*イングランド王国史−あるプレイヤーの日記

**はじめに
CKのシステムに惚れ込んだある新米プレイヤーがつづる3回目のプレイのイングランド王国史です。とくに時間の許す限り終わりまで行こうと思います。すみませんEU最後まで通してプレイできません。あとつまんねーって声たくさんでたら遁走することにします。すんません。

プレイ条件は以下の通り
-Scenario - Hastings(1066)
-Difficulty - Easy
-Aggressiveness - Normal

**イングランド王ノルマンディー候ウィリアムの治世
1066年エセックスでウィリアムは今後の方針を発表した。大まかなものとしては自国内の直轄地の改編とウェールズ方面への侵攻である。
だがイングランドの土地は痩せておりノルマンディーという橋頭堡から息子に虎視眈々と肥沃なフランスの国土を狙わせることにした。
とりあえずBBRの減少期間に内政をすることにしてケント候をあらぬ罪で攻撃。属領ごと撃破しこれを直轄とした。その一方で特に痩せたコーンウェルの方面には次男を封じコーンウェル侯とした。
味方攻撃はBBRの上昇だけでなく相性的な忠誠心の現象も引き起こす。ノーフォーク候を攻撃すると属領の叛逆が止められなくなるだろう、という臣下の言をいれたウィリアムは減少した本領の兵力を回復する意味も込めて内政に励むことにした。

1080年になるとノーフォーク候から富める(といっても彼女が譲り渡す程度の差だが)州を召し上げ、その開発も終了。ついにウェールズへの侵攻を決定した。コーンウェル候などの称号新設による威信値で文句を付け続けざまに侵攻。85年までにウェールズ一帯を傘下に治めイングランド王であるノルマンディー候ウィリアムはウェールズ王を同時に兼ねる事となった。

この年、3男をヨーク候にし、彼を大将として北方の軍をもってスコットランドに侵攻。翌年にはスコットランド王の所領が消滅しブリテン島北部は戦乱の時代へと発展した。だが収入の低さに驚いたウィリアムはその騒乱にそれ以上関与せずに南方をにらみながらBBRの回復に努めた。

1093年。この年、十字軍の発動が諸侯に伝えられた。だがイングランドから遠く聖地に軍を送るのは不可能であり、ウィリアムはこれを黙殺しようと腹を決めていた。

1094年、事態が急変する。フランス王家がイベリア半島のイスラームと開戦したのだ。同盟国であるフランスを助けるか否か。御前会議は紛糾し返事が遅れる中ウィリアムの書間の封と送り先の署名のミス[プレイヤーのクリックミス]でフランス国内内戦に参加してしまったのだ。−−フランス王家の敵として。

千載一遇。いや、怪我の功名か。兎にも角にもイルデフランスはがら空きなのだ。同盟破棄があったはずだがそれによるBBRの上昇も少ない。ノルマンディー候に総動員令を出し、本領軍をつれてウィリアムは20年ぶりに大陸の地を踏んだ。

首都へ!
フランス王家の旗が置かれた都へ!

戦王ウィリアムの率いた5400のイングランド軍は南方に進出したフランス軍が戻ってくる前に陥落させてしまった。−−まぁそんなことは不可能なのだが。南方戦線は膠着していたのだから。

残る直轄地であるオルレアンをも落としイルデフランスの割譲でフランスとの和平が結ばれた。ここを直轄とすることによって当時進んでいたフランスの開発が終わった州からの収入により王家は潤った。

ウィリアムは自分の限界を感じていた。もともと自分の治世力は高くない。さらに病気によって能力の補正は厳しくなり、愚かだが有能なNO.2は自分を補佐官にしろと言って来る。だが心躍る戦場は遠くに行ってしまった。もはや高くなりすぎたBBRによって離反にいたったブリテン島の地方伯を放置しなくては皆の忠誠をプラスに保てなくなっていたのだ。

1100年になると教会からクルサイダーの称号を戴いたものの当然外征もできず、教会の期待にこたえることができないまま信仰心を失っていった。
1112年、8月の暑い日の朝、イングランド王ウィリアム、死去。85才であった。そしてこれは開戦したまま放置されていたブリテン島10年のにらみ合いの内戦の終結を告げていた・・・。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS