コンスタンティノス帝と敵対する人物
 左:ニケーア公ダニシュメンド・コペル
 中:トラケシア専制公ダヴィド・パレオロゴス
 右:マケドニア公デメトリオス・アンティオキテス

中でもダニシュメンド・コペルは
皇帝に対する叛意を隠そうともしなくなった。
#ref(danismend_ofkhopyor2.jpg,nolink)

どんどん敵が増えていく。
錯綜した人間関係の落とし穴にはまったような、
そんな感覚が僕の中にあった。

#ref(konstantinospp.jpg,nolink)なにか。僕はいそがしい。
#ref(sofia_darmagnacpp.jpg,nolink)コリント伯ニケフォロス・ド=ジョワンヴィル、
#ref(sofia_darmagnacpp.jpg,nolink)およびアルメニアコン公イサキオス・セルブリアスに
#ref(sofia_darmagnacpp.jpg,nolink)叛逆の意志ありという報告が入りました。

2人は僕の友人だったんだ。

ああ。この感じ、覚えがある。
父様からもテオドロス大叔父からも
さんざん話に聞いてきたこの感じ。

僕の帝国に、内乱の危機が訪れようとしている。


&br;
[[コンスタンティノス11世が語る2>プレイレポ/パレオロゴス家/コンスタンティノス11世が語る2]]

[[パレオロゴス家>プレイレポ/パレオロゴス家]]

トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS