ウルムム滞在記

Fiachra公爵の時代(1114〜1120) 威信165 信仰69

アルスター公Fiachra Ua Faelainは現在37歳、子供が2人。
能力値は5/6/7/7。収入は4.73になっています。
とりあえずヒール・イオーハンに砦を建設するために貯蓄。

1115年5月、マンスター公国が我がアルスター公国に宣戦布告。
敵の領主はかつての君主の息子DonnSleibe O'brien 14歳。

こちらの軍は1200あまり、
対してマンスター公の軍は1800。ヤバス!!

が、幸運の女神はアルスターに微笑む。
教皇からの私闘休止要請が届いたのです。

0.JPG

当然のごとく教皇に従う。
マンスター軍はしぶしぶ領内に引き上げました。
さらにフランスのブルゴス奪回によって十字軍が終結。

その後、土地の開拓などでウライド、ウルムムが「裕福」になり、
収入は7.3ぐらいになりました。うおっまぶしっ。砦の建設が完了し、道路とかも敷設。
が、執事で妹のRagnhaltが死亡。後任の執事の管理は11。
収入は少し下がって6.13に。

1119年、エルサレムが再びムスリムの支配下に入り、また十字軍が始まる。

元帥Colouの息子でFiachraの甥のUalgargをライジン伯に。
また成人したColouの娘Aine(なんと管理16だ!)を執事に任命する。

1120年11月12日、アルスター公Fiachra急死。享年44歳。
わずか6年の治世。後継者は長子Enna、まだ14歳の少年である。

1.JPG

さあFaelain家はどうなってしまうのか!次回をお楽しみに!
(短くてごめんなさい)

keizu.JPG


添付ファイル: filekeizu.JPG 291件 [詳細] file1.JPG 311件 [詳細] file0.JPG 333件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-02 (水) 22:18:45