[[プレイレポ/カフカスに福音を(マヌィチ伯 マニク家)]]

[[マニク家の戦争>#partI]]

&aname(partI){''マニク家の戦争''};

かつては大国が気まぐれを起こせば即滅亡、というほどの弱小勢力であった
マニク家の統治者たちは、戦争という一大事に際し、非常に単純な原則に従って行動した。
それは「勝てない戦いは挑まない」という、何とも意気の上がらない原則である。

生涯を信仰の戦いに捧げた感のある聖アスクカダルでさえ、
モンゴルとの開戦においてはぎりぎりまで静観の姿勢を崩さず、
現状では勝てないノヴゴロドに宣戦されれば支配権を引き渡して和を結ぶ、という徹底ぶりである。
他の当主たちも似たり寄ったりで、
年代記の制作者たちもさぞ困った事だろう。

マニク家の歴史を紐解いてゆくと、大国から離反した小勢力をすかさず叩きのめすという記述が
あちこちで見られ、いささかうんざりする程であるが、
これはこれで彼らには合ったやり方であったのかも知れない。

この戦略のおかげかどうか、マニク家の勢力拡大は同時代の他国に比べても
遙かにゆっくりとしたものであり、後に来る衰退もまた緩やかに進行したのであった。

この時代に編まれた史料の一つに、クロアチアと他国との勢力比較がある。
「もしクロアチアが今、宣戦を受けたら」という前提で国力と兵力を列記したものであり、
王プラドの命により記されたものであるという。
何事にも慎重であったプラドの性格を反映して、やたらと細かい数字が並ぶ味気ないものだが、
およその数字を拾うと次の様になる。

国名、 動員可能兵力、直轄領、封臣
ズィール、  3000、2州、2国
ムラービト、22000、7州、20以上
エジプト、  6000、10州、12国
セルジューク、5000、8州、6国
カラハン、 10000、3州、16国
ベニ・ヒラル、10000、6州、21国
クマン、  15000、5州、24国

そして、
クロアチア、26000、10州、15国

当時の大国がいかに大義をかざした戦争で消耗していたかを、この数字は示している。
プラドも安心して、これまでのマニク家の戦略を自らのものとした事だろう。
#br

** 9代 プラド (1260-1297) [#gd40a714]

#ref(hinkonF7.jpg,left,nolink)
&size(10){マニク家系図。聖アスクカダルからプラドの息子たちまで};

1260年にプラドがアスクカダルの後継として王になった当時、
長兄ボズウルズは相続により、ヘルソン侯の封臣としてニケーアの地を治めていた。
ヘルソン侯はクリミアの地の独立勢力で、どの王にも属していなかったが、
王である自分の兄が他国の封臣という状態に、プラドは複雑な思いを抱いた事だろう。

しかしその2年後、グリアを治めていた次兄ゴカルが死亡したのである。
マニク家の相続法は王位にのみ及ぶ法であったため、
ゴカルの後は通例に習い、ボズウルズが継いだのであった。

カヘティと並ぶカフカスの要衝であったグリアが他国領になることは、
この地の支配者たるプラドには捨ててはおけない問題であった。
しかも全ての承継は、合法的になされている。
相手が家族という事もあり、プラドは兵を挙げるかどうかで相当に悩んだらしい。
父アスクカダルと同じく、十字軍戦士として聖戦の遂行を誓ったのも、
その心の表れであろうか。

#ref(hinkonF1.jpg,left,nolink)
&size(10){1260年代のクロアチア領(青)。ニケーア伯がグリア(白)を領有した};


今回の問題は幸いにも、子の無かったボズウルズが8年後に病死し、
全ての権利をプラドが相続することで解決したが、
王のあずかり知らぬ所で領有権が移動するという現象は、
この後もクロアチアを静かに動揺させる事になるのである。

後継確立の必要性を感じたのか、この時期、プラドは息子たちの処遇を決めている。
長子サロスをトラペズス伯、兼ハザール公に。
次男アスクカダルは元帥に。
三男タウスをカルデア伯に。
即位から10年足らずで、プラドは実にはっきりと継承順位を明らかにしたのであった。

1272年 兄から相続したニケーアで、カトリックへの改宗に成功。

1273年 キプチャク・ハン族滅亡。
一時期はルーシ平原の覇権を握るかに思われたキプチャク・ハン族も、
ノヴゴロドに叩かれ、クロアチアに領土をかすめ取られて、
来襲から40年足らずであえなく滅んだのであった。

北のモンゴル勢は一掃された。しかし南では、事態は全く異なる展開を見せていたのであった。

[[プレイレポ/カフカスに福音を(マヌィチ伯 マニク家)]]

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS