MTTH - (mean_time_to_happen)

MTTHとは

CK のイベント発生率は、MTTH という概念で表されます。

MTTHが360月、すなわち10800日ならば、そのイベントは1日ごとに1/10800の確率で発生します。
イベントファイル内ではMTTHは「year(年単位)」「month(月単位)」「day(日単位)」で表現されたものが混在していますが、内部では単純に1year=12month=360dayとして処理されます。

たとえば子供に「逸材」が付くイベント(id:6980)のMTTHは840月となっています。

補正値について

イベント発生率の補正は、MTTHに対する修正値として表現されます。
発生率に対する修正値が0.9や-10%と書かれていたら発生率が上昇し、
1.1や+10%と書かれていたら発生率が低下するという意味になります。

補正項目が複数ある場合は、その全てが累積します。
0.9の補正が2つある場合は、0.9×0.9で0.81が補正値となります。

たとえば子供に「逸材」が付くイベントでは、子供が留学中の時の補正値は0.8となっています。

期間内の発生率

上記の式を参考に、ゲーム中の期間内の発生率を計算してみたいと思います。

例として、子供に『逸材』が付くイベントの発生率を見てみます。

trigger = {
	condition = { type = age value = 5 }
	condition = { type = not value = { type = age value = 12 } }
	condition = { type = not value = { type = trait value = prodigy } }
}

このイベントの発生条件は子供が5歳以上~12歳未満であることなので、イベントが起こり得るのはこの7年間(=2520日間)です。

もし子供が留学中でなければMTTHは840月(30×840=25200日)なので、1日ごとに1/25200の確率で発生します。
よって、7年間にこのイベントが発生する確率は

1-(25199/25200)^2520≒0.0951

となるので約9.5%となります*1

同様に、子供が留学中の場合はMTTHに0.8倍の補正がかかるので20160日となり、7年間にこのイベントが発生する確率は

1-(20159/20160)^2520≒0.1175

となるので約11.8%となります。

CK のシステムは MTTH の設定と補正が「命」といっても過言ではありません。
これを理解すれば、CK の本当の奥深さを堪能できるかもしれません。

※ "Mean Time To Happen" =「発生までの平均時間」

戻る


*1 期待値を単純計算すると2520/25200で10%ですが、これは複数回発生できることが前提となっている数字なのでズレる

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-02 (木) 15:03:24 (3337d)