[[パレオロゴス家>プレイレポ/パレオロゴス家]] [[ダヴィドが語る>プレイレポ/パレオロゴス家/ダヴィドが語る]]
*アドリアノスが語る [#veb7b9b7]

#ref(adrianos.jpg,nolink)

おはよう、ビュザンティオン!

私はアドリアノス・パレオロゴス。
ローマ人の、そして君たち自身の皇帝だ。
すこし話をしよう。

**困難に打ち勝つことについて [#l2c182d1]
我々は非常に困難な時代を生きている。

#ref(adrianoscontrol.jpg,nolink)
 アドリアノスの悲惨な統治能力

#ref(income.jpg,nolink)
 前々皇妃ヨアンナの放蕩によって帝国財政は崩壊
 ヴェネツィア商人による不動産差し押さえは30数回に及んだ

だがこんなことは、そう長くは続かない。
ローマ市民よ。我々は困難に打ち勝つ。
我々は取り戻す。
秩序、平和、豊かさを、この手で取り戻す。

アドリアノス・パレオロゴスを信頼せよ。
すべてが変わる。いま。ここで。
誓おう。果断な行動を。
帝国は、甦る!

          ''(歓呼)''

&ref(adrianospp.jpg,nolink); 帝国は、また甦る!

          ''(大歓呼)''

**果断な行動について [#de3c4e1f]
おはよう、偉大なるローマの人民よ。
すこし話をしたい。

皇帝の権威を傷つけ、君たちローマ市民の利益を侵害する扇動者が
我々の中にいることを知っていたかね?

#ref(rebelious.jpg,nolink)
 ダヴィドの施政下で諸侯たちは不満をつのらせていた
#ref(zenobios_antiochites.jpg,nolink)
 中心はマケドニア公ゼノビオス・アンティオキテス
 同家はコンスタンティノス11世の治世以降ずっと叛逆的だった

彼らは反キリストだ。
彼らは安心、秩序のかわりに不安と混乱をもたらす。
それが反キリストの喜びだからだ。
帝国のことや君たち人民のことなど、これっぽっちも考えてはいない。

この扇動者たちについて、はっきりさせておこう。
彼らが帝国を必要としないのなら、

&ref(adrianospp.jpg,nolink); ああそうだ、帝国もまた彼らを必要としない!

          ''(大歓呼)''

#ref(assasinationsucceeded.jpg,nolink)
 果断な行動
 このためにアドリアノスの潤沢な個人資産が必要だった

**愛について [#d643ae4d]
まず、霊的な引用を。
皇帝アドリアノス・パレオロゴス自身が、あなたの心に届けよう。

 '''たとえ山を動かすほどの信仰があっても、'''
 '''愛がなければすべてがむなしい'''

&br;
#ref(adrianospp.jpg,nolink)
おはよう親愛なる市民諸君!

#ref(reputation.jpg,nolink)
 即位一週間で悪評は0から4.7に
#ref(drostotumwar.jpg,nolink)
 ドロストトゥムでは新伯が即座に叛乱
#ref(assasin.jpg,nolink)
 暗殺の嵐にさらされる皇帝

皇帝としての私の資質について疑問を呈する声が
ごく一部であがっていることは、私も承知している。
しかし善良なる市民よ。
聞かせてほしい。
皇帝に求められる最も重要な資質とは何だろうか?

&br;
——そうだ。そうなのだ、ビュザンティオンよ。

''愛だ。''

愛とは与えあうこと。分かちあうこと。
それができる者だけを皇帝と呼びたまえ。

#ref(empire144206.jpg,nolink)
 1442年6月の帝国 直轄地分与による評判改善
 同時にアドリアノスの領地を統治上限の6州に調整
 /
 エピロス女公:皇妃シモニス・ルベニド
 サモス専制公:アドリアノス長男ゼノビオス
 トラケシア専制公:ダヴィド長男ゼノ
 ドロストトゥム伯:コンスタンティノス長男アレクシオス
 アナトリア公:トゥグリル朝遺臣ベフルーズ・アマセイアノス
 アゼルバイジャン公:カラ・コペル長男ビュレンド

率直に言おう。
皇帝という職務はとても忙しく、
時として5つ、6つの州しか巡回できないこともある。
そこで私はこの者たちに余分の土地を与え、
彼らは私に信頼を与える。

与えあうこと。すなわち、愛だ。

&ref(adrianospp.jpg,nolink); ローマ市民よ。私の言葉を覚えていてほしい。
&ref(adrianospp.jpg,nolink); 愛はすべてを解決する。

          ''(大歓呼)''

#ref(reputation2.jpg,nolink)
 1442年6月、アドリアノスの評価急回復

**家族のすばらしさについて [#dcade0ac]
おはよう、美しきビュザンティオン!
家族について話をしたい。

家族は素敵だ。家族はすばらしい。
パレオロゴスの家中には争いなどない。
そうだ。初めからなかったのだよ。
扇動者の流言を信じる必要はない。

#ref(romandeath.jpg,nolink)
 暗殺の応酬に巻き込まれたロマン・バサラブ

ローマ市民よ。
ロマン・バサラブ将軍の死は帝国にとっても、
そして私にとっても大きな損失だった。

#ref(theophano.jpg,nolink)
 やさしの君 テオファノ・パレオロギナ
 テオドロス3世とトゥラ・コペルの娘でロマン・バサラブ妻

夫を失った我が妹は毎日嘆き悲しんだ。
私は決意した。
テオファノを幸せにできる若者を見つけよう。
そうだ。すぐ近くにいるではないか。
すばらしい若者が。

#ref(alexios.jpg,nolink)
 ドロストトゥム伯アレクシオス・パレオロゴス
 諸侯の支持あついコンスタンティノス11世長子
 将来のブルガリア=セルビア王ながら、伯位しか与えられなかった

私がアレクシオスを冷遇していると言う人々がいる。
とんでもない。
我々の間には何のいさかいも、気づまりも、遠慮もない。
むしろ信頼で満ちている。
さもなくば、こんなことが起きるだろうか?

#ref(alexiostheophano.jpg,nolink)
 なんとアレクシオスのほうからテオファノを望んできた

&ref(adrianospp.jpg,nolink); おめでとう若者たちよ。
&ref(adrianospp.jpg,nolink); これがパレオロゴスの、そして家族の力だ!

          ''(大歓呼)''

**さらに、家族のすばらしさについて [#t6b46a1e]
皇帝アドリアノスから、美しき帝都に挨拶を送る。
今日はさらに喜ばしい知らせがある。

#ref(gunes_ofkhopyor.jpg,nolink)
帝国の名門コペル家のギュネス姫だ。
勇猛なるカラ・コペル将軍の娘御で、
アゼルバイジャン公ビュレンド・コペルの姉上にあたる。
心やさしき、聡明な姫君だ。

ビュザンティオンよ。いま、明らかにしよう。

わが子マヌエルをテサロニケ専制公とし、
ギュネス・コペルを娶ることを許す!

#ref(manuel.jpg,nolink)
 テサロニケ専制公マヌエル・パレオロゴス
 帝都での学業を終えるとすぐに領地を与えられた

#ref(gunesfriend.jpg,nolink)
ギュネスはアレクシオス妃テオファノの良き友人だ。
だからマヌエルとアレクシオスも良い友人になると確信している。

&ref(adrianospp.jpg,nolink); 再び、おめでとう若者たちよ。
&ref(adrianospp.jpg,nolink); 祝杯だ。歌おう。家族はすばらしい!

          ''(大歓呼)''

**正義、それから未来について [#nc29d35a]
やあ親愛なるローマの人民よ!
すこし話をしよう。

#ref(kyril_dejoinville.jpg,nolink)
 エジプトで謀殺されたニケフォロスの子キリル

コリントのド=ジョワンヴィル家がまた騒ぎを起こしたことは
すでに聞き及んでいると思う。
彼らはテオドロス・パレオロゴスからモレアス専制公位を奪い、
まるでそれが正統な権利であるかのように振る舞おうとした。

もちろんそんなことは許されない。
そうだ。ローマ市民よ。正義がおこなわれるべきだ。

#ref(korinth14430814.jpg,nolink)
 1443年8月14日、コリント制圧

私は正義をおこなった。
ド=ジョワンヴィルの旧領アテネとコリントをマヌエルに与え、
モレアス専制公位をあわせて任じた。
これによりマヌエルの領地は6州を数え、わが第一継承者となった。

#ref(adrianossuccessors.jpg,nolink)
 アドリアノスは少ない直轄地数に縛られながらも
 息子マヌエルを次期皇帝に指名することに成功した

こういう事を言う人がいる。
アドリアノスはアレクシオスを皇帝の座から遠ざけ、
自分の子供を皇帝にするため暗躍したのだ、と。
そう固く信じ込んでいる人々がいる。
間違いだ。
実に、愚かしい間違いだ。

私は確かにマヌエルに多くの領地を任せた。
だがそれはロマニアの安定を何より重視したからにすぎない。
マヌエルが帝位第一継承者となったのは、単なる結果だ。

#ref(empire144308.jpg,nolink)
 1443年8月の帝国 マヌエルは帝国を相続し、
 アレクシオスはセルビアとブルガリアを相続する

想像してほしい。

ドナウの岸辺をアレクシオスが守り、
東方の山々をマヌエルが守る未来を。
二人のパレオロゴスがともに肩を支え合う、未来の帝国を。

&ref(adrianospp.jpg,nolink); それは本当の意味での、家だ。

          ''(大歓呼)''

**お別れ [#r72a813b]
親愛なるビュザンティオンよ、そろそろお別れだ。

まだ帝国の復興は終わっていない。
やるべき仕事が大量にある。
私はローマ皇帝として、すべての人が
ふさわしいものを得るまで決して手を休めない。

ではまた会おう。
皇帝アドリアノス・パレオロゴスから、さようなら。

&br;
#ref(adrianos2.jpg,nolink)
 1444年12月 アドリアノス・パレオロゴス死亡

#ref(manuelinherit.jpg,nolink)
 選挙法継承によりテサロニケ専制公マヌエルが即位

&br;
[[マヌエル2世が語る>プレイレポ/パレオロゴス家/マヌエル2世が語る]]

[[パレオロゴス家>プレイレポ/パレオロゴス家]]


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS