プレイレポ/スクショで見る十字軍物語

※これはCK2のAARです。

はしがき

ラテン帝国。

1204年、フランス王国とヴェネツィア共和国を主体とした第四回十字軍は、
東地中海で戦略目標をコンスタンチノーポリの陥落に変更、これを占領した。
ここにラテン帝国が誕生した。

ボードワン1世

ラテン帝国初代皇帝ボードワン1世。
はじめフランスのフランドル公。第四回十字軍に従軍、ラテン皇帝に推戴される。
史実では彼のラテン帝国はニケーア帝国、トレビゾント帝国、エピロス公国、ブルガリア王国に包囲され、
彼自身敗戦のすえブルガリア王国に捕虜にされ、客死する。

ゲームでもそうした建国直後の四面楚歌の情勢が忠実に再現されている。
・自分はカトリック。周りはみんなオーソドックス。
・領民もオーソドックス。そのため動員兵力や税収が極端に低い。
・同盟国である神聖ローマ帝国やフランドル公やヴェネツィア共和国ははるか海のかなた。
・しかも直轄領がわずか2プロヴィンス。さらに開始直後にニケーア帝国が攻めてきて、1プロヴィンスに転落する。

なんとも悲しいラテン帝国である。

皇帝ボードワン1世は「Gray Eminence」。直訳すると「円熟した君主」。外交に+9のボーナスがつくなかなかの逸材だ。
ただし他の特質は「貪欲」「吝嗇」「狂信」となかなかに香ばしい。

開始直後にニケーア帝国*1が攻めてくるが、まったく勝負にならないのでさっさと降伏する。
というのも、ラテン帝国は支配するプロヴィンスが異文化異宗教のため、動員兵力がくそ低いのだ。しかも、税収も低いので傭兵も雇えない。
そういうわけで、その後二十年間は領内の異端審問に勤しむことになった。
反乱する正教徒たち。破壊される正教会。投獄される異端貴族。

おかげでボードワン1世は「Cruel」*2という称号をいただいてしまった。

しかしそうした異端審問の甲斐あって、領地の半分以上がカトリックに改宗。
おかげで動員兵力も税収も右肩上がり。
他方、小アジアのニケーア帝国は隣国のイスラム教徒たち*3と戦争を繰り返し、疲弊している。
いまだ! 積年の恨みを晴らすとき!
傭兵と騎士団を含め2万4000の動員でダーダネルス海峡を越える。
アンチラのたたかいで8000のニケーア軍主力を粉砕し、勝利を決定づける。
1230年、1233年と二度にわたり勝利し、旧領奪回と小アジアの橋頭保の確保に成功した。

1243年、ボードワン残酷帝、崩御。

イボンヌ1世

ボードワン1世には嫡男がいなかった。

したがって継承者はずっと彼の娘であるフランドル女公だったのだが、
彼女はフランス王国に反乱をおこして敗北、幽閉され、獄死していた。
そんなわけでボードワン1世の継承権は彼の孫、イボンヌにうつった。

イボンヌはアンジュー公爵ラオウルの公紀だった。
ラテン女帝に即位したときは子供がおらず、継承者は身内だったのだが、もしも子供ができるとラテン帝国の帝冠はアンジュー家のものになってしまう。
それだけは避けなければ、とプレイヤーは思った。

しかしプレイヤーの願いもむなしく、二年後、イボンヌ1世は皇女アリックスを出産した。
ラテン帝国の貴族たちはこのアリックスが継承者になることだけは阻止したいと、暗殺者をおくって生まれたばかりのこの赤ん坊を殺してしまった。

すると、イボンヌ1世の夫であるアンジュー公ラオウル*4は烈火のごとく怒りだし、イボンヌに暗殺者を差し向けてきた。
イボンヌの暗殺は失敗したが、イボンヌはまた妊娠した。
このままイボンヌが嫡子を出産すれば、また継承権がアンジュー公のものになってしまう。
プレイヤーは思った。「だめだこいつ・・・はやくなんとかしないと・・・」。

ということでラテン帝国の貴族たちは、今度は夫ラオウルに暗殺者を差し向けた。
暗殺は失敗した。
ラオウルは報復に暗殺者を帝国におくりこんだ。

イボンヌ1世は死んだ。

バボ1世

ラテン帝国には男子がすくなかった。

調べてみると、わずか二人しかいなかった。

兄バボと弟アントン。

二人が死ねば御家断絶してしまう。

しかし、彼らには子供こそないものの、まだ18歳と16歳と若かったため、プレイヤーは安心した。

だが彼らのポートレートを見て戦慄がはしった。

2 人 と も ホ モ

ラテン帝国はホモのために滅ぶことになるだろう。

追伸:1.03パッチがでたのでラテン帝国AARはこれで終わりです。


*1 ゲーム内ではビザンツ帝国になっている。
*2 訳すと「残酷王」。
*3 RUMのこと。
*4 または共同皇帝ラオウル1世

トップ   一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS