プレイまで

CK2の発売日が迫る中、私は頭を抱えていた。
偉大な翻訳者がもたらす開発情報は私の購買意欲をひたすら煽りたててくれたのだが、懸念するのはPCスペック。
何せEU3はおろかSengokuデモですらカクった骨董品だ。仮に動いたとしてプレイに堪える保証はない。
どうすっかなー、当分CK1で我慢かなーと悶々していたある日、CKスレにデモの公開が伝えられた。

277 名前:名無しさんの野望[sage] 投稿日:2012/02/04(土) 17:36:03.37 ID:A2m15yii
びっくりするほど軽いな!
恐れてたPC買い換えは必要ないわ。
この軽さがデモだけじゃないことを祈る。

みるみる勇気がわいてくる。乗るしかないこのビッグウェーブに。

早速ダウンロードし、意気揚々と起動。
…長い。スレでも言われていたが本当に長い。やはりポンコツくんには荷が重かったか。
そもそもCK1でもプレイ中に落ちるもんな。ちょっと背伸びしすぎたな。

とはいえ待ちに待ったCK2を前にしてこれを遊ばぬ法はない。やはり祭りは踊って何ぼだ。

チュートリアルもほどほどにシングルスタート。
英語はさっぱりわからないが、一部の用語さえ覚えれば何とかなるのは前作で学習済みだ。
選ぶのはトスカナ伯のマチルダさん。どうせ前作と同じく金持ちが強いゲームだし、イタリアなら大負けはあるまい。
顔が少々不細工だったがその辺は目をつむることにした。

新要素とその雑感

スタートした初っ端から、アイコンであーせいこーせい言われる。
前作と違って開始直後からなすべきことが多いようだが、何もかもが目新しいのだ。該当箇所を見つけるにもいちいち手間取ってしまう。
パラドゲーの敷居の高さを改めて感じるが、まあ慣れれば快適になるだろう。
とりあえず結婚すれば万事うまくいく気がしたので、適当に婿養子を探しながらいろいろ触ってみることにする。

  • キャラクター
    インターフェイスが前作に比べすっきりしている。意中のキャラを見つけやすいのは素直にありがたい。
    各キャラクターにはオピニオン値が設定されていて、今作ではこれが展開を大きく左右するようだ。
    既存ステの変容としては、外交値計算が目玉だろうか。
    領主+宰相に加え嫁のステも加味されるため、安定して数値を稼ぎやすくなった。後述するように今作は外交が煩雑なので、バランス調整だろう。
    また、統治効率の基準は管理値主体に戻っている。陰謀値の用途はもっぱらプロット処理にまわったようだ。
    ついでに女性の継承が可能になったため、婚姻での乗っ取りも要領が変わっている。脳筋としては非常にどうでもいいんだけど。
    ちなみに、マチルダさんの後継者は今のところハインリヒになっている。断絶=召し上げか。ランダム後継はさすがになくなったんだな。
  • プロヴィンス
    本城+いくつかの集落からなる。集落は全直轄も可能だが、基本的にはそれぞれ小領主を配置することになる。
    封臣格が倍増するためこれまで以上に外交がキーとなり、伯爵にも相応の外交値が求められることになる。
    その代わりかは解らないが、封領が増えたため統治効率の計算はやや甘い。直轄を本城のみに留めれば伯爵でも広い領土を支配できる。
    今回は称号の宣言が50%の領有からでよく、王は封臣の私闘には関与しづらいので、成り上がりはかなり易化したんじゃないだろうか。
    あと何となくだが西欧には集落容量が大きいものの空き地が多い。
    動員兵力は集落ごとに独立しており、それぞれが技術+改善施設によってパンプアップする。空き地は寄与しないため、ムスリム-カトリック間では序盤の兵力格差がかなり大きそうだ。
    改善施設と言えば、今回は文字表記だけで何だか寂しい。前作の次第に賑わう領内画面が好きだっただけに残念である。
    マップ上では変化しているのかも知れないが、普段ズームしてまで見ないしな。
  • 顧問団
    今回の顧問団には能動的に職務を与えることで、さまざまな成果が期待できる。
    中でも宰相はクレーム奪取に必須のため重要度大だ。離間工作も要所に決めれば効果的に働くだろうし、CK2の鍵はこいつと確信する。
    手持無沙汰もナンだし、とりあえずローマに送っておいた。*1
    他の担当者は研究の加速にも当てられるが、プレイ期間の短いデモではさしてメリットも得られまい。それぞれ適当に配置しておいた。
    家令に農民絞らせてたらソッコー襲われ重傷負ってたけど。それでも男か、軟弱者め。
  • 法律
    継承法は性別認証+優先順位の組み合わせで決められる。今作では分割相続がスタンダードのようだ。
    直轄スキーとしては実に困った話であるが、封臣格が増えた以上、改正にはこれまで以上にデリケートに当たらねばなるまい。
    つっても今回はドイツに臣従しているせいで、継承法の変更自体ができないわけだが。準サリカがつくづく恋しい。
    統治法も結構めんどっちくなっていて、例えば封臣から土地を取り上げるには一定以上の法的強制力が必要になる。
    当然、封臣どもはこれを嫌がりことあるごとに法律改正を求めてくるわけで。
    だからって市長!調子こいて免税求めてくるんじゃねえ!
  • 研究
    各技術につき研究値を蓄積していく形式。ランダム性の高かった前作に比べ堅実な仕様になっている。
    CK1では指定技術が各首府でのみ発見されたが、CK2では全領土で全ての技術に対して研究が行われる。指定技術や後追いの技術は進捗が早く、先進技術はのんびり進む。街(というか大学)が多いほど有利だ。
    いろいろと戦略性が高まって、この辺はゲーム志向の自分にとって嬉しい変化だが、技術末節のレベルに個々名がないのはさすがに少々味気ない。わかりやすいのはいいんだけどさ。
    「痩せた北欧にもようやく牧羊が伝わったぜ」とか何とか、細かな文明化を味わうのはなかなか感慨深かった。この辺は施設画面にも通じる。
    ま、いずれにせよデモでは空気だな。適当に読み流した。
  • 軍事
    管轄下の兵力を管理できる。封臣が供出する兵力はオピニオンにより上下するので、敵さんの前線or主力地区への離間工作は実に効果的だ。
    また、タブを切り替えると傭兵情報も見られる。傭兵は兵力ががべらぼうに高く、常備軍の少ない序盤では決定打になることが多い。
    雇用できる傭兵団は地域によって異なり、また有限でもあるため、雇うときは早いもの勝ちとなる。
    こと序盤においては、めぼしい傭兵がレンタル済みの場合は開戦を見送ることも選択肢に入るだろう。
    また、レンタル済みでも雇用元と現兵数はわかるので、遠方の戦争を間接的に観戦できる。暇すぎて死にそうなときにはいいかもしれない。
  • 陰謀(プロット)
    陰謀あるいは目標を設定でき、それに応じて細かな施策も行える。
    前作に比べて陰謀値の用途が限定された分、このカテゴリの影響力が伺い知れる。
    陰謀は大体は誰かの暗殺で、気の合う仲間を集めて実行する。数値上は100%以上に高められるが実行段階では90%が上限っぽい。
    心なしか親族ほど暗殺を狙って来るようで、うっとうしいことこの上ない。
    目標は役職就任や貯蓄(金やら威信やら)などがメインで、達成の折には目標に応じて多様なボーナスを享受できる。
    施策は金やら威信やらを消費し代価を得るものが殆どで、特にランダム廷臣の獲得は安価である。*2
    また、身分の変化や目標設定により新しい施策が出現することもある。

本編

アタシの名前はマチルダ。心に傷を負ったトスカナ女伯。ガチガチゲルフで反逆体質の愛されガール♪
アタシがつるんでる友達は帝国皇帝をやってるハインリヒ、皇帝にナイショで暗殺を企んでるオットー。訳あって帝国の一員になってるマグヌス。
友達がいてもやっぱり封臣はタイクツ。今日も皇帝とちょっとしたことで口喧嘩になった。
主従同士だとこんなこともあるからストレスが溜まるよね☆そんな時アタシは一人でイタリアを物色することにしている。
がんばった自分へのご褒美ってやつ?自分らしさの演出とも言うかな!
「あームカツク…。」そんなことをつぶやきながら英語のポップアップを軽くあしらう。
「カノジョー、ちょっと話聞いてくれない?」どいつもこいつも同じようなセリフしか言わない。
イタリアの男はカッコイイけどなんか薄っぺらくてキライだ。もっと等身大のアタシを見て欲しい。
「すいません…。」…またか、とセレブなアタシは思った。シカトするつもりだったけど、チラっと男のポートレートを見た。
「…!!」
…チガウ…今までの男とはなにかが決定的に違う。スピリチュアルな感覚がアタシのカラダを駆け巡った…。
「…(カッコイイ…!!…これって運命…?)」
男は教皇だった。公号もがれて占領された。「キャーやめて!」傭兵が逃げた。
「ガッシ!ボカッ!」アタシは投げた。教皇派(笑)

反省

何もかもが適当すぎる。
適当な初見プレイを適当に文字に起こしただけなのでSSすらなく、本当に見づらい。
あと長い。ただでさえ糞レポだってのに。
プレイ内容としてはもう戦略ミスとしか言いようがない。
教皇にスポレト公を強奪されるのはルーチン上どうしようもないので、他に活路を見出すべき。
あと、傭兵が逃げたと書いたが本当は傭兵雇ってない。クレーム取って破産してたし、傭兵タブにも気付いてなかった。
相手はちゃんと雇ってた。そしてボコボコにされた。

この後も何度かプレイしたが、農民にぶち殺されたり、異教徒にとっ捕まったり、デモは本当に楽しかった。
俺のPCでは妙に重いため、製品版に手を出すかは決めていないけど、CK2wikiの充実を今から楽しみに待っています。

あと教皇は許さない。

連絡用

当方レス乞食です。お便りください。

  • Demoテキトーにプレーしたので、これだけでも有益な情報満載でした。Thanks! ^^ -- 2012-02-13 (月) 00:26:39
  • CKスレで「何だあれは」と発言したのだが、改めて見たら内容充実で吹いた。お疲れ様です。 -- 2012-02-13 (月) 20:44:56
  • あのレスを見てやる気が出ました、多謝。個人的には短くゆるいレポがもっと増えると嬉しいなと思っています。ただでさえ長いゲームなんで。 -- 筆者 2012-02-13 (月) 21:56:56
  • 今回ってholdingsごとにbase incomeって差別化されてないのかな? improvementを建て増すことで収入が増えたりするのは分かるけど、その土地がもってるもともとの肥沃度がないと、全部立て終わったら結局最後はみんな収入は同じくらいになるような。holdingsの数が7とか3とかによる違いは州ごとあるけど、holdings単体に対しての個体差がないとちょっと残念だな。その辺詳しい人いませんか? -- 2012-02-13 (月) 22:32:51
  • 土地の肥沃度はぱっと見なさげ。管理値もどこに掛かっているのかよくわかんなかった。前作で断トツ神立地だったビザンティオンなんて、集落数は7と上位陣に並びつつも最初から城が詰まっているため、将来的には商業面ないし技術面で二流になる模様。どうしてこうなった。 -- 2012-02-13 (月) 22:45:42
  • 史実じゃん -- 2012-02-13 (月) 22:49:36
  • そおなのかあ。Byzantionの州としては7つあるから裕福だけど、Constantinople単体としては凡百の都市と変わらないってことだよね。ちょっとさみしいね・・・。 -- 2012-02-13 (月) 22:55:24
  • もっと生命線然としていてほしかったわ。踏みにじっても興奮しない。 -- 2012-02-13 (月) 22:57:05
  • あと、州の首都がマイナー都市になってるのがイミフだっりする。ダマスカス州の首都が聞いたこともない街だったり、アレキサンドリアやエルサレムも同じ。まあ、後で自分で直すけど。エルサレム萌えとしてはエレサレム王国の首都はエレサレム州でエルサレムの街に王がいないと納得いかない。^^; -- 2012-02-13 (月) 23:03:27
  • ってか、マイナーな州でも有力州にさほど見劣りしないんだよね。平均的な州が2つあれば、出力では上位プロヴィンスに勝るとも劣らない。戦略のメリハリに欠けないか心配だわ。 -- 2012-02-13 (月) 23:06:47
  • 恐らくメリハリに欠けてしまうと思ふ。holdingsの概念はすばらしいけど、街単体の経済力を差別化までしてくれたらbestだったのに。 -- 2012-02-13 (月) 23:11:24
  • っつーか、ジンガイの皆さんがフォーラムでその辺を突っ込んでないのが不思議。いずれ議論に挙がるかな・・・ -- 2012-02-13 (月) 23:13:47
  • 振れ幅が大きいから上位が輝くと思うんだよな。余所様からのコピペで恐縮だが、こんな気分。 『貧乏で非モテだから、金持ちになろう女をモノにしようと強く思うんであって、やっぱ底辺から這い上がるのは嬉しいじゃないか』 -- 2012-02-13 (月) 23:22:16


*1 マチルダさんはスポレト公を持っており最初からローマを攻撃できるのだが、このときは気付いていなかった。教皇にスポレト公を強奪された場合この名分を失うので、無駄ってわけでもないんだが。
*2 スレで嫌がる人もいた。確かに安すぎる気はする。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-02-13 (月) 23:22:16 (2110d)