プレイレポ/カフカスに福音を(マヌィチ伯 マニク家)

北アフリカ十字軍
モンゴル来襲
対モンゴル戦その後

北アフリカ十字軍

聖地エルサレムの奪還失敗、イベリア半島のレコンキスタの敗北と、
十字軍戦士たちにははなはだ意気の上がらない時代であったこの時期、
北アフリカではカトリック勢が健闘していた。
主役となったのは、国の分裂にあえぐイギリスやドイツではなく、
国内の安定していたデンマークとハンガリーである。

hinkonE1.jpg

エジプトの戦況。デンマークがナイル流域を押さえる

hinkonE2.jpg

チュニジアの戦況。ハンガリーがズィール王を破る

海軍国であったデンマークはロングシップを仕立て、はるばる遠征をしたが、
ハンガリーは大国ではあっても内陸国である。
多くの兵をアフリカまで運ぶのに、イタリア商人あたりがさぞかし儲けたに違いない。

封臣になったヴェネツィア人から現実主義を輸入したのかと思われるほど、
マニク家の治めるクロアチアは聖地奪還には冷淡であったが、
これらカトリック勢の動きは、若き王に影響を及ぼさずにはおかなかったのである。

 

 8代 聖アスクカダル (アスクカダル2世,1218-1260)

hinkonE15.jpg

マニク家系図。第6代からアスクカダルの息子たちまで

祖父であるアゾフ伯のクルがクロアチアより独立して、数十年。
クルも、その息子であるテンギズも、王位とは縁のない生活をしていた。
アスクカダルも、地元の娘と火遊びの末に庶子グリゴルをもうけるなど、
地方貴族の生活を満喫していたのである。

しかし、母方の縁でルーシの地方領主となって以降、この生き方が激変する。
見知らぬ廷臣たちに囲まれる孤独な境遇の中、アスクカダルは信仰に目覚めるのである。
森の隠者に会ったとか泉の聖女に出会ったとか、様々な逸話が伝えられるが
真相は定かではない。
ただ、過去に罪を犯したというその意識が、深い信仰心へと昇華した様である。
穏やかなビターゼを継いでアラニアの都に現れたのは、
真面目な、少し影を背負った様な青年であった。

hinkonE3.jpg

アスクカダル即位直後のクロアチアの信仰地図。白がカトリック

王位に就いたアスクカダルは、ちょうど同時期に前任者の死で空席となっていた
教区長を自らが兼ねるという形で、一つの宣言をしたのである。
それは、王である自分が国内の宗教上の問題の責任者となるという事であり、
これまでは教区長というクッションが介在していた宗教問題に、
王が直接、介入するという事でもあった。
そしてアスクカダルは、この問題に一切の妥協を許さない覚悟で臨んだのである。

王位継承の後につきものの幾つかの反乱や独立を収拾した1224年、
先王の時代に獲得した異教の地ガラスで反乱が勃発。
アスクカダルは軍を派遣し、これを鎮圧。
これをきっかけにして、国内のカトリック以外の信仰を持つ者への、徹底的な弾圧が始まった。

1225年 イメレティアで大規模な改宗が発生。
弾圧の烈しさは、この地の文化をアラン人のものに変えるほどであった。

hinkonE4.jpg

イメレティアの改宗。十字架を建てる人の隣には異教徒に槌を振り下ろす姿が

1226年 ガラスがカトリックに改宗。
同年、小アジアの付け根にあたるトラペズスもカトリックに改宗した。

1230年 異端の信仰が広まっていたアゾフの伯として、法王庁派遣の聖職者
スッダン・ザカタラを任命。どの様な手段を用いても異端を根絶するよう、厳命が下された。

狂信的に信仰の戦いを進めるアスクカダルの姿勢は、一人の廷臣の立場を微妙なものにしていた。
アスクカダルの庶子、グリゴルである。
かつての「罪の証」が宮廷にあることを、快く思わない家臣が多かったとしても不思議ではない。
立場の無いグリゴルはこの時期、宮廷を出奔し、
異教徒であるカソグス支族に寝返ったりしている。
しかしこの地でも歓迎されなかったのか、しばらくして出戻った様である。
よくぞ暗殺者を差し向けられなかったと思えるが、
アスクカダルも親子の情の様なものを幾ばくかは感じていたのかも知れない。

1234年 旧グルジア領であるアブハジアで宗教対立が激化。
聖職者たちにより改宗が試みられたが、これは失敗に終わった。
異教徒の改宗よりも、基を同じくする正教徒の改宗の方が難事であった様である。

1237年 クマン族の支配下にあったクバン支族が独立。
アスクカダルはこれに宣戦したが、新たに君主となっていたカヤンボルク部族とも争いになった。
だがカヤンボルク部族は、遠くフィンランドの地にある勢力である。
クバン支族を滅ぼした後、適当な時期に和が結ばれた。

即位から20年、国内の宗教的な戦いに明け暮れたアスクカダルであったが、
それも許されない時が来る。
東方より、モンゴル人たちが来襲したのである。
それは、多くの国を巻き込んだ戦乱の始まりでもあった。

 

プレイレポ/カフカスに福音を(マヌィチ伯 マニク家)

モンゴル来襲

正確な年代はわかっていないが、モンゴル人たちが東方から現れたのは
およそ1230年代であったと言われている。
イルハン族がペルシアの地に、キプチャク・ハン族が南ウラルの地に相前後して来襲したのは
アスクカダルがカヤンボルク部族と争っている最中であった。

イルハン族の先遣隊はイスラム勢力に何度か押し返されたが、
本体の到着後はじわじわとその勢力を西に向かって広げて行った。
一方、キプチャク・ハン族は、現れるなりウラル地方の独立勢力を片っ端から併呑すると
ルーシ平原南部の一大勢力であったクマン族に戦いを挑んだのである。
弓騎兵と軽騎兵からなる数万の軍勢は、平原を縦横に駆けめぐり、
クマン族の支配下にある部族を次々と飲み込んで行った。
町や村は焼かれ、砦は破壊され、抵抗する者もしない者も容赦されなかった。
クマン族はこの戦いに敗れ、命からがら逃げ出した王は
遠くバルト海の沿岸まで落ち延びたという。

クマン族はこの後、バルト海岸地方の異教徒の王国として再興する事になるが、
ルーシ平原の勢力としては、クリミア地方に残った小部族を除き、
たったの10年足らずの間に完全に消滅したのであった。

一方のクロアチアではまさにこの時代、
実に折悪しく、国内の混乱と他勢力との争いに悩まされていたのである。

カヤンボルク部族との和がなった直後の1238年、
アスクカダルはズィール王より宣戦を受ける。
現在のチュニジア付近の勢力であったズィール王からの宣戦は人々を驚かせたが、
クロアチアの南の国境近くに位置するタオがズィール領になったのが、
その遠因であるらしい。

この地にズィール王の同盟者がいないことも、予め調べてあったのだろう。
アスクカダルは軍を率いて南に急行し、タオの地を占領した。
そしてズィールの軍勢が海を越えてやってくる前に、和を結んだのである。
ズィール王も遠くカフカスの地の領土は惜しくなかったと見え、
この後も両国の間に争いが起きることは無かった。

ズィール王との争いが落着した1240年、
今度は足許の国内でグリア伯が離反した。
カフカスの地は山がちで、近接はしていても指令が行き届きにくいという欠点があり、
多くの小反乱の原因ともなっていた。
反乱の度に、直属領から派遣された軍が山々を越えて鎮圧に向かったが、
この地を治めるマニク家にとっては悩ましくも避けては通れない問題なのであった。

この時期はまた、クロアチア国内で宗教的な対立が激化した時期でもあった。
1240年 北部のクバンの改宗に失敗。
1241年 グルジアより奪ったアブハジアの改宗に再び失敗。
1244年 カヘティの改宗に成功。しかし領内の疲弊はすさまじく、
      この後しばらくは兵も動員できないほどであったという。

グルジア王国やアラニア侯が治めていた時代より、正教徒が多数派を占めていたカフカスである。
これらの地がカトリックを受け入れる事は、多大な犠牲を出さずには済まなかったのであった。

アスクカダルは更にこの時期、国内の再編と後継の人選にも着手している。
1241年 離反したグリア伯から奪った伯の地位を、次男ゴカルに与えた。
1243年 セルジューク・トルコから独立したカルデア伯を攻め滅ぼし、
この戦いの功により三男プラドをカフカス最南端の地、トラペズス伯に封じたのであった。
同じ年には、プラドにハザール公位を与えている。
慎重な性格でありながら、行動力も持つプラドを、アスクカダルは誰よりも評価したという。
マニク家にとって特別な意味を持つ「ハザール公」を与えることは、後継指名と同義であった。
この時期より、王が後継者をハザール公に封じる習慣が始まったといわれ、
「一人の王、一人の公、多くの伯」というクロアチアの統治体制が一応の確立を見たのである。

 開 戦 

モンゴル勢との衝突は、避けがたいものになりつつあったのである。

hinkonE10.jpg

モンゴル勢、クロアチアと境を接する

外向的な駆け引きにも長けていたキプチャク・ハン族は、
クマン族との争いの間は他の勢力と穏便な関係を保ち続けた。
だが身軽な騎兵団を擁する彼らは、時に小軍団を組織して国境を侵し、
クロアチアへの挑発行為をくり返したのである。

hinkonE8.jpg

しかしアスクカダルは、この挑発に対して一切の報復を禁じる。
モンゴル人たちに開戦の理由を与えてはならなかった。
封臣たちも、この指令はよく守った。
目の前で蹂躙されるクマン族の地の惨状は、彼らの方が良く理解していたのである。
アスクカダルがやったことは、幾つかの砦を改築して防御を固める事と、
ハンガリー王と同盟を結び争いに備えることであった。

1245年 クマン族をほぼ飲み尽くしたキプチャク・ハン族は、ノヴゴロド王に宣戦した。

南と北でサイコロを振ったわけでは無いだろうが、
当時の勢力で言えばクロアチアよりノヴゴロドの方が強力な勢力と見られていたのである。
キプチャク・ハン族とクロアチアとの密約があったという説もあるが、
真相は定かでない。
平原での遊牧生活に慣れたモンゴル人たちが、
カフカスの山々に踏み込むよりはルーシの平原を駆け巡る方を好んだのかも知れない。
いずれにせよ、クリミア地方まで攻め込んだキプチャク・ハン族は軍を北に向け、
ルーシ地方の諸侯に戦いを挑んだのである。

ルーシ諸侯がかつての様な分裂状態であれば、モンゴル勢に切り崩され、併合されていたであろう。
しかし幸いにも、この地方は一人の強力な王に支配されていたのである。
王の名はアルカディオス・アンジェロス。
ビザンツの皇帝も兼ねる彼により、戦局は大きく動くことになる。

hinkonE5.jpg

ノヴゴロド王アルカディオス・アンジェロス。卓抜した外交手腕で国内諸侯をまとめあげ、対モンゴル戦を戦い抜いた

戦いは当初、圧倒的な力を誇るモンゴル勢が南から北に向かって進むことで始まった。
北方の諸侯たちは次々と破れ、キプチャク・ハン族の軍門に降っていった。
ノヴゴロド王にとって幸いしたのは、彼の支配地域に温存されたギリシア地方の兵と、
トルコ勢との争いで鍛え抜かれたアナトリアの兵があった事である。

hinkonE9.jpg

ノヴゴロド王国の後背地(黄土色)。この地を押さえていた事が、ノヴゴロド王に勝利をもたらした

軍船を仕立てたノヴゴロドの兵たちが黒海を北に向かう様子が、
クロアチアの年代記にも記されている。
彼らの投入により、戦局は逆転したのであった。

クリミア地方に上陸したノヴゴロド軍は、破竹の勢いで旧クマン領を占領していく。
南方からの攻撃を受け、モンゴル勢が手薄になった北方でも、ルーシの諸侯軍がこれを押し返す。
一時は中~北部のルーシ平原を平らげる勢いであったモンゴル勢も、
わずか2年あまりで占領地の大半を失ったのであった。

 参 戦 

未だキプチャク・ハン族の支配下にある地は広大、しかし内実は崩壊寸前という状況の
1247年、アスクカダルはモンゴル勢の侵入開始から保ってきた沈黙を破り、
キプチャク・ハン族に宣戦する。
ちょうどこの頃、アスクカダルはマニク家の当主としては初めて、
法王後見人になっていたのである。
正教徒の王であるノヴゴロド王だけが対モンゴル戦の勝利者になるのには、
抵抗があったのかも知れない。
或いは単純に、火事場泥棒的な勝利を狙ったのか。

アスクカダルは軍勢に「神がそれを望んでおられる」と書かれた軍旗を掲げさせ、
アラニアの都を発った。
聖地奪還のためには動かなかったアスクカダルにとって、
この戦いこそが十字軍だったのかも知れない。

アスクカダルは軍を二手に分け、自らはマヌィチからヴォルガ河を渡って東の岸を進む。
ヴォルガの西岸を進む第2軍が、まずサルパを占領。
王自らが指揮を執る東の軍は、サライ、ウーツと突き進み、モンゴル勢を撃破して行った。

hinkonE11.jpg

ウーツの戦い。アスクカダル率いるクロアチア軍が、モンゴル勢を破った。

モンゴル勢は既に、自慢の弓騎兵団をクマン族とノヴゴロドとの相次ぐ争いで失い、
兵の大半は占領地からかき集めた急ごしらえ、という軍に成り下がっていたのである。
この点も、アスクカダルの計算には入っていただろう。
宗教的な熱情と統治者としての冷酷が同居するのが、
マニク家の長たるアスクカダルなのであった。

アスクカダル軍では、特に中産の市民からなる長槍兵の活躍がめざましく、
モンゴル勢に残っていた軽騎兵たちをことごとく叩き潰したという。

アスクカダルは軍を東に向け、ウラル山麓のヤイクも占領する。
これより北の地は、既にほぼ全てがノヴゴロドの占領下にあった。
モンゴル人にはわずかな地しか残っていなかったが、
頃合いと見たアスクカダルはキプチャク・ハン王と和を結んだ。
1248年の事であった。

史家たちはこの年を、ルーシ平原からモンゴル勢が一掃された年として記録している。
ペルシアの地ではイルハン族が暴れ回っていたが、
キリスト教世界は、モンゴルの脅威から解放された。
そしてその実質的な勝利者は、ノヴゴロド王であったのである。

この時の戦いをモチーフに、アスクカダルの英雄的な戦いを讃える詩が数多く作られたが、
その殆どは息子で後継者であったプラドが作らせた架空のものである。
モンゴル来襲という一大事件に際し、
カトリック勢では唯一これに向き合ったクロアチア王の行動が
「弱体化したモンゴル勢を最後に叩きのめす」では、意気も上がらないというものである。
さぞかし詩人たちも、想像力を一杯に働かせたであろう。

キプチャク・ハン族との戦いは、こうして終わった。

 

プレイレポ/カフカスに福音を(マヌィチ伯 マニク家)

対モンゴル戦その後

 

モンゴル勢との争いで得た地は、全て以前はカトリック以外の信仰を持つ地である。
戦後の数年間は、宗教的な対立が激化するのもやむを得ない事なのであった。

1248年 正教の地、アブハジアの改宗にみたび失敗。
1249年 クバンの改宗に成功。
1251年 サライの改宗に失敗。この地の改宗は翌年にも失敗した。
1252年 サルパの改宗に成功

モンゴルの来襲に改宗騒ぎと、この地の人々にとってはたまったものでは無かったろうが、
カトリックの勢力は着実に、広がっていったのである。

1252年 アスクカダルは領土内に小島の様に残っていたカソグス支族に宣戦。
カソグス支族はクマン王の支配下にあったが、王は遠くバルトの地に逃れたままである。
クロアチア軍は簡単にカソグス軍を破り、この地を占領したが、
クマンの王はなかなか和に応じようとしなかった。
取りあえずの驚異は無いと、放置するより他になかった。

同年、カルデアの改宗に失敗。また遠くクロアチアの故地にあるザダル伯が臣従。

1253年 サライで大規模な改宗が発生。カトリックの勢力がまた一つ拡大した。
同年、貴族たちが占領したてのカソグスをカトリックに改宗させる。
王の姿勢は、支配者階級にも充分に影響していた様子である。

1255年 アスクカダルは長く戦争状態にあったクマン族と和を結ぶ。
この年はズィールから奪ったタオの地の異端が根絶される年ともなった。
クロアチアは、カフカス一帯からヴォルガ流域までを治める一大勢力となったのである。

hinkonE12.jpg

アスクカダル治世後期のクロアチア(青)。領土はこれまでで最大に。

1256年 封臣のイェゴルリク伯が死去。
相続によりハンガリー王臣のトレンチーン伯がイェゴルリク伯位を得た。
この直後、相続に気を大きくしたか、トレンチーン伯がハンガリーより離反。
アスクカダルはイェゴルリクを取り戻すべくトレンチーン伯に宣戦した。

トレンチーン伯からイェゴルリクを取り戻すことには成功したが、
この問題は後代、クロアチアを静かに蝕んで行くことになる。
今回の出来事はその嚆矢でもあったが、この時は誰も気付かなかった。

女伯たち

アスクカダルの治世後期に、特徴的な人材の登用が見られる。
特にキプチャク・ハン族から獲得した北部の地に顕著であったが、
宮廷の女性たちを辺境の地を守る伯に次々と任命したのである。

hinkonE14.jpg

辺境を守る女伯たち

彼女たちは、アスクカダルとは20から30は年下で、30代の半ば前後であったという。
有力者の家族を持たない、孤独な身であることで共通していた。
史家たちの中には「愛人統治」などと揶揄する向きもあるが、
女伯たちはアスクカダルの治世を良く助け、国の安定に寄与した。

次代、プラドの治世は内外の混乱が相次ぐ時代となるが、
彼女たちの忠誠は変わらず、アスクカダルの息子にも良き封臣であり続けたのである。

不戦敗

国内外の争いがようやく終結した1257年、アスクカダルはノヴゴロド王より突然宣戦を受けた。
開戦の理由はアスクカダルが持つルーシ内の公位や伯位だったが、
クマン族、モンゴルなき後のルーシ平原の覇権を賭けた争いにする意図は明らかであった。
カトリック世界は、すわ2大勢力の激突かとこの戦いに注目したのである。

だがアスクカダルは、彼らとは違う考えを持っていた。
ノヴゴロド軍が未だクロアチア領に近づく遙か前、
クロアチアの使いがノヴゴロド王の下を訪れ、クロアチア王がルーシ内の支配権を手放すと告げた。
手を上げたノヴゴロド王は肩すかしを食った形になったが、
実利的な王のこと、この提案を受け入れたのである。
クロアチアとノヴゴロドの争いは、一人の死者もなく終わった。

名を捨て実を取ったアスクカダルであったが、その代償は大きかった。
王の姿勢は弱腰とされ、これまでに重ねてきた威信は全て無に帰したのであった。
旧クロアチアのザダル伯が、この直後に独立した。
封臣の離反がこれ1件にとどまったのが、王にとっては幸いであった。

さすがにこの状況を心配した息子のプラドに、アスクカダルが語った言葉が残っている。

「心配はいらない。地に落ちた威信などわたしの死と共に消え去るが、
 わたしのなした事績は消えることなく語り伝えられるだろうから。」

40年に渡る治世の、重みであろうか。

 死 

1257年 正教の地であった小アジアの付け根、カルデアの改宗に成功。
1260年には、グルジア王から奪って以後も正教の信仰を続けてきた、
アブハジアの改宗に成功した。

長く続いた治世には失敗や敗戦もあった。しかし彼の治世に、
カトリックの勢力はこれまでのどの王も成し遂げられなかったほど広がったのである。
この一事だけは、アスクカダルに満足を与えたのに違いない。

hinkonE13.jpg

アスクカダル治世後期の信仰地図。カトリック勢力(白)はヴォルガ河を越えて大きく拡がった

 

これが最後の仕事と思ったのだろうか、
同年12月、アスクカダルは信仰の戦いに明け暮れた生涯を終えた。66歳だった。

 

アスクカダルは、生前の働きを良しとした法王庁より列福を受け、
これより25年後には聖人に列せられた。
以後、アスクカダル生誕の日は祝日となり、長く祝われた。
通例ならばアスクカダル2世になる王の名も、聖アスクカダルと呼ばれる様に変わる。
「アラン人のクロアチア王国」も、ようやく自前の守護聖人を持てることになったのである。

生前に定められていた通り、アスクカダルの後はハザール公であったプラドが継いだ。

父アスクカダルの聖列のためにはあらゆる手を使い、
聖人に列せられた後にはこれを利用し倒したのがプラドであるが、
彼の様な立場では、それも仕方のない事であろう。
誰にとっても、アスクカダルの様な王の後を継ぐのは大変な難事業なのである。
プラドの治世も、苦難に次ぐ苦難の連続になるのであった。

 

プレイレポ/カフカスに福音を(マヌィチ伯 マニク家)


添付ファイル: filehinkonE13.jpg 83件 [詳細] filehinkonE14.jpg 93件 [詳細] filehinkonE12.jpg 84件 [詳細] filehinkonE11.jpg 107件 [詳細] filehinkonE9.jpg 99件 [詳細] filehinkonE5.jpg 98件 [詳細] filehinkonE8.jpg 99件 [詳細] filehinkonE10.jpg 108件 [詳細] filehinkonE4.jpg 101件 [詳細] filehinkonE15.jpg 88件 [詳細] filehinkonE3.jpg 87件 [詳細] filehinkonE2.jpg 101件 [詳細] filehinkonE1.jpg 98件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-01-11 (日) 21:33:32 (3503d)