CK2

前回-第12回

翻訳元:http://forum.paradoxplaza.com/forum/showthread.php?562469-Crusader-Kings-II-Dev-Diary-13-Don-t-Mess-with-the-Pope!&p=12901223#post12901223

教皇を混乱させてはならない

皆さんお久しぶり。もうそろそろ次の開発日記を書くべきころだろう。

Hello again folks, I do believe it is time for another dev diary!

 今回の開発日記でこのゲームについての項目のほとんどは語り終えるので、先週まで語ったことについて切り口を変えて語ろうと思う。今まで力を入れたことは戦争と平和、そのルールとAIの行動だ。私たちは、いまや危険な庶子どもがそうしていたように同じ領内にいながらたがいに相争う封臣たちが実装されたことをお伝えしようと思う。

We've basically covered most of the features in the game by now, so I thought I'd change tack and talk a bit about what we've been up to in the last week. Much of the focus lately has been on war and peace, both the rules and the AI behaviour. I am pleased to report that we've now got vassals within the same realm fighting each other like the vicious bastards they are.

 私たちはさらに少しルールを変えた。封臣は独立君主に戦争を仕掛けることができるが独立君主は封臣に戦争を仕掛けることができない。これによってフランスの封臣でありながら、君主の力を借りずにイングランドの制服に取り掛かるノルマンディー公ギョームを再現することが出来る。このことによる望ましくない結果としてギョームが彼の義理の父でありフランスの封臣であるフランドル公ボードウィンに助けを求めるということがあり得る。婚姻は家族の関心事でありそのことを忘れてはならない。

We have also changed the rules a bit - vassals are now allowed to declare war on independent rulers, but independent rulers still cannot declare war on vassals. Thus, we now have William of Normandy as a vassal of France while invading England on his own. An unforeseen consequence of this is that he now tends to call in his father-in-law, another French vassal, Duke Boudewijn of Flandres to help him out. Marriage matters folks, and don't you forget it!

 付言しておくと、神聖ローマ皇帝の封臣で(ヨーロッパでもっとも嫁としてめとるのに適任で)あるトスカーナ女公マチルダは、ゲーム開始時の1066年によくない手すなわちオルヴィエート(法律上は彼女が女公を務めるスポレート領の一部をなす)を獲得するために教皇を攻撃しがちだ。また、教皇はスポレート公位を奪い取ろうとし、マチルダは自領を取り戻せると考える。

On a related note, Duchess Matilde of Tuscany, vassal of the Holy Roman Emperor (and the most eligible bride in Europe), tends to open the game in 1066 with a rather bad move, attacking the Pope to seize Orvieto (which is de jure part of her Duchy of Spoleto.) Other times, the Pope usurps the title Duke of Spoleto, and then Matilde feels obliged to attempt to take it back.

 どちらにしろ哀れな女公は大抵の場合思わぬ伏兵に遭う。この時彼女は重要な事実を忘れている。皆さんは以前の開発日記を覚えていると思うが、教皇はヨーロッパ中の高位聖職者から教会税を得ており、この税金により教皇はとってもとってもとっても大金持ちになる。そのため教皇自身はわずかな兵士しか徴兵できないにもかかわらず、ヨーロッパ中から傭兵団を集めて雇う余裕がある。神聖ローマ帝国皇帝の皇帝権ですらバチカンの教会権の前で敗れ去ることがあるのだ。

Either way, the unfortunate Duchess tends to get a rather nasty surprise. She has forgotten an important lesson that you might remember from an earlier diary - the Pope gets taxes from loyal bishops around Europe, making him a very, very rich man. So, while he has few levies of his own to raise, he can basically afford to hire every mercenary company in Europe! Even the mighty Holy Roman Emperor sometimes loses to the might of the Vatican.

スクリーンショット

…これについてはバランス調整中だ。

...and there was much balancing.

それではまた来週。

Until next time!

次回-小ぶりのベータAAR


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-01-08 (日) 18:56:55 (2083d)