CK2開発日誌 - 第1回 人物の肖像画 - 第2回 男爵と集落 - 第3回 法 - 第4回 即位番号 - 第5回 地図

引用元:http://forum.paradoxplaza.com/forum/showthread.php?519481-Crusader-Kings-II-Dev-Diary-5-The-map

地図

みなさんこんにちは、私はCresader Kings IIのプログラマのひとり、Tegusです。CK2の第5回目の開発日誌、そして私の初めて書いた開発日誌にようこそ。今回の開発日誌では、地図について少し…また、なぜ我々が地図を改良しようと思ったかを話そうと思っています。

Hello everyone, I'm Tegus, one of the programmers working on Crusader Kings II. Welcome to the fifth dev diary for CK2 and the first one written by me. In today's dev diary I'm going to talk a bit about the map and why we've chosen to implement a new one in CK2.

みなさんがご存じのとおり、我々のゲームでは「地図」というのは情報を示すにもゲームの雰囲気を決めるにも重要な道具です。HoI3では、戦争のゲームに適当だと思った灰色の地図を使いました。Victoria2を製作するとき、この地図をほんの少し書き換えただけでしたが、地図の色は時代の進歩を活写するために鮮やかな色にしました。我々はみなEU3のグラフィックを手直しする必要を感じていたので、この地図は次にDivine Windで使うことになりました。ここまでに触れたゲームにおいて、この地図の技法はすばらしいものに見えていましたが、その一方で、そこには私たちが改良したかった、または取り除きたかったある技術的な制約があったのです。

As you all know, in our games the map is an important tool for both displaying information and setting the mood of the game. In HoI3 we had a grayish map that we felt was appropriate for a war game. We took this map and altered it slightly when making Victoria 2, but this time the map was drawn with vivid colors to portray the progress of the era. The next game to use the map was Divine Wind because we all felt that EU3 was in need of a graphical face lift. While this map technology looked good in the mentioned games, there were certain technological limitations which we wanted to improve upon or get rid of.

CK2については、我々はゼロから地図のためのグラフィック・コードを書き直すために時間を費やしてきました。我々はEU3:Romeで一度用いたものに似た、シンプルな3Dの地図に立ち戻りました。我々は位相学を可視化したものでもって、(文字どおりの意味で)みなさんの好きなように世界を回転させてみることを可能にしました。技術にしろ美しさにしろ決定的なものではありませんが、我々はこの新しい地図が大いなる可能性を秘めており、我々がビジュアル面での到達目標に向かう上で大きな一歩になることを強く感じている次第です。うまくいけば、この新技術はさまざまなゲームに用いられます。そうすれば、我々は技術をさらに着実に改良することができるのです。

With CK2, we have devoted time to rewrite the graphics code for the map from scratch. We are back to a pure 3D map similar to the one used in EU3:Rome. We have visible topology and you will be able to rotate the world around the way you please. While neither the technology nor the art assets are in any way final, we do feel that the new map already has great potential and is a big step in the right direction towards our visual goals. Hopefully this new tech will also span multiple games, so we can steadily improve it.

公平を期すために言っておきますが、もし私が地図についてこれまでにしてきたことを説明してしまうと、それは本当にに技術的なわけのわからない文章になってしまうので、その詳細はなしにしておきます。代わりに、改良されたビジュアルの詳細や、ゲームの発売の前までに我々がしておきたいことに注目してみましょう。

To be fair, if I would describe what we have done with the map so far, it would just be sentence after sentence of technical mumbo-jumbo, so I'll spare you the details. Let's instead focus on what visual details that have been improved and what we want to add before the game is shipped.

我々は、水面の見た目に大きく手を加え、屈折の表現を加えました。なので、実際に海面の下の地形まで見ることができるでしょう。Aerieは現実の地理のデータを確認する時間を確保していて(我々はそれに多少誇張を加えたのですが)、確かにそのデータは地形ににすてきな印象を与えてくれています。境界線はより滑らかに表示されるシステムを使っており、以前のぎざぎざの表示の多くはなくなりました。我々は詳細なモデルを実験し始めていますが、商品を世に出すまで改良を続けていくつもりです。もうひとつの素敵な特徴(これは地図の一部分にとどまりません)はユニットです。その服装には、ユニットリーダーの紋章があしらわれています。

We've improved the looks of the water significantly and added refraction so you can actually see topology under the ocean surface. Aerie has taken the time to find real-world topology data(although we've exaggerated it somewhat), it definitely gives a cool feel to the terrain. Borders have also gotten some love and now use a new system which enables us to make them much smoother. Much of the previous jaggedness is gone. We've also begun to implement and test a more detailed lighting model, which we will continue to improve upon until we release the game. Another cool feature(which isn't really part of the map) are the units, whose tabards now show the heraldic flag of the unit leader.

しかし、まだ欠けているものもあります。木々や川も必要ですし、プロヴィンスや地方の名前も必要です―我々の最新のゲームの全てで、これらは登場しているのです。境界線により多くの意味を与えるため、地方の境界線は地方を表す色で彩られます。もちろん、我々はもっと多くのことをやりたいと思っていますが、まだ私は秘密を漏らそうとは思っていませんよ。

But there are still some things which we're missing. We need trees and rivers. We need to add province names and realm names, which exist in all our latest games. I'd like to add more information to borders, so borders between two realms are colored by the realms' respective colors. There are of course lots of more things we want to do, but I won't spill the beans just yet.

結局のところ、我々は新しい地図の様式にとても満足しています。きっと、みなさんがゲームをプレイした時にも、同じように楽しんでいただけるでしょう!

Crusader Kings II 上級プログラマー Fredrik Zetterman

All in all, we are very happy with the way the new map is coming along.
Hopefully you will enjoy it as well once you get to play the game!

Fredrik Zetterman, Deluxe programmer, currently working on Crusader Kings II


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-04-16 (土) 09:30:51 (2350d)