プレイレポ/聖ジョージアの騎士団

セルジュークトルコは十一世紀後半からビザンツ帝国の領土を侵食し、正教圏のキリスト教徒たちを恐怖のずんどこに落とし入れた。
ジョージア帝国はテイムラズ・バグラトゥニの代にカスピ海貿易の利権をおさえて強国となり、宮廷内乱のあともコーカサスの雄として六万人の動員が可能であった。
即位した王トルニクはビザンツと戦うセルジュークトルコを攻撃し、快進撃を続ける。
しかし内乱がふたたびジョージア王国を襲い、王国の前途には暗雲が垂れこめていた。

危機

天使)さっそくですが、神さま。

神)なんぞね。

天使)内乱の危機がつきました。

神)あばばばば*1

天使)まあ、5歳ですからねえ。どうしようもないですわ。

神)戦死する心配がないからどんどん反乱鎮圧の軍事作戦を行える。
 らっきー! わしってポジティヴ!

天使)はっは(失笑)。
 そらさておき神さま、臣下たちが法律を封建契約制に変更しろと迫ってきております。
 それからイベントで暴動が全土に拡散しております。
 借金返済のために建物が次々と接収されております。
 借金は-1200goldに達し、安定度はぐんぐん低下して-3の底をつきました。

45.jpg

幼君アダルナゼを擁するジョージア宮廷だが、地方貴族の反乱はおさえられない

神)えーいいっぺんに言うな。
 封建契約制は断固拒否だ。叛意もち諸侯が増えようとかまわぬ。王国は神授王権を絶対墨守する。
 それから借金まみれだが必要な軍事行動は続ける。
 ジョージア文化のプロヴィにおける反乱は鎮圧して直轄領にする。
 ジョージア文化でないプロヴィはほおっておけ。独立を許す。こっちも悪評が下がってwin-winだ。

天使)万事そのようにはからいます。

神)・・・。

天使)あっ。

神)なに?

天使)直轄領を広げすぎたため、「領土が広すぎて統治が困難です」のイベントです。

・ストレスをもらう。
・陰謀の値があがる。四分の一の確率で統合失調症。

天使)どうします? 選択肢は二つありますが。

神)くくく・・・ここはセーフティにストレス・・・全能力値は下がるがセーフティーにストレス!*2
 とみせかけて下の選択肢を選ぶぜえっ

天使)「統合失調症」をもらいました。

神)ぐにゃあ

天使)統合失調症の症状で、君主が次々に廷臣を殺していきます。
 ルスダン、イオアンネス、ケテヴァンという貴族が犠牲になりました。
 でもいいこともあります。1176年、王アダルナゼが12歳のとき、統合失調症がなおりました。借金も返済できました。

神)おそろしい話だった。

天使)しかしこの内乱と危機の時代に、トルニクがつくったカスピ海帝国は完全に崩壊しました。
 下のスクリーンショットをご覧ください。

46.jpg

1180年のジョージア王国。赤枠はかつてのトルニク帝国。

神)ふひひ、どう見てもふりだしに戻るです。本当にありがとうございました。

天使)まあ、王国崩壊はCKの華ですからねえ。

晩年

神)アダルナゼのその後について報告してください。

天使)わかりました。アダルナゼはその後「稀代の天才」となり、広い直轄領をペナルティなしに支配できる名君になりました。
 しかし私生活ではめぐまれず、妻が浮気して私生児をもうけるなどの事件がおこっています。
 これがこたえたのか、アダルナゼはストレスに陥り、のちそれが鬱病に発展しました。
 1194年、彼は30歳のときに自殺しています。

神)うわあ・・・。

天使)後継者はトルニクの次男、アダルナゼの弟、コンスタンティンです。
 コンスタンティンは無慈悲で内反足。はじめクマン領の伯爵に封ぜられましたが、内乱で独立。
 その後クマンとの戦いで領土を失い、おめおめとジョージア宮廷に戻ってきたやつです。
 そのため、クマンに対する憎しみは並々ならぬものがあります。

神)では、次回に続く。

プレイレポ/聖ジョージアの騎士団


*1 先代のトルニクの治世末期が内乱状態だったため、封臣にたくさんの叛意もち諸侯がいたのである。
*2 ウルビーノAARのセリフをパクりました。すいません

添付ファイル: file46.jpg 109件 [詳細] file45.jpg 103件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-12-29 (木) 09:55:42 (2091d)