*ナコニド家(リューベック) [#leb489ad]
#ref(title.jpg,nolink)

-Version: 1.05(Mac)
-Difficulty: Very Hard
-Aggressiveness: Weakling

***[[主の1066年。この年、王スヴェンは娘をヴェンド人に与えた>主の1066年。この年、王スヴェンは娘をヴェンド人に与えた]] [#s7a2d056]

***[[主の1093年。この年、王エルンストは艦隊を率いてバルト海を渡った>主の1093年。この年、王エルンストは艦隊を率いてバルト海を渡った]] [#re0646df]

***[[主の1136年。この年、王エーリクは海岸でトルコ人の大軍を迎え撃った>主の1136年。この年、王エーリクは海岸でトルコ人の大軍を迎え撃った]] [#i86dfc2b]

***[[主の1159年。この年、王子ハルザクヌートはデーン人の王となった>主の1159年。この年、王子ハルザクヌートはデーン人の王となった]] [#c873855a]

***[[主の1190年。この年、教皇アンリは十字軍への参加を諸王に命じた(前編)>主の1190年。この年、教皇アンリは十字軍への参加を諸王に命じた(前編)]] [#od143e61]

***[[主の1190年。この年、教皇アンリは十字軍への参加を諸王に命じた(後編)>主の1190年。この年、教皇アンリは十字軍への参加を諸王に命じた(後編)]] [#i7b92868]

***[[主の1215年。この年、王ベルトルドがアイスランドから来た>主の1215年、この年、王ベルトルドがアイスランドから来た]] [#n1b17967]

***[[主の1228年。この年、王ベルトルドはスケグネスの浜辺で大敗を喫した>主の1228年。この年、王ベルトルドはスケグネスの浜辺で大敗を喫した]] [#p519adf3]

***[[主の1249年。この年、王エンゲルブレヒトの妃ウテが死んだ>主の1249年。この年、王エンゲルブレヒトの妃ウテが死んだ]] [#p519adf3]

***[[1291。王ロベールは軍勢を率いてシリア地方へ進撃した>1291。王ロベールは軍勢を率いてシリア地方へ進撃した]] [#c23b8b1c]

***[[主の1321年。空に大いなる凶兆が現れた>主の1321年。空に大いなる凶兆が現れた]] [#k1d9f06f]

***[[主の1343年。私生児サイモンは亡き兄の妃エルフトリトを娶った]] [#la21824f]

***[[主の1375年。王ジョフリーはすべての戦場でノルドの軍勢を打ち破った]] [#af9c7dd0]

***[[主の1422年。王アイユーブは弟の結婚を認め、これを祝福した(終章)]] [#cfb987b8]

&br;
**はじめに [#y1693f37]
ハンザ同盟プレイをやろうと思ったのですが、
1066シナリオだとヴェンド組・リヴォニア組ハンザ都市のほとんどがまだ出来てない!
「じゃあとりあえずリューベックで」ということで、
リューベック伯のナコニド家を選択しました。

バルト海・北海方面に高度な商業系技術のネットワークを張り巡らせ、
一方で都市や商人に大甘な封建領主を演じることで、
ドイツ・ハンザの勃興と発展を表現できたらいいなと思っています。

開始時点でひとつだけチートを行いました。
難易度をnormalに変更し、デンマーク王家からイングリッド王女を嫁にもらったのち、
難易度をvery hardに戻したのがそれです。
この代償としてプレイヤールールを次のように設定しました。

''プレイヤールール''
-%%クヌートリング家が王位についている王国にのみ、忠誠を誓うことができる%%(これも違反!)
-%% クヌートリング家が王位についている王国から独立してはならない %%(違反してしまいました……)
-王家からの兵の要請には、直轄地の少なくとも半数の州から兵を差し出さねばならない
-王家が滅亡した場合には、クヌートリング姓の者に公以上の領地を創設させねばならない

''MOD''
MODなしでいく方針でしたが105氏の[[顔MOD>http://hayasoft.com/hiko/paradox/other/source/up2389.zip]]に衝撃を受けたため、
testface_fem_hairs.bmp(女髪),testface_hairs.bmp(男髪),testface_misc.bmp(男服)
の3ファイルを第8回から導入する予定です。
(CKのブサ顔は結構好きなのでそのままにしておこうかなと)

#ref(test.jpg,nolink)
 左が元画像、右がtestface_fem_hairs.bmpのみ入れた画像
 今のところ違和感なし
 本来意図されたような使用法ではないので作者さんに済まない気もするが……
 追記)やはり首の太く見える個体がまれに出現するようだ。フルセットで導入するのがまず安心です

**ナコニド家について [#gf39c794]
http://en.wikipedia.org/wiki/Nakonid
ナコニド家は960年頃から1129年までエルベ流域における有力なスラブ人貴族であった。
アボドリト部族に起源を持ち、この地域にスラブ人王権を形成するための努力を重ねたが、
12世紀初めに男系が断絶した。
本拠地はメクレンブルク城であった。(中略)
始祖ナコは955年のレクニッツの戦いに敗北したのち、キリスト教に改宗した。(以下略)

''ブディヴォイ・ナコニド''
#ref(budivoj.jpg,nolink)
http://en.wikipedia.org/wiki/Budivoj
アボドリト(オボドリト)部族の王ブディヴォイ、またはブスエ、ブトゥエは
ゴットシャルクの長子(ただし愛妾の子)である。
ブディヴォイは父の死(1066年)によって失われた権力と地位を回復するため、
異教徒クルト(メクレンブルクのクルトイ)を敵としてザクセン候と同盟した。

1075年、ブディヴォイはPluneでクルトの罠にかかり、死んだ。
ヘルモルドによるとプリビスラフはおそらく彼の息子である。
その歓待心と信仰心によって、ブディヴォイは同時代人と後世の記録者の双方から賞賛されている。
最終的に、ブディヴォイの弟であるヘンリー(ヘンリク・ナコニド)がゴットシャルクの仇を討ち、
部族の領地を相続した。

''パラドフォーラムで見つけた関連AAR''
[[Lübeck: Against the tide>http://forum.paradoxplaza.com/forum/showthread.php?t=237254]](1066-1104)作者多忙のため中断
[[Knud Knýtling, Prince of Denmark (and other assorted tales)>http://www.europa-universalis.com/forum/showthread.php?t=235468]](1066-)変なAAR。画像が多い

**コメント [#oed66eb5]
- DV出てるのにいまさらバニラです -- 152(このプレイレポを書いている人) &new{2008-05-24 (土) 06:54:32};
- 一話目読んでてもしやと思ったけど、あなた、EU2のオマーンの人でしょ!!相変わらず面白いんだからっ!!!でもあっちも完結してほしいですorz --  &new{2008-05-24 (土) 10:53:16};
- 面白いなぁ。続きが早く読みたいです。 --  &new{2008-05-24 (土) 13:22:46};
- 続き、楽しみにしてます! --  &new{2008-05-24 (土) 16:11:00};
- すいません、↑に付け加えて。EUよりもCKの方が人物に重きを置いてるので、AARも面白くなりそうですね。 --  &new{2008-05-24 (土) 16:13:03};
- 二章でほぼプレイに追いつきました。あとはゆるゆるやってゆきます/開始時点、「ヴィンランドサガ」の時代から50年くらいかあ……/バレたかw -- 152 &new{2008-05-25 (日) 00:13:37};
- バニラだとこんなにイスラム勢が動くんですか。DVから入ったのでそういうところも新鮮です。今後も楽しみにしてます。 --  &new{2008-05-25 (日) 11:29:05};
- そろそろ自分がパツキン好きであることがばれた頃かと思いますが、同時に言い知れぬ不安に襲われるようになりました。「ハゲ、多過ぎじゃね?」/実に歴代君主5人中4人がハゲ! マルテの息子たちなんか全員ハゲ! さらに次代エストニア候もやっぱりハゲ! 毛があるのは初代ブディヴォイとその息子の一部だけ! どう考えても三代連続のパツキン嫁が原因です。本当にありがとうございました。 -- 152 &new{2008-05-31 (土) 07:22:00};
- こういうタイプのAARは確かにEU2よりCKの方が書きやすいです。妄想する手間が半分くらいになりますから。/DVだと友人・敵対関係があるのでさらに楽かもw -- 152 &new{2008-05-31 (土) 07:35:46};
- なんというセルジューク朝。全ヨーロッパが泣いた。この遠隔地ぶりはガチ。 --  &new{2008-06-01 (日) 02:56:48};
- 文中の候を公に直したよ。でもドイツのデュークはなんとなく候のままだよ。ルーシのプリンスは大公にしたよ。 -- 152 &new{2008-06-08 (日) 19:39:59};
- 黒髪の嫁をもらった瞬間にハゲの連鎖を脱出しました。「金髪嫁=ハゲの元」という疑いがさらに濃厚に……!/成り行き上、史実と同時期にコンスタンティノープルを占領してしまいました。さすがにビザンツ皇帝に申し訳ないと思ったので、ここにカトリック大司教座を創設し、教皇に尻尾をふることの素晴らしさをギリシア人に教えてあげようと思います。 -- 152 &new{2008-06-28 (土) 12:54:21};
- 続ききた! 待ってました! --  &new{2008-06-28 (土) 15:53:48};
- 忠臣プレイは地獄だぜフゥハ(略 とりあえずポワティエのアリ家は近いうちに根絶やしにしたい。/あとちょっと悪い奴がいるからって正義の味方有志連合気取りで暗殺者の同月同日飽和攻撃でゲームごと落としたりするのはやめていただきたい。特にドイツとポーランドの人たち -- 152 &new{2008-07-13 (日) 11:43:43};
- 「アイスランドってなんだよ!」とか思ってたらさらに50歳の新領主登場にドッキリ。しかし、老い先短いのにイングランド王位とか言ってたのは次回への伏線なのかと期待。 --  &new{2008-07-13 (日) 11:58:56};
- 生い立ちも文化も全然違う人だから歴代当主みたいに王様に忠誠誓うのも変かなーと思いまして。とりあえず息子もノルマンディー起源のフランク人なのでイングランドに執着しますが、家としてフランク系の一族に変体するかヴェンドに戻るかはまだ解りません。 -- 152 &new{2008-07-14 (月) 02:06:44};
- 美女に目がくらんで古女房を暗殺しただけなのに、欧州大戦が始まるわ、フランク王国が復活するわ、コンスタンティノープル教皇庁ができるわ、第一称号ひっぺがされるわと大騒ぎに。これがバタフライ効果という奴か。つーかタイトルに(リューベック)って書いてあるのにリューベック持ってないなんて、恥ずかしくて父ちゃん泣けてくらあ。とりあえず糞ったれスラヴェックの一族も近いうちに根絶やしにする。/顔MODの導入もあいまって、またハゲ率が上がってきたようです。早期の対策が必要か -- 152 &new{2008-07-28 (月) 04:48:30};
- いっそのこと全部入れましょうよ~ >顔MOD あとオマ(ry --  &new{2008-07-28 (月) 10:23:41};
- 新教皇となった糞ったれのスラヴェックは、後世に「地上の主君(エストニア公)には反逆したが、天上の主君(キリスト)には従順だった」と擁護されてそうだ。…妻殺しの破門者なら当然だと。 --  &new{2008-07-28 (月) 22:02:48};
- にしてもフルボッコですな、共感してしまいます、自分もデンマークでプレイしていて部下を守るためにハンガリーと戦っていたら同盟国のポーランドが攻めてきて予想以上に強くて長引くとと今度はドイツが攻めてきて同盟国のはずのフランスはポーランドの時と同じく助けに来ないし優秀な軍人(能力が18)が異端視されたんでかばっても10%だからってやってみたら破門されて部下にもフルボッコ、北欧が所詮はヨーロッパの田舎者だと実感してしまった人的資源もたいして変わらないからドイツもいけるんじゃないかと思っていた昔の自分が恥ずかしいOTZ、にしても何で助けに来てくれないんだフランスは・・・・・・あれだけ援軍だしたのに自分の属性に疑い深いが付きそうです。 --  &new{2008-07-29 (火) 00:17:34};
- >北欧が所詮はヨーロッパの田舎者だと実感してしまった あー、非常によく解ります。土は固いし、人もいないし、国割りもおおざっぱで見かけの面積ほどの国力がないんですねこれが。/天上の主君に忠実に振る舞って一族から一人くらいは聖人(せめて福者)を出したいですね。このプレイでできるかどうか解りませんが、「数々の教皇を輩出した家系」プレイにも挑戦してみたい。/顔MOD、うちのやり方だとブサ顔のままでサラサラのブロンドヘアのおっさんとか出てくるからなあw まあ今のところはこれで。オマーンAARのほうは19世紀はもう書かずに、18C中できっちり形を作って終らせる方向で考えています。というのはマシンが変わっていろいろ環境が変わってしまったので…… -- 152 &new{2008-07-29 (火) 18:34:12};
- じゃあオマーンもちゃんと完結するのですね!そっちのほうも楽しみに待っています!!にしても152さんは毎回クオリティ高すぎww --  &new{2008-08-03 (日) 13:57:00};
- 非常に面白いです。続きを楽しみにしています。忠臣プレイ未経験でしたが、今ボヘミア独立維持を目的として忠臣プレイに嵌ってます。フランケンがいかに糞野郎かよく分かり新鮮です --  &new{2008-08-04 (月) 15:39:21};
- 言うのを忘れてましたが9月頭まで旅行中/家に帰ると仕事とモンゴル軍が待っている -- 152 &new{2008-08-26 (火) 01:06:27};
- なんだかゲームのAARと言うよりも本当の年代記読んでるような気分になってきますね、続きに期待してます! --  &new{2008-09-05 (金) 00:36:59};
- ありがとうございます。楽しみにしてくれているというのは嬉しいものですね。僕も蒙古襲来を楽しみにしているんですが、ぜんぜん来てくれません。勇猛なるポーランド槍騎兵が奮戦しているようです/叛逆するつもりはなかった。気がついたらイベント選択肢が「主君に宣戦」「独立」の二つしかなかった。今は反省している/ラインフェルデン方式で領土倍増! 各地から喜びのお便りが! 本当は軍隊をほとんど王に使われてしまっているので、自力で対ドイツ報復戦争ができなかっただけだったりする。 -- 152 &new{2008-09-29 (月) 13:25:14};
- くそぅ、面白いなぁ、今回も良いところで話を引きますねぇ。 --  &new{2008-09-29 (月) 18:21:58};
- おお、新しい話が!それにしても色々と展開がドラマティックですなあ --  &new{2008-09-29 (月) 19:24:29};
- 思わず一気読みしちゃいましたよ!貴族の複雑な系図とかを参照しながら読むと、この時代に紋章学だのとかがあったってのがよくわかりました。 --  &new{2008-10-03 (金) 02:01:43};
- マニク家に刺激を受けて選挙法継承を採用してみました。して結果は……まあこういうこともあるよね。/>紋章学 北欧、イングランド、ノルマンディーあたりの獅子の生息数はものすごいものがありますからね。あとド=モンフォール家の後裔としてペンティエーヴル、レンヌ、ノーフォーク、レスターというふうにブルターニュの「白地に黒貂」紋を紋章とするところとは仲良くするようにしています。/結局モンゴル軍には会えませんでした。ルーシを制覇したキプチャクはポーランド超帝国に丸ごと食われました。イルハン国はセルジュクをいいところまで追いつめたものの、復興セルジュク朝とトゥルクメン人と群小十字軍国家の挟撃にあい、地中海の水に触れることはありませんでした。残念。 -- 152 &new{2008-10-11 (土) 01:17:12};
- 追記。聖王ルイ9世はパレスティナ安定保有の鍵はエジプトだと考えていたそうですが、このプレイを見るとほんとにそんな感じです。しかしルイ9世の人気が今ひとつよく解らんな。イェルサレム王国のボードゥワン4世(例の癩病の人)のほうがよっぽど資格あると思うんだが。そこらへんはフランスにおける王権と教会の力関係ってやつですかね。 -- 152 &new{2008-10-11 (土) 09:53:59};
- はい、選挙法継承に失敗しました。ださいですね。ある意味史実をなぞっているというか、やるじゃねえかド=モンフォール家……。リチャードとヘンリーがあんなに連続早死にすると思っておらず、継承予定者の弟アーサーに領土を渡さなかったのが唯一最大の敗因です。だって反乱されたら怖かったし。まあ公国乗っ取られるよりはまだそっちの方がマシだったわけですが。 -- 152 &new{2008-10-26 (日) 13:59:09};
- そしてプレイヤーはなぜか遠縁のサセックス伯に飛ばされました。これも選挙法原理で選んでいるのだろうか。とにかくゲームオーバーじゃないのが幸いというか意外でした。/さらに公国の継承法は継続されているので、ド=モンフォール家のあとはド=クールソーユ家、ド=コントヴィル家などノルマンディー無名貴族出身の連中が公位を歴任する見込み。 -- 152 &new{2008-10-26 (日) 14:00:57};
- なんというドラマティックな展開…。モチベーションを維持するのは大変かと思いますが、頑張ってください!毎回とても楽しみです。 --  &new{2008-10-26 (日) 14:29:18};
- いやーもう普通に考えたらリセットものですよw AARのネタにするということで救われている感じです。 -- 152 &new{2008-10-26 (日) 17:28:07};
- こういっちゃなんだが、152さんのAARはオマーンのときからたま~に失敗するから面白い。他のAARは順風満帆すぎてプレイの参考にはなるが読んでて面白いのはこっちかなあ。最近更新されないが、ライフェルデン家伝もその手の面白さがあったなあ。 --  &new{2008-10-26 (日) 23:07:43};
- 予定とずれていくことによって更に物語性が増して面白いですよね!これからの流れも楽しみにしています! --  &new{2008-10-29 (水) 23:48:41};
- かなりあっけなく滅亡してしまいました。サセックスに飛ばされてから急転直下。やはり一伯に出来ることは限られているのでしょうか。/>たま〜に失敗 プレイヤーがキレやすく、合理的な判断がなされていない事が多いためだと思います。セーブ&ロードを怠けがちなのも失敗を増やす原因かも/>予定とずれていく 今回のAARは本当にズレズレの連続でした。何が「ハンザの勃興と発展を表現できたらいいな」だw/みなさん面白いと言ってくださっているのに終ってしまって無念の極みです。マジ悔しい……。本当はラウルのオファーを蹴らずにバールベックを献上して生き延びることもできました。でもサイモンの性格と経緯的にこれはないだろうと。王やラウルが請求権を持たないアルカ土侯国が落ちればここで生き延びていけたんですが、残念ながら期日までに陥落しませんでした。嫁のエアドギトが独立したのは一回女伯を作ってみたかったからw 終章はバールベック伯国が舞台となるでしょう。/今回はPC環境が変わってApple Worksを使えなくなってしまったので、画像作成にSeashoreというのを使いました。慣れなさすぎて発狂しそう。使いこなせないため画像が全部あっさり風味でこれも無念の極み。 -- 152 &new{2008-11-12 (水) 12:13:08};
- なんかところどころリチャード三世はいってる? --  &new{2008-11-12 (水) 12:22:58};
- いやセリフはきっとシェイクスピア史劇「サイモン・ナコニド」の引用ですよ。後の大作「ギーI世」の下敷きになった作品ですね、わかります。 --  &new{2008-11-12 (水) 14:04:04};
- 御明察です。主人公の運命があまりにも酷似していたため丸パクさせていただきました。リチャード3世と違って一瞬でも王になれなかったのは悔しいですが……/しかしサセックス陥落後はバールベックで時間流してほぼ観戦状態だったのですが、ギーI世と息子のジョフリーの戦いぶりには惚れ惚れしました。というか統一イングランドって小さいくせにマジ強いな。反則じゃん。 -- 152 &new{2008-11-12 (水) 21:51:09};
- おおお、ついに完結ですか!あそこまで大転落しておきながらランキングに食い込むとは…wあ、オマーンのほうもお待ちしてますw --  &new{2009-01-20 (火) 11:15:38};
- ようやく完結させました。長かった……。こういうのは200年で一区切りにしてAAR完結させたほうがいいかも知れませんね。/実はGC終了まであと30年残っているのだが、EU2の開始年限を超えてプレイするのもなんか萎えるのでここまでにしました。終盤ギリギリでガズニ朝大戦が勃発して瞬殺されたら嫌だったからということは絶対にない!ないから!/正直言ってイングランド王になれなかったのは痛恨の極み。北海を挟んだガチ大戦をクヌートリング朝デンマーク=ノルウェーと戦って終るつもりだったのに…… /あとAARには書かなかったが、アイスランド系クヌートリングを復璧させようとして裏で色々やっていました。「臣従するのはクヌートリング家に対してのみ」という縛りは破りたくなかったんだよ。結局破ったけど。-- 152 &new{2009-01-20 (火) 11:13:28};
- ↑オマーンはマシンが逝ったのであれ以降の展開はないです……すいません。ランキング5位に関してはほとんど王様の名声と努力によるものです。ナコニド家は弱小異教徒相手に宣戦布告を繰り返していただけw -- 152 &new{2009-01-20 (火) 11:23:18};
- おもしろうございました。完結おめでとうございます。クヌートリング家復活の努力とかもちょっと気になりました。 --  &new{2009-01-20 (火) 12:24:03};
- ついに完結ですか!このAARに憧れてCK購入した人も多いんじゃないでしょうか。大変面白い物語をありがとうございました。 --  &new{2009-01-20 (火) 19:55:24};
- 完結おめでとうございます。北海帝国の見事なまでの崩壊っぷりもCKの面白さの一つですよね。 --  &new{2009-01-21 (水) 01:01:31};
- ものすごく面白く読ませていただきました。波瀾万丈なうえに年代記風の叙述がナイスです。 ときに候ではなく侯っすよ。 --  &new{2009-01-21 (水) 22:23:31};
- たいへんおもしろかったです、オマーン打ち切りは残念ですねぇ・・・ --  &new{2009-01-22 (木) 12:23:19};
- 一気読みしてしまうほどの面白さ。あなたが神か --  &new{2009-03-13 (金) 17:16:27};

#comment



トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS