エリィの治世

エリィ.jpg
ヴァロア公エリィ

家系図(トマス~)

第二回十字軍

vm11641.jpg

イベリア半島では名君として知られるギィ・ヒメネス治下のカスティーリャ・レオン王国が再征服を推し進め、
セビリアの君侯が支配するコルドバを幾度も包囲し、ムスリムとの激しい戦いを繰り広げていた。
1164年、攻囲戦のさなかにギィが重傷を負って陣頭に立てなくなったため、ローマ教皇はコルドバ攻撃の援助を決定し、第二回十字軍が宣言された。

ギィ.jpg
「敬虔王」ギィ。彼の遠征でカスティーリャ王国は疲弊し、息子たちはそのつけを払わされることになる

先代ルイが見限ったイタリア王コンラート4世もまた名君であった。

コンラート4世.jpg

1167年にカスティーリャ王ギィが戦傷の悪化によって病死すると、コンラートはカスティーリャ王位を要求して同国に宣戦布告、
セビリア・エジプト連合軍による攻撃に苦しんでいたカスティーリャはコンラートの攻撃の前に王位を手放すことを余儀なくされた。
戦後カスティーリャ王国はその勢力と威信を大幅に縮小し、レオン王国として命脈を保つこととなった。
イタリア王国は拡大し、ヴァロア公領を除けばシャルルマーニュの支配領域に並ぶほどの領土を持つ大国となった。

vm11711.jpg

イタリアの統治が安定し、その勢力が常にフランスへ睨みを利かせているため、エリィは領土を拡大することができなかった。
ヴァロア公は間違いなくフランスに最大の勢力を持ってはいたが、
フランス全土の支配権を宣言してイタリア王のに並ぶ権威を手にするにはその勢力は少し小さかった。

vm11781.jpg
赤い部分がヴァロア公領、 黄色く塗りつぶされた地域がフランス王位宣言に必要な領土
フランス王位宣言にはあと2つの領土が必要

1180年秋、エリィは病に倒れ、冬になると病は悪化して肺炎となった。
死を覚悟した彼は第一継承者である弟で東フリースラント伯のルイにアミアンを与え、後継者として指名した。
しかし翌春エリィの病は回復し、ルイの公位継承はお預けとなった。

ヴェネツィア転覆

1182年12月、キリスト教世界を揺るがす事件が起こった。ヴェネツィア共和国でクーデターが発生したのである。
当時第二回十字軍遠征で目標コルドバを占領していたヴェネツィアに対してイスラム諸国が互いに聖戦を呼びかけたため、
戦争が地中海全体に波及、ヴェネツィアの交易網は大打撃を受け、財政は逼迫していた。
そんな中ヴェネツィアで給金の未払いを不服としたムーア人傭兵が反乱を起こし、
宮殿に乗り込んで元首らを殺害、頭領格のアジム・アッバスが新たな元首に就任することを宣言した。*1
各地の戦線で戦っていたヴェネツィア軍は大混乱に陥り、コルドバをはじめとする占領地は再びイスラム勢力に奪還された。
これを受けたローマ教皇はイタリア王コンラート4世に反乱の鎮圧を要請、
この機会にヴェネツィアの都をわが都とせんとしたコンラートはヴェネツィアに軍を進めたが、臣下のトスカーナ公が反乱を起こしたため撤兵した。

アジム.jpg
ムスリムの元首アジム。住民の支持は当然得られず、ヴェネツィアは無政府状態となった

このころエリィはサンス伯を臣従させ、フランス王位までに必要な領土は残り一つとなった。

1187年、エリィは病を再発させて死亡した。享年62歳であった。
死後にはかねてからの決定どおり弟ルイがルイ2世として後を継いだ。

ルイ2世の治世

ルイ2世.jpg
ヴァロア公ルイ2世「盲目公」

ルイの治世中には周辺の情勢は安定し、ルイは盲目でありながら1202年に69歳で死ぬまでよく国を治めた。
1192年にエリィの私生児シャルルが治めていたメーヌ伯領が相続により失われたが、その後ルイがオルレアン伯を併合したので領土の数に変化はない。
ルイの死後は早世した長子ラウルの子であるランス伯ギィが後を継いだ。

1200年の世界

西欧

vm12004.jpg

*2
1197年、イタリア王国ではコンラート4世が跡継ぎを残さず崩御し、遠戚のテオドルがその後を継いだがコンラートほどの領土は維持できず、封臣の離反が進んでいた。
ルイが併合したオルレアン伯もその離反した封臣たちの一人であった。
混乱は隣国ナヴァラ王国にも波及し、従っていた諸侯が権力を求めて国王に一族での王位独占をやめるよう要求した。
この圧力によりナヴァラ王は1199年のクリスマスにシャロレーで諸侯との会合を行い、その席で相続法を選挙制に変更することを宣言した。
一方ヴェネツィアでは元首アジムがクーデターの数年後に反乱軍によって殺害され、再びキリスト教徒が元首の椅子に座った。

東欧

vm12002.jpg

ロシア人が治めるグルジア王国がルーシのほぼ全域を統治している。
ビザンツ帝国はドゥーカス朝の内乱収束後コテルトゼス朝が成立し、現在まで続いているが、今また再び内乱に悩まされている。
またカトリック圏ではハンガリーがポーランドと合同し、東欧の大国となっている。

中東

vm12003.jpg

イスラム圏はセルジューク朝を取り込んだベニ・ヒラル王国とイベリアに移ったエジプト王国がほぼ掌握している。
イベリアではヴェネツィアのクーデター以降十字軍とイスラム勢力の戦いが泥沼化し、一進一退を続けている。


*1 単にムスリムの廷臣が元首に選ばれただけ
*2 ナヴァラ王国とイタリア王国が区別できないのでナヴァラ王国をエジプト色に変更

添付ファイル: fileルイ2世.jpg 142件 [詳細] filevm12004.jpg 137件 [詳細] filevm12003.jpg 143件 [詳細] filevm12002.jpg 135件 [詳細] filevm12001.jpg 132件 [詳細] fileギィ.jpg 146件 [詳細] fileアジム.jpg 141件 [詳細] filevm11781.jpg 151件 [詳細] filevm11711.jpg 134件 [詳細] fileコンラート4世.jpg 113件 [詳細] fileコンラート4世.png 122件 [詳細] filevm11641.jpg 137件 [詳細] filefam5.png 549件 [詳細] fileエリィ.jpg 150件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-10-01 (木) 21:49:58 (3276d)