CK2開発日誌 - 第1回 人物の肖像画 - 第2回 男爵と集落 - 第3回 法 - 第4回 即位番号

引用元:http://forum.paradoxplaza.com/forum/showthread.php?509204-Crusader-Kings-II-Dev-Diary-3-Laws

まさに冬、 氷符Ice-Fearこそは恐るべきもの(あっこれは分かる人には分かるよね)*1

Winter is here and the ice-fear is very cold (now there's an obscure reference for you).

今日の日記では中世の法学についてみっちりやることになるだろうなと思ってた。正直、法律の機能はEURoma: Vae Victisとほとんど同じだ。ただしCK2では二つの異なったタイプの法律がある。ひとつはキャラクターの実際の所領に適用される法律(de facto 実効支配領域にかかわる法、ディミーン・ロー/所領法)。もうひとつは古来からの伝統的な王国領域における全構成員に適用される法律(de jure 制度的領域にかかわる法、キングダム・ロー/王国法)だ。

For today's diary, I thought that we might immerse ourselves in medieval jurisprudence. In practice, the laws function in much the same way as in Rome: Vae Victis, but in Crusader Kings II there are two different types of law; one that applies to a character's actual demesne (de facto, or demesne laws) and one that applies to everyone within an ancient traditional kingdom (de jure, or kingdom laws.)

所領法は継承、税率、カウンシルの運営*2などをあつかう。あらゆるプレイ可能なキャラクターは所領法を好きに変えられる。一方、王国法は都市民、貴族、聖職者、農民の自由、権利、義務をあつかう。王号の所有者だけが王国法を変えられる。王国法は、王号所有者がそのプロヴィンスを直轄しているかどうかにかかわらず、王国の地理的領域すべてに有効だ。(たとえばCKで、制度的な「公国」と制度的な「王国」が固定されていて、[それらの称号に属する]地理的領域は決して変動しないようなものだ)

Demesne laws cover things like succession, tax levels and how the council operates. Any playable character can fiddle around with his own demesne laws. Kingdom laws cover the freedoms, rights and obligations of burghers, nobles, clergy and peasants. Only the holder of a Kingdom title is allowed to change these laws, and they will affect the whole geographical kingdom, regardless of whether a province is actually under its de facto control. (Like in Crusader Kings, de jure duchies and kingdoms are static, geographical entities that never change.)

したがって、プレイヤーがたとえばノルウェー=デンマーク王だったなら、彼はそれぞれの王国法をいちいち変更しなければならない。面白いのは、継承のうち王国レベルの継承についてだけは、[王国法と同じく]王国ごとにあつかわれるという点だ。つまりノルウェー王国が選挙法でデンマーク王国が長子相続ということもあり得る。こうなると、ノルウェーの公爵たちは現王の第一王子でない別の継承者を次期ノルウェー王に選ぶかもしれず、かくして王国は分裂するのである……。

Therefore, a player who is, for example, king of Norway and Denmark must change de jure laws separately per kingdom. To make things even more interesting, succession at the kingdom level (and only at the kingdom level) is also handled per kingdom, so Norway might be an elective monarchy while Denmark has primogeniture. Thus, the Norwegian dukes might elect another successor to the throne of Norway than the oldest son of the current king, which would split the kingdoms apart...

継承法について。これらはCKのものと微妙に異なっている。CK2のほとんどの継承法は親族継承(コグナティック*3)にも男系継承(アグナティック*4)にもできる(継承法そのものと親族/父系の選択はそれぞれ独立している)。CK2の継承法は次のとおり。
長老継承(シニアリティ):一族で最年長のものが継承
長子継承(プライモジェニチュア):最も年長の男子が継承
選挙法(エレクティヴ):現王および公爵たちによる互選
均分相続法(ガヴェルカインド):すべての称号を現支配者の男子たちが分け合う
トルコ式(ターキッシュ)*5:後継争いが起こるが、封臣は離反しない
共和国式(リパブリカン):ランダムで封臣と廷臣のいずれかが継承。共和国用
カトリック司教領式(カソリックビショップリック):教皇の人選を無視して主君が後継者を指名できる

Speaking of succession laws, they are slightly different from the ones in Crusader Kings. In Crusader Kings II, most succession laws can be either cognatic or agnatic (that choice is a separate law.) These are the succession laws of CKII:
Seniority (oldest man in the dynasty succeeds)
Primogeniture (oldest son succeeds)
Elective (the current king and the dukes each nominate a successor)
Gavelkind (all titles are divided among the sons of the ruler)
Turkish (a succession crisis is almost guaranteed, but the vassals are content)
Republican (a random vassal or courtier succeeds; used for republics, etc)
Catholic Bishopric (the liege lord can override the Pope's choice by nominating his own successor)

こんなもんかな。まだまだゲームが完成するまで相当かかりそうだが、現時点での法律インタフェイスのスクリーンショットだけでも見せておこう(まだこれは決定版ではないことを覚えておいてほしい)。このスクリーンショットでは、幼い公爵に正当な後継者(エーア)がいないため、王が公領を相続する立場にある。公位要求者(プリテンダー)とは第二継承者と第三継承者にあたるキャラクターのことだ。

That's all for now. The game is still a very long way from being finished, but I can at least offer you this screenshot of the current Law interface (though bear in mind that it is still very much subject to change.) In the screenshot, the king stands to inherit the duchy, because the young duke has no legal heir. "Pretenders" are the second and third characters in the line of succession.

それじゃまた。メリークリスマス・アンド・ハッピーニューイヤー!

Until next time, I bid you a very merry Christmas and a Happy New Year!


*1 Doomdark's Revengeというゲームにおける強力なウェポンらしい。 http://en.wikipedia.org/wiki/Doomdark's_Revenge
*2 男爵たちのコントロール?
*3 娘の男孫にも相続権有り
*4 娘の男孫には相続権無し
*5 オスマンの兄弟殺しが元ネタ

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-03-04 (金) 05:34:25 (2454d)