プレイレポ

ルーシ年代記

ロシアのキエフ公爵でプレイし、ロシア・ツァーリ国の版図を目標とするAAR

 

初めに

弐度目のプレイにして何故かプレイレポを記す

 シナリオ Hastings(1066)

  難易度 簡単
  好戦性 弱腰

  封臣はできるだけ多くなるようにする

 プレイ目標・・・・・・イズヤスラフ系ルリコヴィチ家の存続

 13世紀までに達成したい 
  ・リトアニア=ルーシ王国の建設(1126年リトアニア王・1221年ルーシ王)
  ・ビサンティン帝国になり代わり正教圏の盟主へ(1299年ビサンティン皇帝)

 

ルリコヴィチ家[略史]

     *イズヤスラフ以前のルリコヴィチ家
   ノヴゴロドやキエフにおけるルリコヴィチ家の当主は次の面々
       ルリク830-879[ノヴゴロド公]
       オレグ?-912[キエフ公]ルリクの親族
       イーゴリ877-945[キエフ公]ルリクの子
       スヴャトスラフ942-972[キエフ公]イーゴリの子
       ヤロポルク961-980[キエフ公]スヴャトスラフの子
       ウラジーミル958-1015[キエフ公]スヴャトスラフの子
       スビャトポルク980-1019[キエフ公]ヤロポルクの子
       ヤロスラフ985-1054[キエフ公]ウラジーミルの子
  この間ルリコヴィチ家は内紛でヤロポルクが敗れてウラジーミルが即位した。
  他にもウラジーミルの晩年に息子ヤロスラフと対立、内戦がおこるなど波乱もあった。

  ・1066年当時ルリコヴィチ家で公爵在位の者は次の通り。
       イズヤスラフ(ヤロスラフの子)
       スヴャトスラフ(ヤロスラフ子)
       ヴセヴォロト(ヤロスラフ子)
       ムスティスラフ(イズヤスラフの子)
       ウゼスラフ(ヤロスラフの兄の孫)
  
  イズヤスラフ系ルリコヴィチ家は生き残る事ができるのか 

キエフ公イズヤスラフ[1054-1099]

キエフ公スヴャトポルク[1099-1110]

キエフ公グリゴリィ[1110-1117]

キエフ公/リトアニア王フェドール[1117-1126-1133]

リトアニア王パヴェル[1133-1182]

リトアニア王スヴィアトスラフ[1182-1196]

リトアニア王コンスタンティン[1196-1235]

リトアニア王イゴール?[1235-1239]

リトアニア王エリク?[1239-1257]

リトアニア王ダニロ?[1257-1262]

リトアニア王アンドレイ?[1262-1264]

リトアニア王ヴィアチェスラフ?[1264-1305]

リトアニア王ラドスラフ?[1305-1332]

王の急死そして混沌?[1332-1333-]

【大王】ドミトリ?[1333-1389]

その後のリトアニア=ルーシ王国?[1389~]


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-07-20 (水) 23:51:14 (2315d)