CK2

前回-第7回

引用元:http://forum.paradoxplaza.com/forum/showthread.php?535320-Crusader-Kings-II-Dev-Diary-8-Religion

宗教

 今日は今月最初の火曜日だから、星々がCrusader Kings Ⅱの開発者日記の新たな入り口に現れる。神は喜んでおられ、啓示が下るだろう。まあ、わが友よもうそろそろまじめに戻って宗教についての話をしよう。このゲームは中世を扱っているので、宗教は明らかに大きな役割を占めている。

It's the first Thursday of a new month, and the stars just happen to be exactly right for a new entry in the Crusader Kings II developer diary! God willing, it will be an enlightening one. Yes, my friends, it is time to get serious and talk about religion, and, being a game about medieval times, religion obviously plays a huge part.

 CK2には、キリスト教、イスラム教、異教の3つの宗教グループがある。各宗教グループは主要な宗派(カトリックと東方正教など)と異端(ワルドー派やボゴミル派など)を含む。そして、特定の宗教は、自らを他の宗教と分ける一定の特色をもつ。たとえば、カトリック教徒は、人々を破門したり十字軍を呼び掛けることができる信徒の長(教皇)の下にある。教皇はまた、まれにだが離婚や特別な開戦事由を聞き入れることがある。支配者は教皇からの破門や離婚・侵略のための開戦事由を求めることができるが、それにはたくさんの善行が必要なうえ教皇が高い敬意を払うべき程のことを必要とする。

There are three groups of religions in CKII: Christian, Muslim and Pagan. Each group encompasses the main religions (e.g. Catholic and Orthodox) and their heresies (Waldensian, Bogomilist, etc.) Now, the specific religions have certain characteristics that set them apart from each other. For example, Catholicism has an independent chief pontiff (the Pope) who can excommunicate people and call for crusades. He can also, on rare occasions, grant a divorce or a special Casus Belli. Rulers can request excommunications, divorce or an invasion casus belli from the Pope, but it will cost them a lot of Piety, and requires that the Pope hold them in high regard.

 だが、もしかしたら最も注目を集めるカトリック教会の特徴は僧侶の叙任式かもしれない。王などが聖職者を召喚すると、領地が聖職者の手に渡りうる。(裕福な修道院タイプの男爵がこの手のものだ)聖職者が抑えている土地からの収入は教皇のもとへ行き、聖職者が仕えている世俗の支配者のもとへは行かない。だが、公爵級の聖職者が教皇よりも自らの領地を重視するようなことがあると、その聖職者は代わりに自らの領地に税金を注ぎ込むようになる。(そしてこの聖職者の軍の徴収量が増えることになる)この問題は、本来聖職者が教皇を引き立てようとする傾向があり、このことで国王が叙任法と呼ばれる法律を通過させられる。こういう訳で偉大で高貴な地位の新たな僧侶を自ら任命できるようになる。では、なぜ常に国王はこのようにしないのだろうか?なぜなら叙任法を制定し効果的に特別な教皇への服従を消し去ろうとする王を教皇が最も嫌うだろうからだ。さらに、対立教皇という手段もある。叙任法を制定しており十分な威信を帯びた国王は自ら教皇を擁立することができる。これが対立教皇だ。対立教皇を擁立すると、王国内のすべての僧侶が王冠に対し税金を払うことが保証される上に、王国内にいる人物に対して破門を下したり、(ただし王国外の者にはできない)離婚をしたりすることが出来るようになる。さらに、王国内のキャラクターは教皇の破門による影響を受けなくなり、擁立した対立教皇を好む海外の聖職者がこの対立教皇に税金を払うようになるかもしれない。(それゆえこの税金は擁立者の懐へと行く)だが、対立教皇は十字軍を宣言することはできない。

Perhaps the most central feature of the Catholic Church, however, is the investiture of bishops. As you probably recall, fiefdoms can be held by members of the clergy (the rich and juicy Temple type baronies in particular). The income from these holdings normally goes to the Pope and not the secular liege of the bishops. However, if the Prince-Bishop happens to like his liege more than the Pope, he will instead pay taxes to his liege (and allow his troop levies to be raised.) The problem is just that the clergy naturally tends to favor the Pope, which is why kings can pass a law called Crown Investiture. This allows them to appoint new bishops who are appropriately grateful and loyal. Why not just do this all the time then? Because the Pope will be most displeased with kings who have passed this law, effectively barring them from any special Papal favors. There is a way around this problem too though: antipopes. Kings with Crown Investiture and high enough Prestige can set up a Pope of their own; an Antipope. This will ensure that all of the bishops in the kingdom pay taxes to the Crown, and will allow the king to excommunicate characters within the kingdom (but not outside it), arrange divorce, etc. Moreover, characters within the kingdom are immune to excommunication by the Pope, and foreign bishops who prefer your antipope might actually pay taxes to him (and therefore to you.) Antipopes cannot call for Crusades, however.

 欠点として、対立教皇の擁立や存在による害悪は、自身の宗教の道徳的権威の毀損だ。道徳的権威の値は、どれだけその宗教が尊敬されており、どれだけの信仰心をもっているかを代表している。この値が低下した場合、教皇はもはや十字軍を宣言できなくなり、異端が拡散し始め、さらにはキャラクターとプロヴィンスが容易に宗教を変えられなくなる。よきゲームプレイの心と魂は二律背反、こっちが立てばあっちが立たずの関係だ。

Another downside is that the setting up - and existence of - antipopes harms the "Moral Authority" of your religion. This value represents how respected the religion is and its general hold over the faithful. When the value is low, the chief pontiff can no longer call for Crusades, heresies start to run rampant, and characters and provinces will not convert to the religion easily. It is all a trade-off, and trade-offs are the heart and soul of good gameplay.

スクリーンショット1

 ほかの宗教に関してはどうだろうか。東方正教では、信徒の長はコンスタンティノープルの世界総主教であり、ビザンツ帝国皇帝の臣下の立場にある。東方正教では叙任権闘争は無く(教会税は世俗の支配者のもとへ行く)総主教は十字軍を宣言することができない。だが、総主教はキャラクターを破門すること、開戦事由を認めること、離婚を成立させることは出来る。異教は信徒の長を持たず、何ら特別なメカニズムも持たない。二つのイスラム教の宗派(シーア派とスンニ派)は東方正教と似ているが、カリフ自身が信徒の長であり、聖戦を宣言することができる。

What about the other religions then? Well, in Orthodox Christianity the chief pontiff is the Ecumenical Patriarch of Constantinople, and he is vassal to the Byzantine Emperor. There is no investiture conflict (church taxes go to the secular liege) and the Patriarch cannot call for Crusades. However, he can excommunicate characters and grant CBs and divorces. Pagans have no chief pontiff at all and lack all the special mechanics. The two Muslim religions (Shi'a and Sunni) resemble Orthodoxy, but the Caliph himself is the chief pontiff, and they can call for Jihad.

 今のところはこれがすべてだ。そのうち、異端についての話もしていこうと思う。では次にまた会おう。

That's all for now. At some point I will talk more about heresies. Until next time!

スクリーンショット2

次回-ビデオ開発日記


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-01-06 (金) 17:17:36 (2145d)