CK2

前回-第13回

翻訳元:http://forum.paradoxplaza.com/forum/showthread.php?563219-A-small-Crusader-Kings-Beta-AAR-4th-of-October-2011

4th of October 2011

 今日の午後は、新しいイベントの連鎖がどのように動くかお見せするためにCK2をプレイしていた。結果は素晴らしいものだったので、君たちと共有するべきだろう。

I was playing CK2 this afternoon, to see how the new eventseries are working out.. It just turned out so brilliantly fun, that I had to share it with you guys.

 私はブルターニュ公コナンで始め…コナンはたった一人の庶子がいるのみで後継ぎがいなかったので定石を採ってトスカーナのマチルダと結婚した。

I started as Conan, Duke of Brittany... I did the usual tactic of marrying Matilda of Tuscany, as I had only a bastard son and no heir.

 まずゆっくりと経済を築くことにした。この際どこに最初の建築物を建てるかは重要ではないのでそうしていると、庶子の半分だけ血の繋がっている兄弟のジョフロワ(Geoffroy)が妻をめとりたいと言い出した。そこで私は彼に嫁を見つけてくると約束し、自分の宮廷内からトマッス=ド=ドル(Thomasse de Dol)という名前の若い娘を見つけてあてがった。

I was slowly building up my economy, fiddling about with where to build the first upgrades and so, when by bastard half-brother Geoffroy asks me for a wife. Well, I promise him one, and goes finding a young woman named Thomasse de Dol in my court.

 それから数カ月たったのち、私が忘れかけていたこの兄弟がまたも私を悩ませた。彼は、自分の妻が自分に不義を働いているというのだ。私は特質に信を置いていたので、「何事もないではないか」と言って彼の訴えを退けた。…そしたらトマッスは私の判断を喜んだ。

Just a few months later, my slightly annoying brother bothers me again. He claims his wife is cheating on him. Since I have a trusting trait, I dismiss him, saying nothing happened... So Thomasse becomes very very happy with me.

 喜びのあまりあっという間に彼女は私に…求め始め、一事が万事数カ月したら彼女のお腹が大きくなりだした。

So happy that she a little while later flirts, and one thing leads to another, and a few months later her belly starts growing.

 それと時を同じくして、我妻が私の嫡子ベノワ(Benoit)を生んだ。だが公爵ともなると心配しすぎるということはない。この時代子供は自然に死んでいく―背後からのナイフ、肺にたまる水、高いところからの落下…

At the same time, my wife gives birth to my heir, Benoit, but a Duke can never be too careful, children tend to die to lots of natural causes like knifes in the back, too much water in their lungs, or falls from high places..

 だから兄弟の妻が庶子を生んだときには、スペアの跡取りとして…すぐにエムリー(Aimery)を認知した…

So when my brother's wife gives birth to the little bastard, I quickly legitimise Aimery.. As a backup heir..

 これは我妻と兄弟には屈辱だった…

This pisses of my wife, and my brother...

 だが私は公爵だ。自分に逆らえるような者などいないと心得ていた…

But I'm the duke, I know that there is not much they can do against me.. .

 数年がたち、トマッスが野望の特質をもつ兆候が現れた…密偵頭が、トマッスが息子を私の跡取りとするためにベノワを亡き者としようと画策しているという証拠を携えてきた。私は公爵であり領内で誰が生きだれが死ぬかを決めるものは自分だ。当然彼女は監獄行きとなった。

A few years goes by, and then Thomasse shows why she has an ambitious trait.. My spymaster has proof that she is plotting to have Benoit dead so that her son will be my primary heir. Since I am duke and I decide who lives and dies in my realm, she goes to prison.

 一方フランス王が、自分はブルターニュ公になるべきだと考え、我が軍を戦闘で撃破し征服した。そしてフランス王は私の領地を削りヴァンヌ伯に落としフランスの封臣として組み込んだ。

Meanwhile, the King of France thinks he should be Duke of Brittany so he crushes my armies on the battlefield and conquers me, reducing me to the Count of Vannes, and part of France.

 そして邪悪で陰湿な攻撃行為は続き…マチルダがベノワ…彼女の最年長の息子の毒殺の背後にいる証拠があると密偵頭が報告した。彼女はエムリーを殺そうとしているとみられ、私は彼女を同じよう監獄へ放った。

Now this evil backstabbing deeds does not end there.. As my spymaster tells me there is proof that Matilda is behind poisoning Benoit.. Her oldest son. It seems her attempt to kill Aimery backfired, and I had to put her in prison as well.

 これは全くよいことではない。ベノワはそう時間を経持してなくなり、エイメリーが我が国を継ぐ跡取りとなった。だが、彼の兄弟にあたるノミノエ(Nominoe)はトスカーナを継承することになっている。

Thats not really nice, as Benoit dies not long after it, and Aimery is now my heir, to my counties, but his brother Nominoe will inherit Tuscany.

 これは現在どんな感じかという小さなスクリーンショットだ。

Here's a small screenshot of how it looks currently.

スクリーンショット

次回-第14回


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-01-08 (日) 18:57:42 (2143d)