[[プレイレポ/カフカスに福音を(マヌィチ伯 マニク家)]]

[[マニク家の戦争>#partI]]
[[異教徒たち>#partII]]

&aname(partI){''マニク家の戦争''};

かつては大国が気まぐれを起こせば即滅亡、というほどの弱小勢力であった
マニク家の統治者たちは、戦争という一大事に際し、非常に単純な原則に従って行動した。
それは「勝てない戦いは挑まない」という、何とも意気の上がらない原則である。

生涯を信仰の戦いに捧げた感のある聖アスクカダルでさえ、
モンゴルとの開戦においてはぎりぎりまで静観の姿勢を崩さず、
現状では勝てないノヴゴロドに宣戦されれば支配権を引き渡して和を結ぶ、という徹底ぶりである。
他の当主たちも似たり寄ったりで、
年代記の制作者たちもさぞ困った事だろう。

マニク家の歴史を紐解いてゆくと、大国から離反した小勢力をすかさず叩きのめすという記述が
あちこちで見られ、いささかうんざりする程であるが、
これはこれで彼らには合ったやり方であったのかも知れない。

この戦略のおかげかどうか、マニク家の勢力拡大は同時代の他国に比べても
遙かにゆっくりとしたものであり、後に来る衰退もまた緩やかに進行したのであった。

この時代に編まれた史料の一つに、クロアチアと他国との勢力比較がある。
「もしクロアチアが今、宣戦を受けたら」という前提で国力と兵力を列記したものであり、
王プラドの命により記されたものであるという。
何事にも慎重であったプラドの性格を反映して、やたらと細かい数字が並ぶ味気ないものだが、
およその数字を拾うと次の様になる。

国名、 動員可能兵力、直轄領、封臣
ズィール、  3000、2州、2国
ムラービト、22000、7州、20以上
エジプト、  6000、10州、12国
セルジューク、5000、8州、6国
カラハン、 10000、3州、16国
ベニ・ヒラル、10000、6州、21国
クマン、  15000、5州、24国

そして、
クロアチア、26000、10州、15国

当時の大国がいかに大義をかざした戦争で消耗していたかを、この数字は示している。
プラドも安心して、これまでのマニク家の戦略を自らのものとした事だろう。
#br

** 9代 プラド (1260-1297) [#gd40a714]

#ref(hinkonF7.jpg,left,nolink)
&size(10){マニク家系図。聖アスクカダルからプラドの息子たちまで};

1260年にプラドがアスクカダルの後継として王になった当時、
長兄ボズウルズは相続により、ヘルソン侯の封臣としてニケーアの地を治めていた。
ヘルソン侯はクリミアの地の独立勢力で、どの王にも属していなかったが、
王である自分の兄が他国の封臣という状態に、プラドは複雑な思いを抱いた事だろう。

しかしその2年後、グリアを治めていた次兄ゴカルが死亡したのである。
マニク家の相続法は王位にのみ及ぶ法であったため、
ゴカルの後は通例に習い、ボズウルズが継いだのであった。

カヘティと並ぶカフカスの要衝であったグリアが他国領になることは、
この地の支配者たるプラドには捨ててはおけない問題であった。
しかも全ての承継は、合法的になされている。
相手が家族という事もあり、プラドは兵を挙げるかどうかで相当に悩んだらしい。
父アスクカダルと同じく、十字軍戦士として聖戦の遂行を誓ったのも、
その心の表れであろうか。

#ref(hinkonF1.jpg,left,nolink)
&size(10){1260年代のクロアチア領(青)。ニケーア伯がグリア(白)を領有した};


今回の問題は幸いにも、子の無かったボズウルズが8年後に病死し、
全ての権利をプラドが相続することで解決したが、
王のあずかり知らぬ所で領有権が移動するという現象は、
この後もクロアチアを静かに動揺させる事になるのである。

後継確立の必要性を感じたのか、この時期、プラドは息子たちの処遇を決めている。
長子サロスをトラペズス伯、兼ハザール公に。
次男アスクカダルは元帥に。
三男タウスをカルデア伯に。
即位から10年足らずで、プラドは実にはっきりと継承順位を明らかにしたのであった。

1272年 兄から相続したニケーアで、カトリックへの改宗に成功。

1273年 キプチャク・ハン族滅亡。
一時期はルーシ平原の覇権を握るかに思われたキプチャク・ハン族も、
ノヴゴロドに叩かれ、クロアチアに領土をかすめ取られて、
来襲から40年足らずであえなく滅んだのであった。

北のモンゴル勢は一掃された。しかし南では、事態は全く異なる展開を見せていたのであった。

[[プレイレポ/カフカスに福音を(マヌィチ伯 マニク家)]]

&aname(partII){''異教徒たち''};

''イルハン族、地中海に到達''

#ref(hinkonF2b.jpg,left,nolink)

#br

#ref(hinkonF3.jpg,left,nolink)
&size(10){イルハン族(青色、白の囲み)の最大領域。ペルシア、メソポタミアを併呑し地中海にまで到達した};

カフカスからは遠くペルシアの地より侵入したイルハン族は、
イスラム勢力の分立状態もあり、1つの勢力を潰しては次の勢力に宣戦、をくり返した末、
この世紀の後半にはペルシアからメソポタミアを領有する大勢力に膨れあがっていた。
1270年代には、バグダッドへの入城を果たしている。

その後も進撃は止まらず、
ついに1272年、地中海の東岸に到達したのであった。

#ref(hinkonF5.jpg,left,nolink)
&size(10){プラド治世の小アジア北部。イルハン族(青)がクロアチア領と接する};


イルハン族はムラービト、セルジューク、エジプトらイスラムの主要勢力との交戦中であり、
クロアチアに直接の被害は無かったものの、
プラドには南のモンゴル勢に対する備えを怠ることは許されなかったのである。

''クマン再興''

北のモンゴル勢たるキプチャク・ハン族に完膚無きまでの敗北を喫し、
命からがらバルト海岸にまで逃げ延びたクマン王であったが、
わずか30年あまりの間に、この地での再興に成功したのであった。

#ref(hinkonF4.jpg,left,nolink)
&size(10){クマン族(緑色、白の囲み)の再興。バルト海岸の異教勢力をまとめ上げ、この地の一大勢力として返り咲いた};

これは、クマン王による征服活動によるのではなく、
キリスト教勢に押される一方であった異教勢力が、
逃げ延びてきたクマン王に次々と臣従したのが実際の所の様である。
異教徒たちにとっても、王であるということは大きな意味を持っていたらしい。

北欧のキリスト教勢との争いはこの後も続くが、
クマン族は実にしぶとく、中世を生き延びるのである。

''パフラゴニア''

占領地を維持することは、占領そのものよりも遙かに難しい。
世界史ではイヤと言うほど統治者たちを悩ませてきたこの問題を、
プラドもまた味わうことになった。

ルーシ平原ではノヴゴロドがキプチャク・ハン族を滅ぼした1273年、
プラドはムラービトのスルタンより離反したパフラゴニアの首長に宣戦した。

#ref(hinkonF8.jpg,left,nolink)
&size(10){パフラゴニア周辺図。小アジアの北岸は未だ諸勢力がひしめき合っている};

当時の小アジアは、西部をノヴゴロド王が押さえ、カフカスから連なる北東部をクロアチアが、
内陸部にはセルジューク勢に伴って移り住んできたイスラム勢が占めるという情勢下にあった。

地図上で見れば、パフラゴニアはプラドの治世に手に入れたニケーアに隣接し、
黒海沿岸を押さえるという、この時期から明らかになりつつあったクロアチアの戦略の
「後背地」となりうる場所であった。

何かにつけて父アスクカダルと比較されたに違いないプラドである。
北の平原に勢力を拡大した父に対し、南への拡張を狙っていたのかも知れない。

だがプラドは、パフラゴニアも、その近辺も自分の目で見たことは無かった。
もしこの地を一度でも訪れていたら、険しい山々が連なり、谷で隔てられたこの地に
軍を進めることの難しさを実感していただろう。

いずれにせよ、プラドは次男のアスクカダルを元帥に命じ、
アスクカダルに率いられたクロアチア軍はグリアの港から黒海を渡り、
小アジアの地に向かったのである。
それは、出発時には想像もできない、長い長い戦いの始まりでもあった。

イスラム勢の支配下にあるアミソスを避け、西からパフラゴニアに向かったアスクカダルは、
パフラゴニア首長の軍勢を簡単に破り、また包囲戦にも勝利して、
この地の支配権を得たのである。
新たに領地を加えたとの知らせが、アラニアの都に向けて発つ。
しかしその直後、パフラゴニア全土で反乱が火の手を上げたのであった。

1276年、住民の反乱が勃発。駐屯していたアスクカダル軍がこれを鎮圧。
だがアスクカダルが軍をニケーアに返すや、再び反乱。軍による鎮圧。
まるでいたちごっこの様にくり返される反乱は、この年だけで4回に及んだ。

年が変わって1277年、再びの反乱に向かったアスクカダルは、
乱戦の中で重傷を負ってしまう。
戦い自体には勝利したものの、遠征軍には暗い空気が漂い始めていた。

翌1278年、前年に負った戦傷が元で、アスクカダルは死んだ。34歳の若さであった。

指揮官を失った軍勢は、著しく士気が低下していたのである。
1279年には、何度目かになるパフラゴニア反乱軍に差し向けられた1600の駐屯軍が
わずか200人の反乱兵に敗北を喫するという不名誉まで重なる。
プラドは差し向けた遠征軍を撤収させ、新たな軍を編成しなければならなかった。

1282年 パフラゴニアの改宗にも失敗
この地に住む人々は、セルジューク=トルコの侵攻とともにやって来て、
元々住んでいたビザンツの正教徒を追い出して定着した人々である。
自分たちがイスラムの最前線にいると自負しても、不思議ではなかった。
そして険しい地形は、そこに住む人々を閉鎖的にしやすい。
プラドがこの地を支配する困難を理解するのに、息子一人が犠牲になったのであった。

この年は、パフラゴニアでの反乱が再燃することにもなった。
ニケーアに派遣した軍を差し向けること、3回。
派遣軍は反乱軍に2度目の敗北を喫し、命からがらニケーアに逃げ戻るという有様であった。

プラドはようやくにして、パフラゴニアを直接支配する困難を悟った様である。
1283年に、アスクカダルの後任の元帥に伯位を与え、この地に派遣している。
しかし、この時点では、問題の解決には至らなかった。

1284年 ルーシ平原南部の下ヴォルガ伯がノヴゴロド王より離反。
プラドは腹いせとばかりに北部諸州の兵を集め、この地を占領した。
ヴォルガ、ドンの大河に挟まれる平原は、軍勢の移動も速やかに行える。
地図の上での戦略と実際が異なることを、プラドも学んだであろうか。

軍が出払っていたこの時が好機と思ったか、同年クマ伯が離反。王国は内乱の危機に突入した。
翌1285年には、カルデア伯が独立、
一方で封臣のクリミア伯とカソグス伯が、独立勢力であったヘルソン侯に宣戦
さらに黒海西岸の地では、トゥルヌ伯が独立
占領したばかりの下ヴォルガでは改宗に失敗、
追い打ちをかけるように、パフラゴニアでも反乱。

王位を揺るがすような大敵は一人もいなかったが、
プラドには席を温める暇も許されないかの様だった。
無言で独立した勢力は当面の間放置する一方、反乱軍を一つ一つ潰しながらこの年は過ぎる。
困難な状況のまますぎるかと思われていたこの年の終わり、一つの知らせが王宮に届いた。

それは、父アスクカダルが法王から聖者として列せられたという知らせであった。

もちろん法王は、プラドの苦境など知ったことでは無い。
ただプラドがヴァチカンに積んだ黄金が、たまたまこの時期に実を結んだという事だ。
父の列聖のためにはあらゆる手段を惜しまなかったと評されるプラドである。
この知らせには、誰よりも安堵し喜んだに違いない。

こうして、波乱続きの1285年は終わった。

[[プレイレポ/カフカスに福音を(マヌィチ伯 マニク家)]]


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS