CK2

前回-ビデオ開発日記2

引用元:http://forum.paradoxplaza.com/forum/showthread.php?547990-Crusader-Kings-II-Dev-Diary-10-Combat

戦闘

 開発者日記を書く1か月ごとの楽しい時が帰ってきた。先月、私は策謀と陰謀について触れたが、やはりそれについてはしばらく控えようと思う…その代わりにユニットと戦闘面のシステムについて話そうと思う。

Time again for my monthly (well, roughly) pastime of developer diary writing! Last month, I might have mentioned plots and intrigue, but I think I'll hold off on that a bit more... Instead, let's talk about units and the combat system.

 Crusader Kingsのように、ユニットはサイズの変更と混成ができる。各ユニットは7種類の兵種(軽装歩兵・重層歩兵・軽騎兵・騎兵・弓兵・騎馬弓兵)を組み込むことができる。ほとんどのユニットは以前触れた集落(城や教会・都市)から供給され、その規模と構成はそれらの集落の成長度合いによる。その他のものは傭兵団や騎士修道会に属している。ユニットは各々自立しており、統合したりより小さな集団に分割できない。だがもちろん、軍の中で複数のユニットをグループとすることはできる。基本的なシステムは元祖Crusader Kingsをプレイした人にはお馴染みのものであるはずだ。

Like in the first Crusader Kings, military units are of variable size and composition. Each can contain any number of each of the seven troop types (light and heavy infantry, pike men, light cavalry, knights, archers and horse archers.) Most units are raised from a corresponding settlement (castle, church or city), their size and composition dependent on the improvements constructed there. Others belong to a mercenary group or holy order, etc. Units are discrete and cannot be merged or split into smaller parts, though of course they can be grouped together in armies. The basic system should be familiar to anyone who has played the original Crusader Kings.

スクリーンショット

 だが、戦闘は私たちが作ったほかのゲームのものと異なる。ユニットがより大きな軍の中でグループ化されると、各ユニットは左翼・中央・右翼の3つの翼軍の一つに従事する。この分割は自動的に行われるが、プレイヤーの考えで調整することができる。戦場では、各翼軍は分かれて戦い―通常は敵軍の対応する翼軍を相手にすることになる。翼軍官の戦闘は3段階(遭遇戦・混戦・追撃戦/撤退戦)からなる。自軍の中央軍が混戦で足止めされている一方で、左翼軍が敵右翼軍と遭遇戦を戦っている最中ということもあり得る。7種類の兵種はそれぞれ異なった強みと弱みを持つので、弓兵は遭遇戦に適し、騎兵は混戦に適するということになる。各翼軍の将(キャラクター)は何がしかの戦術を採用する。この戦術は彼の翼軍が混戦へと積極的に向かうかむしろそれを避けようとするかを決める。敵翼軍が崩れると、敵軍は撤退を始め自軍では追撃戦の段階が始まる。この段階が長引けば長引くほど、偶発性は減少する。だが他方で、追撃軍は敵軍の残りに対する攻撃の支援ができないだろう。これもまた翼軍指揮官の決定打。戦闘戦術はRomeの戦闘イベントに似ているが、それよりもより進歩したものだ。(戦闘戦術は完全に改造可能だ)

Combat, however, is different from our other games. As soon as they are grouped together in a larger army, units are are assigned to one of three positions; left flank, center, or right flank. This is done automatically, but can be altered manually by players so inclined. On the battlefield, each position fights separately - normally against the corresponding part of the enemy army. Combat between positions is divided into three phases; skirmish, melee and pursue/flee. My left flank can be skirmishing against the enemy's right flank while my center is locked in melee, etc. The seven unit types have different strengths and weaknesses, so that for example archers excel at skirmish and knights at melee. The leader of each flank (a character), will pick combat tactics, which determines if his position should strive to close for melee, or avoid melee, etc. When an enemy position breaks, it will flee, and the pursue phase ensues. The longer the phase lasts, the more losses that contingent will sustain, but on the other hand, the pursuing force will not be assisting against the remaining enemy positions - also a tactical decision by the flank commander. Combat tactics are similar to the combat events of Rome, but more developed. (Btw, combat tactics are fully moddable.)

スクリーンショット

 戦闘戦術から話を変えるが、より伝統的な戦闘イベントもある。例えば、指揮官がけがをしたり殺されたり投獄されたりしたり、指揮官の軍事スキルが増進したりする。包囲はお馴染みの手順で行われるが、道徳の喪失と異なる戦闘戦術が用意されていることを強調しておこう。高い陰謀能力を持つ指揮官は幾人かの守備側の者を買収し門を開かせることすらできるかもしれない。艦隊はどうだろうか?CKとは違いCrusader Kings ⅡではRomeのガレー船団のように船団が存在する。艦隊は普通の艦船徴兵のように海岸プロヴィンスで供給されるが、できることは軍隊の輸送だけで海戦や海上封鎖をすることはできない。(大規模海戦はこの時代では殆どなかったと言われている)

Apart from combat tactics, there are also more traditional combat events, for example when commanders get wounded, killed or imprisoned, or when they improve on their martial skills. Sieges work in a similar fashion, but emphasizing morale loss, and with a different set of combat tactics. A commander with a high Intrigue skill might even manage to bribe some defenders into opening the gates. What about fleets? Unlike CK, ships do exist in Crusader Kings II, similar to the galleys in Rome. They are raised like normal troop levies in coastal provinces, but can only be used to transport troops - not to fight or block straits (large scale naval battles in the period were rare to say the least.)

スクリーンショット

 おっと、軍隊が勝利を収めたときのことに触れるのをほとんど忘れていた。勝利をおさめると全ての指揮官が栄誉に浴し威信を増す。それに対し、敗戦の恥は威信を失う結果をもたらす。だから、地震で群を進める決断は威信をもたらすかもしれないが、当然のことながら戦争は危険な生業だ。

Oh, I almost forgot to mention that if an army is victorious, all commanders will bask in the glory and gain prestige. Conversely, the shame of defeat results in prestige loss. So, choosing to lead the army yourself can be profitable in terms of prestige, but of course, war is a dangerous business...

 ではこの画像を楽しみながら次の8月の開発者日記まで待っててくれ。

Enjoy the screenies and stay tuned for the next dev diary - sometime in August.

次回-ビデオ開発日記3


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-01-08 (日) 18:50:37 (2083d)