宰相/Chancellor

望ましい性格

精力的 Energetic

いずれかの封臣の忠誠度が 66% 未満となったときに、イベント「廷臣たちの仲裁に尽力した」を発生させる。
このイベントは対象の封臣の忠誠度を 25% 上昇させ、さらに他のランダムな封臣2名の忠誠度を若干上昇させる。

君主に「寛大Merciful/人を疑わないTrusting」があると発生率が向上し、「執念深いVengeful/疑い深いSuspicious」があると低下する。
「寛大」の影響は特に大きく、発生率を2倍に向上させる。

望ましくない性格

怠惰 Lazy

この特性を持つ男性/未婚女性を宰相にしていると、いずれかの封臣の忠誠度が 66% 未満となったときに、イベント「廷臣との会見の約束を反故にした」を発生させる。
このイベントは、対象の封臣の忠誠度を、さらに 15% 悪化させる。

君主に「怠惰/人を疑わない」があると発生率が向上し、「精力的/疑い深い」があると低下する。
「怠惰」の影響は特に大きく、発生率を2倍に向上させる。

さらに宰相の処遇を「科料/無罪/追放」から選択させられるが、どの選択肢にもメリットはない。

好色 Lustful

この特性を持つ男性を宰相にしていると、全ての既婚の封臣に対して、イベント「配偶者が宰相と不義を犯していた」を引き起こす可能性がある。
封臣の妻が「好色」であれば発生率は増し、「純潔Chaste」であれば発生率が下がる。

このイベントが発生した封臣は、50% の確率で「妻を斬首」する。
この場合、封臣の忠誠度は大幅にダウンし、「主君への称号請求権」を得、さらに主君側に対して「宰相を追放/死刑/放免」のいずれかを選択するイベントを生じさせる。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-05 (土) 12:48:19 (1451d)