フランケン朝の中興/Gerard1

#ref(): File not found: "leopord1_01.jpg" at page "フランケン朝の中興/Leopold1"

【レオポルド1世(1088~) ドイツ・イタリア・ブルグント・シシリア・フランス・レオン・カステーニャ王】


即位

二代に渡り、皇帝暗殺されるという悲運にさらされたフランケン朝であるが、
その玉座はハインリッヒ4世の四男であるレオポルドが継ぐこととなった。
彼は非常に好戦的な性格であり、戴冠式を終えるや否やすぐさま馬上の人となり、
戦地へ向かったというエピソードが語り継がれている。


南イタリア政策

彼の統治の初期は、南イタリアのノルマン人対策であった。
帝国が北イタリアでの権益拡大に成功すると、南イタリア一帯に勢力を貼るオートヴィル一族との関係が問題となった。
ビザンツ帝国をも駆逐したことで勇猛馳せ自信に満ち満ちた彼らとの交渉など成功するはずもなく
日増しにフランケン家とオートヴィル一族の関係は悪化していった。

#ref(): File not found: "leopord1_02.jpg" at page "フランケン朝の中興/Leopold1"

当主 Roger Borosa de Hauteville

交渉不可と悟るやいなや、レオポルド帝の決断は早かった。
直轄領の1万5千のジェノバ軍はシチリア島へ向かい、
ヴェネチア軍と南イタリア帝国諸侯からなる主力5万の兵はは、アプア・ナポリ方面を瞬く間に攻略。
しかし、皇帝には正教・カトリック入り乱れ、文化も違う南イタリアを直轄とする気はなかった。
そこで、オートヴィル一族のイル・グイスカルド家当主に忠誠を迫り、間接統治を行うこととした。

さらにシチリアへの遠征で、島のイスラム勢が内乱状態にあることを知ると、
ヴェネチア軍をもって一気にシチリア島を制圧。
以後、シチリア・ナポリを統べる王「シチリア王」を名乗ることとなる。
なお、シチリア王代官所はパレルモにおかれ、この一帯だけは王の直轄地とされた。


続く


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS