九代目-Leopold 1199-1241

08RheinfeldenLeopold.png

余はLeopold2世なり〜(適当)

概要

家系図

(分割すると逆にわかりにくいとおもった)

Schwaben伯PeterMarkuardに受け継がれてません。
反乱後にItaly王に取り消されたんだろうか
おのれーかたきはとってやるぞー(棒読み)

Milano公継いでるやつがいますが
乗っとれる気づいてたんだけど、直系は引き継げないだろうなーって諦めて結婚させた。
Rheinfelden家の男が増えすぎて近くの嫁候補がなかなか見つからん。

1199-ドイツ情勢

08TOPMAP-GERMANY.png

三王国統一といってもかつてのGermany王国とは比べものにならないItaly王国

1199-Italy王国情勢

08TOPMAP-Italy.png

なんかSaxony大公領って見るたびに変わってる…

評判はクソ悪いが、一番戦いたくないItaly王の属国になっていれば問題なし。
そもそも暗殺しまくって講和したあんときにArdennes朝に忠誠を誓っていれば良かったのかもしれない。
独立してるのがいいってわけではないって好例。
属国相手に宣戦する宗主様もいるわけだけど。

1199-Swabia大公領

08Swabia.png

みごとにばらんばらんになった領土

戦乱によって全領が略奪されており、長い間占領下におかれたせいで多くの施設が倒壊している。

そしてLeopold2世08iconLeopold.pngの能力。

08Leopold.png

………

いいわけさせてほしい。
家系図で見て分かるようにかなり廷臣が増えている
家系以外にも廷臣にRheinfelden家の娘をあてがって増やしてる。
その上こちとら戦乱のさなかだったわけで
ガキの面倒なんていちいち見きれない。
そうなるともう教育方針の決め方は能力の一番高いのを優先するようになる。
このLeopold08iconLeopold.pngは素の軍事能力が10もあったもんだからこうなってしまったのだ…

そして評判が悪い。
つまり息子を封臣させて継承順をあげることもできないから
軍事17のLeopold08iconLeopold.pngより後継を前にすることができないという*1

次点の奴でも 陰謀:管理=9:5だけど

Leopold2世08iconLeopold.pngの陰謀能力の影響、王ボーナスを失ったこともあって統治効率は59%
管理能力の影響で収入/月が20前後
五代目Friedrichのとき(1113-1144)の1/3である。

とりあえず属国の身分を利用して領土復興、評判回復にいそしむ。

プレイ開始

屈辱の日々

Leopold2世08iconLeopold.pngには領地の復旧という急務があったのだが
Italy王Kuno1世は従来の税制を変え、君主税を馬鹿みたいに増やす。
これのせいで実質の収入/月が2ほどになる
さらにKuno1世Leopold2世08iconLeopold.pngはただでさえ相性が悪く
Kuno1世の外交能力も低いので忠誠/月は−2を前後

君主税が高い→忠誠が下がるし、収入が下がる→収入が低くて貢げない→どんどん忠誠が下がる
のデスループにはまる。

ここで”忠誠を誓う”コマンドが宗主対しても使えることに気づく
こうして忠誠が下がったら”忠誠を誓う”で100まで忠誠を上げるという服従プレイを繰り返すことになる。

…この借りを必ず返すぞクソ野郎がっ……

王国の小さな傷

1196年に三国を統一し、
GERMANYにおいて並ぶ者がないKuno1世だったが
いまだにその権威に抵抗する者がいた。

Verona公である。

08Verona.png

Verona公Kuno1世Burgundy王国に攻めいったと隙にItaly諸都市を荒らしまわり、後方を危うくさせ
三王国統一後、返す刃でKuno1世Veronaの居城を占領されるも
領内に身を潜めたびたびVeronaに入ってくるItaly王国の官吏や少数の軍隊に襲いかかった。
平野での合戦を得意とするKuno1世は征服しあぐねていた。*2

このVerona公NicolauZahringen家の人間である。
Zahringen家とは過去Karnten大公としてこの地を治めていた。*3
その遺児であるNicolauには大義名分があった。
Nicolauは領民に呼びかけ徹底抗戦の構えを見せる。

 
08ItalyKuno.png

Kuno1世は幼くして父を失いItaly王位を継承。
そこにあるのは王国とは名ばかりの荒れ果てた領土、
武力で世に幅をきかせる偽王、反乱を続ける諸侯。
Kuno1世はGERMANY統一の悲願を成し遂げる者として
わずかに残った忠臣らの期待を一身に受け
身体に不自由を持ってうまれながら
乱れるGERMANYを統一するため軍事の英才教育を受ける。

そして成人したKuno1世は見事Italy・Germany・Burgundy王としてFranken家再興を果たす。
だが、幼いときに吹き込まれたGERMANY統一の悲願は
Kuno1世の心に反乱した諸侯らへの深い憎しみを植えつけた。
その中でも、統一に進み出したKuno1世の裏をついたVerona公への憎しみはひとしおだった。

 

1196年よりKuno1世は三国王となったが、
荒れ果てた王国に平穏をもたらすのではなく
その後も諸侯の兵を動員し、国庫のゴールドを戦費に変え、Veronaを征服するために30年もの年月を費やす。

ハートマン軍曹によろしく

Italy王はアホみたいなことしてて
こっちとしては収入もないし、兵も動員しなきゃだし(維持費は0だけど)
まったくいいことがない。

さらに後継者問題が深刻なものとなる
信仰+が欲しかったがためにLeopold08iconLeopold.pngに純潔Traitをつけたら
子供が三人しか生まれず、そのうち二人が死んで直系後継者一人
当主Leopold2世08iconLeopold.pngただいま36歳。妻は40歳。

そしてこいつが唯一の直系Albrecht

08RheinfeldenAlbrecht.png

……………

……うん。またなんだ…
いろいろ忙しかったんだよ…うん……ちょっと気がぬけてたんだ…

頭首のLeopold2世08iconLeopold.png(17,9,8,2)と比較するとどっちが上なんだろうか
戦争ができない状態なのにやけに軍事高いっていうダメっぷりならLeopold2世08iconLeopold.pngの方上だね!
でもAlbrechtも軍事教育終わったらLeopold2世08iconLeopold.png並に軍事上がるかもね!
そしたら外交が0のAlbrechtの方がダメダメだね!

ノーーーーー

でも妻暗殺はいやだし………

そして、このAlbrecht1227年にストレスから自殺。享年30歳。

……………………………………

…いや…これはチャンスかもしれない。

幸いAlbrechtには幼い息子がいたし
当主はなるべく代わらないほうが得だから
若い子の方が軍事バカに居座られるよりなんぼかましだろ。

さて、この孫の能力は……?

08RheinfeldenOttoBoy.png

………………………………………………………………………………………………………うん…

Friesland戦争

Kuno1世の三王国統一と同時期
Franken家の分家が相続しているFriesland大公国は異教徒と戦っていた。
とおの昔にFrance王国は滅亡し、その跡地にはSeljuk Turksの直轄領やその属国が巣くっていた。
Friesland大公国はFRANCE中原のAnjou大公国と同盟。
強大なる異教徒と激突し、キリスト教徒の領土を回復していった。

1220年のFRANCE

08Friesland.png

ところが1226年、Friesland大公国の当主Wenerが死ぬと
その子のMenhardは近親交配で障害を持っていた。

Menhardが継承したことに不満を抱いてか、
Friesland大公国の属国がItaly王国に鞍替えする
Friesland大公国はこのことをItaly王国に抗議。
Italy王国Friesland大公国の国境はにわか焦臭い空気が漂う。

いまだVeronaを征服できないKuno1世はこれを好機と取る。
Kuno1世は猟の延長のような戦争より、戦争らしい戦争をもとめていた。

1226年,Friesland戦争勃発

 
08ItalyKunoOld.png

この時、Kuno1世54歳。
4歳の即位からすでに50年がすぎた。
Veronaを鋭く見つめる精悍な顔には
三王統一をなしたときの幼い顔がひっそりと残っていた。
彼は、ゆっくりと顔をVeronaから背け
甲冑を身にまとった諸侯達を率い 北、Frieslandへとむかう。

農民達は、その姿に見入り、彼を”王のなかの王”とよんだ。

そして、これがFranken朝最後の瞬きとなる

08ItalyRank.png
 

1227年,Italy王Kuno1世、Frieslandにて戦死。

それが終わるとき

Italy王Ludwig5世。38歳。

08italyLudwig5.png

軍事能力ならKuno1世を凌ぐ。
そして父の名声も超えるという野心も十分に備えていた。
Ludwig5世はFriesland戦争を圧倒的な勝利で終わらせると決意。
Kuno1世の死に動揺する諸侯を抑えて軍を率い転戦、各地でFriesland大公国軍に勝利する。
しかし、戦乱中Friesland大公国の属国の多くは独立を宣言、
Italy王に忠誠誓ったり、あるいは抗戦したりと混沌とした状況になっていた。
もくろみに反し、Italy王Ludwig5世には分裂したFriesland諸国との泥沼の戦争に陥る。

そのさなか、1231年,Italy王Ludwig5世が主力軍の離れた不意をつかれ戦死。その治世わずか4年。

 

相つぐ戦争、諸侯への重い軍事費負担などの不満がこれを機会に爆発する。
同年、Veronaの近くのTreviso伯,Padua伯Veronaを解放、共にItaly王に反旗を翻す
Italy王国崩壊ののろしとなる、北イタリア動乱である。

翌年の1232年,Anjou大公国が突如Italy王国に宣戦布告する。
軍の大半がFrieslandに進駐していたこともあって
首都など北イタリアの主要都市は陥落。各所でAnjou大公国軍による略奪が行われる。

さらに1237年,新Italy王Hugo1世破門される。
同年、Saxony大公各地伯爵勢が反乱。

 

40年の安定は終わりItaly王国は動乱の時代へと入り込んでいく。

 
081237GERMANY.png
 
 

←八代目-Berthold に戻る

→十代目-Otto に進む

Rheinfelden家伝に戻る


*1 サリカ親族相続制では封土>軍事能力が継承順に影響される。
*2 以前あったのと同じようにクレームを持たないため併合できないらしい。
*3 三代目Rudolfを参照

添付ファイル: file08RheinfeldenFamiFULL.png 420件 [詳細] file081237GERMANY.png 135件 [詳細] file08italyLudwig5.png 133件 [詳細] file08ItalyRank.png 150件 [詳細] file08ItalyKunoOld.png 128件 [詳細] file08Friesland.png 127件 [詳細] file08RheinfeldenOttoBoy.png 133件 [詳細] file08RheinfeldenAlbrecht.png 139件 [詳細] file08ItalyKuno.png 140件 [詳細] file08Verona.png 136件 [詳細] file08Leopold.png 129件 [詳細] file08iconLeopold.png 143件 [詳細] file08Swabia.png 118件 [詳細] file08TOPMAP-Italy.png 134件 [詳細] file08TOPMAP-GERMANY.png 129件 [詳細] file08RheinfeldenLeopold.png 136件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-11-06 (火) 20:27:00 (3876d)