**トヴェリ公 Thomas(1088〜1132)
1107年ごろの勢力図(再掲)
&attachref(s-1107.jpg);
黄:トヴェル 青:ベルオゼロ、黄緑:スモレンスク、橙:リャザン、紺:ブロンスク、黄土:ブルガール(イスラム国)、灰色:他のイスラム/パガン勢力

***Thomasの治世前半〜ThomasとIvanの憂鬱
1107年、Thomasは第2代トヴェリ公となった。
彼は万能型であった先代Rodislavとは違い、能力は極端であった。
&attachref(s-00018.jpg);
陰謀は17もあるのに外交はわずか1(即位から数年後のThomas)

Rodislav逝去でやや足踏みしたコストロマ攻めも敵方の抵抗は少なくすぐに終結した。
ノヴゴロドを手にしたことで収入には大きな余裕が生まれており、教会や学校の建設が相次いだ。
しかし、先代の治世末期に臣下となったヤロスラブリ伯はThomasとはソリが合わず、忠誠心を低下させていた。
そんな中ついに強硬手段に打って出てきた。
&attachref(s-00020.jpg);
Thomas「臣下の分際でふざけおって!余が法規であり絶対ぞ!」

このThomasの対応にヤロスラブリ伯がついに挙兵。その乱は直ちに鎮圧されたが、
その後も次々に臣下の反乱が発生、Thomasはその対応に追われた。
年々巨大化するブロンスク公と張り合うためにはこの問題を何とかせねば…。
1110年、Thomasは方針を改め、臣下の要求する封建的契約法に国内法を転換し、諸侯の懐柔を図った。
この苦渋の措置は効を奏し、以後反乱が発生することはなかった。

国内問題を解決し、ヤロスラーブリ公の称号も獲得したThomasはいよいよ外征の準備に取り掛かった。
翌年初頭、まずは独立伯のペレヤスラブリ・ザレースキィを攻め、激戦の末これを奪取。収入の良い土地のため、直轄領に編入した。
次にトヴェル周辺に残存するベルオゼロ公領奪取に乗り出すことに決定した。
ベルオゼロ公Ivanの反撃を抑えてヴェリーキエ・ルーキを獲得したところで借金が膨らんだため講和。
Thomasが借金返済をしている間、Ivanは不幸にも別のルーシ諸侯にも目をつけられ袋叩き。
ガリーチ公、スモレンスク公に四方から攻撃され大敗。虎の子のキエフ勢は消滅。
キエフの街は略奪され、ベルオゼロ公位はガリーチ公(元を辿れば分家筋…)に奪われた。
しかし、ノブゴロド公を名乗るようになったIvanの不幸は終わらない。
Thomasが再び行動を開始、目標はトルジョク。ここを奪えばノブゴロド公位を正当に要求できるのである。
再びThomasと剣を交えることとなったIvanだが、今度はただ領地が奪われるのを眺めるだけであった。
結局戦争は正味3か月ほどで終わり、トルジョクとノヴゴロド公位はThomasのものとなった。
さらにIvan(今度はプスコフ公)の不幸は続き、異教徒に宣戦され首府キエフを奪われてしまった。
Thomasはすかさず動き、キエフを横取りした。まさに外道。
Ivanの方はリヴォニアに退いたが、もはや臣下は一人もおらず、彼は数年後失意のうちに亡くなった。

***Thomasの治世後半〜ブロンスク公の猛威


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS