[[ルーシ年代記]]

*キエフ公/リトアニア王フェドールの治世 [#dea75451]

 グリゴリィ閣下の没後、閣下の称号すべてを引継がれたのは公弟フェドール様であった。
 同時に先代の事業の全てを引きつぐ事になった閣下はリトアニア征服を第一目標に置いた。
(とは云うもののリトアニア全土を君主の直轄地としたい所ではありましょうが歴代君主が
司教領を置いたり、廷臣を伯爵に封じたりで相続権がこの数十年の間に訳が分からない状況
となる有様)

 閣下は叔父スヴャトポルク・兄グリゴリィの苦心の末の現状を追認した。時期をみて判断
する事にしたようだった。
する事にしたように思われた。

 或る日、書記官に着任したばかりの頃に書記官長(52)と私(33)は閣下の呼出を受けた。
閣下は私に幾つか諮問をされたのち、リトアニアの征服後にリトアニア王国を建国するべきか
否かを問うた。ルリコヴィチ朝ビサンティン帝国の脅威もある周囲の情勢を勘案し即位なさる
べきであると書記官長と私は声をそろえた。そうすると王家の本拠がリトアニアの何処かに遷
される事になる。直轄地が彼方此方に散らばるのも統治し辛いので避けたい・・・

 閣下「わしが王に即位すれば王都はリトアニアの地に暫定的に置く。わしの次の代の頃には
    キエフに王都を遷す事になろうがな」
 書記官長・書記官「仰せのままに」


 
 
 
 1126年・・・・この年リトアニアの地に新たな王が戴冠式を迎えられた
      リトアニア王国の誕生である
      王都はリトアニアのどこか
      政府はキエフに置かれる



 キエフの政府の切り盛りは公爵書記府から国王書記官府へと衣替えをした書記官長(61)以下
我々書記官団に委ねられた。(キエフ周辺の三箇領のみ)
 


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS