Starter Guide   - CK初心者のための手引き -

(1)パッチをあてる

日本語版に英語版パッチをを参考にして1.05パッチをあててください。これで普通にプレイできます。

(2)担当君主選択

いよいよCKが始まります。好きな国、人物のある方は、それを選択すれば問題ありませんが、そうでない方はどの君主で始めるか非常に迷うところです。
君主選びのポイントとしては、「立地」「肥沃度(経済力)」「技術力」「十字軍」「称号/Title」が挙げられるでしょう。

立地で選ぶ

肥沃度(経済力)で選ぶ

CKでは、州は固有の収入を持っていて、施設建設などにより「豊かな州はより豊かに」「そうでない州はそれなりに」発展します。
西欧諸侯は初期の技術力、施設建設でイスラム諸侯/Muslimに遅れをとりますが、土地の肥沃度という点では、イスラム諸侯に勝ります。
歴史的な重要都市を保持する君主や、それらを奪うのに有利な周辺国君主でプレーするとよいでしょう。

技術力で選ぶ

初めから高い技術力を持つ国を選ぶと、優位にゲームを進めることができます。
全体としてイスラム諸侯とその周辺は高い技術力を持っていますので、
技術力を重視する方は、ビザンツ諸侯などのイスラム周辺国で始めるとよいでしょう。
イスラム周辺国でなくとも、主要港のある州は技術的進歩が顕著(海を越えて技術が流入する)です。
ただし、あまり離れていては流入が遅れます。イタリア諸侯がお勧めです。

十字軍で選ぶ

CK最大のイベントである「Crusade(十字軍)」は、カトリック教国にのみ影響を与えます。
このイベントを最大限楽しみたい方は、カトリック教国でプレーするとよいでしょう。

称号で選ぶ

CKには、「王/King」-「公/Duke」-「伯/Count」三段階の称号があります。
「ゲームは苦労が多いほど、楽しみも深い」と考える方は、「伯」から始めてみるとよいでしょう。
「ほどほどに強く、そして面白い」を望む方は、「公」から始めてみるとよいでしょう。

(3)ゲームを始めてから 

ゲームがスタートしたら直ぐにキーボードの「Pause」ボタンを押して、進行を一時停止して下さい。
さて、担当君主を決め、これから王国/Realmの建国、発展を目指して行くわけですが、まず何から始めたらよいか。
ゲーム開始後、やっておくべき事柄を挙げてみましょう。

状況の把握

初めのコマンド

(4)その後の進め方

全体的な方針

急いで領土獲得といきたいところですが、国力のないうちは中々そうもいきません。
まずは、資金をため、子孫を増やすことで辛抱して下さい。
獲得した領土も、引き継がせる息子たちがいなければ、他人のものになってしまいます。
まずは威信をため、Claimを獲得し、領土獲得を獲得しましょう。
「評判/Reputation」には気を付けて下さい。
称号の略奪などの蛮行で評判が悪くなっていくと、折角築いた王国を崩壊させることになります。
じっくりと、慎重にいくのが繁栄への近道です。
資金をためるため、傷ついた評判を復活させるため機会を待ち、数十年のあいだ子造りしかしない、というのも立派な戦略です。

戦略

収入と技術の双方を秤にかけて、どの州を獲得すべきか戦略を練ってください。
また、「Create Title」で次に狙うべき称号を見つけだし、必要な領土を獲得していくのもよいでしょう。
「実を取るか、名を取るか」です。
同盟関係には注意してください。
戦争相手には強力な同盟国がいるかもしれません。
また、自家の同盟国が戦争に参加した場合、領土を掠めとられないように注意しましょう。

外交

婚姻は相手の能力を重視しておこなうか、領土乗っとりの「仕込み」としておこなうかで選択肢が変わります。
領土乗っとりを狙う場合、后の実家や娘の嫁ぎ先の相続法が重要です。

州経営

社会階級の忠誠心の増減には、注意を払っておきましょう。
施設は基本的に好みのものを建てていけばよいでしょう。
ただし、徴兵には時間がかかるので、徴兵効率を上げる「Training Grounds」は、なるべく早めに作っておいた方がよいでしょう。
早く「Prestige」や「Piety」を上げたい場合は、建設完了時のボーナスや年度ボーナスのある施設を優先的に建てていくとよいでしょう。

十字軍

カトリックとギリシャ正教、イスラム異教、そして地位ごとに対処方法が違うので別に説明します。

(5)ゲームを改造する。

戻る


*1 現スペイン
*2 現ロシア
*3 スウェーデン等

トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS