CK2

前回-第11回

翻訳元:http://forum.paradoxplaza.com/forum/showthread.php?560814-Crusader-Kings-II-Dev-Diary-12-*Bonus*

ボーナス

やあ。

Hi.

 私はヨハン。パラドックスで内部スタジオのマネージャーをしている。月曜の午後に皆さんへのささやかなボーナス開発日記をお見せするためにここにいる。

I'm Johan, the Manager of the Internal Studio here at Paradox. I'm here to give you a little bonus development diary on a monday afternoon.

 先週私たちは少しばかり新しいベータの要素をくわえた。私はこの要素についての情報をおすそ分けして少しばかりのスクリーンショットを見せたほうがいいと思った。

We've added in a few new betas in the last weeks, and I thought I'd share some of their posts here with you, and giving you a little screenshot.

 このサイトのベータフォーラムには「すばらしくて小さな詳細」(”Nice Little Details”)と呼ばれるスレッドがあり、そこからのコメントをいくらか抜き出してきた。

There is a thread in the beta forum, called "Nice Little Details", and here are some of the comments from it..

 ・戦闘の結果について、どちらの領主が戦闘時に命を落としたか見ることもできる。
 ・自身との関係について、どのようにゲームがキャラクターをラベル付けしているかを愛重せよ。義理の息子のように、あるいは敵のように。
 ・復帰財産もまたとてもクールだ。そして復帰財産は封建主義の本質的部分の一つだ。
 ・傭兵を雇っているときに資金が底をついたら、傭兵たちは敵につくだろう。
 ・外交上の提案や返書・親書を送るときはCOA上に封印を模したボタンをつける。
 ・私はゲームが、雰囲気が、ダイナミズムが歴史的に感じられるのが好きだ…好きだ
 ・私はすべてが好きだ、子供の名前を付ける能力もまた好きだ。
 ・私が最も素晴らしいと思うこの「詳細」は、このゲームが既にリリース―形作るという点で実験的で、PIが今までやっていた遂行してリリースする100万マイルもの皇帝がおこなわれていることだ。*1恩着せがましく聞こえるのは望まないが、ParadoxはそのことをHOI3から実際に学んだ。

 •In the battle results, it also shows which land holders lost their lives in the battle.
 •Love how game labels characters in relation to you. Like 'son-in-law' or 'rival'.
 •Escheat is also pretty cool, and is an essential part of feudalism.
 •When your gold runs out while you have mercenaries, they will/might switch over to the enemy side
 •When you receive diplomatic offers or correspondence/messages, the wax seal at the bottom is stamped with the COA of whomever sent it.
 •I love how historical the game feels, the atmosphere, the dynamics... Love it.
 •I love everything so far, though I do love the ability to name children.
 •The 'detail' I'm most excited about is the fact that this game is practically in release-shape already and is going to be by a million miles the most polished release PI has ever done. I don't want to sound condescending but Paradox really learnt their lesson from HoI3.

 私たちはまた、プレイすることを通じていくらかのフィードバックをもたらして欲しいとベータ版をしている人に臨み、結果が少しずつもたらされている。

We also asked the betas to give us some feedback from their playthoughs, and here are a few...

イングランド王国

 面白かったプレイは何と言ってもハロルド=ゴドウィンソンが生き残り、熟年に至りイングランドを彼の息子そして玄孫にまで残したものだろう。(それぞれゴドウィン1世とゴドウィン2世)庶子公ウィリアムはフランスの牢獄で死ぬが、彼の忘れ形見はルーアンの地を保持した。あまり積極的にプレイしなかったので、おもに王朝のマネージメントを試み、陰謀を見ていた。この方針はゲームを平和なものにしたが楽しめるものはなおあった。2組の貴族を王位をねらった陰謀で投獄する必要があったし、ある時はイングランドと領内最強の臣下であるランカスター公との短い戦争にも入った。ほかのある貴族は、私が礼儀正しく詰問したら後継ぎに対する暗殺を送ることを控えるとしてくれた。

"Was rather interesting getting Harold Godwinson to survive - he lived to a very ripe old age and passed England along to his son and then to his great-great-grandson (Godwin I and Godwin II respectively). William the Bastard died in a French prison, although his descendants did hold onto the county of Rouen. Didn't play very aggressively, mostly just tried to manage my dynasty and watch plots. This made the game kind of peaceful although there were a few moments of excitement. I had to throw a couple of nobles into prison for plotting against the throne, and in one case that led to a short war between England and the Duke of Lancaster, who at that time was the most powerful vassal in the realm. Another noble agreed to refrain from assassinating my heir once I asked her politely. "

アプリア公

 開始早々、妻が私を毒殺しようとしてきた。その時3つの選択肢から、自分は彼女を殺しトスカーナ女公(マチルダ)と結婚することを選んだ。私はカプアに臣下となることを要求し彼らはそれに従った。少したった後、メッシナとシラクサに戦争を仕掛け勝利した。私はシチリア王国を建国し、幾度ものムスリムからの攻撃を撃退した。

"Right after the start my wife tried to poison me - from the three options i choose to kill her and married the Duchess of Toscana (Matilda). I offered Capua to become my vassal and they accepted, short after that i declared war on Messina and Syracuse and won. I created the Kingdom of Sicily and fought back several Muslim attacks.

 我が家の最初の支配者が死に、選抜法の下で2人目の妻(マチルダ)と一緒にいた唯一の息子が新たな王となり、同時にトスカーナ公となった。その後、パレルモを要求し主張を攻撃するのに十分協力になったと感じ、サレルノ・ナポリ・パレルモ・トラーパニを含む全首長領を臣下として手中に収めた。これは悪いほうへ流れた。なぜかというとすべての都市はいまだに、当然ながら私を憎んでいるムスリムが君臨していたからだ。

My first ruler died and through elective law the only son with his second wife (Matilda) become the new King and also the heir of Duchy of Toscana. After that I felt strong enough i claimed the County of Palermo and attacked the Sheikh, and I got his whole Sheikhdom including Salerno, Napoli, Palermo and Trapani as vassals. This was a very bad move, because all the cities and so were still reigned by muslim which hated me of course...

私は彼らの称号を剥奪しようと試み、彼らの称号を手に入れるためにいくつかの戦争を戦い、そしてこの間にほかの臣下も私を憎むようになった。

I tried to revoke their titles and fought some wars with them to get the titles and through that my other vassals began to hate me too.

 最後にマチルダが死に、私は、フィレンツェ・スポレート・ブレシア・サルデーニャ・コルシカ・ローマに他の国々を含む広大な領地を手に収めた。

To cap it all, Matilda died and i got the very huge land of her, including Firenze, Spoleto, Brescia, Sardinia, Corsica, Rome, and several other counties...

 マチルダは神聖ローマ帝国の臣下で、皇帝は旧マチルダ領の喪失にとても慌てたため、1115年皇帝は私に宣戦布告し1118年いくつかの臣下が独立を宣言した。

Matilda was a vassal of the HRE and the Emperor was very upset about the loss, in 1115 he declared war on me and in 1118 several of my vassals declared their independence.

 私は必死に戦ったが、すべての敵に勝利することはできなかった。

I fought very hard but could not win against them all... "

 これは、今プレイしているゲーム内の王のスクリーンショットだ。

Here is a screenshot from a game King is currently playing..

スクリーンショット

次回-第13回


*1 この部分の翻訳は無理でした

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-01-08 (日) 23:47:36 (2083d)