7代目当主:トゥンガル・オベルテニ

現状維持のはずだったのにねぇ

K1「では改めて7代目の能力値は8・8・7・10で超凡庸。謀略が色々修正された後の先代と一緒だったのが救いだな」
K1「性格は貞節気前良し狂信的といい感じ。ストレス貰ってるのがちょっと難点で嫁さんはまだ取ってない21歳だ」

01.JPG

02.png「けどお人よしがついたら一気に5になっちゃうね。性格のせいか封臣含め忠誠が月の補正含め比較的高いままだけど」

K1「そうなんだよなぁ。けど司教候補歓迎スタイルでいくと遅かれ早かれお人よしが付く可能性が高い・・・・・・悩ましいところだな」
K1「まぁ代替わりのわりに忠誠低下が低かったのは確かにすっごい助かったけど。この数だと最初の忠誠上げで一苦労だし。」
K1「ま、どっちにしろ直轄地増やすのは無理かな・・・・・・けど評判も高潔だし、とりあえず恒例のイベントを」

02.png「英仏に飛び地があったから時間が掛かったけどあっさり全土占領だね」

K1「ヴェネツィア公爵位と1個請求権奪って・・・・・・4000-3000で約1000か、まぁとりあえず威信は1000超えで年間50増加、と」
K1「ちなみに戦争中なぜかガスコーニュ公爵が独立してフランス南西部がこっそり抜け落ちたが、まぁ減るにこしたことはないので問題なし」

02.png「これからどうするのかな?」

K1「とりあえず十字軍特性が付くまで様子見かなぁ。いきなり独身主義イベントが来て貞節消えたのが地味に痛いけど」
K1「今回は多少廷臣に嫌われてもいいから謀略増えるように性格づけていくつもりだが、ここらへんはイベントと運任せになっちゃうし」
K1「あとは司教に来てもらって司教領を1個増やしたいんだけど、これもイベント待ち。ぶちゃけ待ちの姿勢だね」

02.png「あ、さっそく司教さんが来たよ、けど同時にお人よしもついちゃった」

K1「うわー、確率10%じゃなかったっけ・・・・・・司教来た場合のお人よし付く確率ってなんか表示より高い気がするな。」
K1「まぁ、これでフェラーラ公爵も作成、っと。統治効率はまた依然60%に逆戻り・・・・・・改めて謀略上がる性格がつくまで動けないな」

02.png「もしくはストレスが消えるまでだね、このままだと結婚もできないよ」

K1「ストレスは生殖率への-3補正が痛すぎるからなぁ」
K1「久しぶりにキ印廷臣が出て暗殺したらしっかりバレたり・・・・・・まぁこれは元々君主の謀略が低いから仕方ないかもだけど」
k1「・・・・・・って、なんだってーーーー!?」

02.png「さっそくドラマが来たね、君主が統合失調症だ~。若干24歳だよ」

02.JPG

K1「いつまで生きるんだこいつ・・・・・・とりあえず外交を少しでも増やすべく外交19の嫁ゲット、39歳だがどーせ子供は期待できないし問題ない」
K1「ただ、キ印君主はぶっちゃけ初プレイだぞ・・・・・・確か能力値オール-5のイベントとかあったよなぁ、あぅあぅ」
K1「ってさっそく発症するし、緊張型キ印発症で能力値はほぼオール0コース。統治効率も40%ですサーセン」

02.png「どうするのお兄ちゃん、中の人は悶絶してるみたいだけど」

K1「ポリシーどーこー言ってられないので、ジブラルタルとコルシカ島を兄弟に任せることも考えてるみたいだが・・・・・・それだと統治効率は60%」
K1「もうキ印病まで発症しちゃったし、このまま統治効率40%で推し進めるつもりらしい。どうなるかは神のみぞ知る、だな」

そして伝説へ?

02.png「お兄ちゃん、国内がどんどんひどい事になってるよ?」

K1「実は執念深さを上書きされてたんだが、またお人よしで上書きされてついに謀略は0、統治効率20%だからなぁ」
K1「首都で暴動は起きるわ、コルシカ島に犯罪系ギルドが乱立するわ・・・・・・安定度低下イベントとかもあるな。もぅ直轄地はボロボロ」
K1「早く自殺してくれー、お前はやればできる子だ、今ならまだ弟たちが国を立て直してくれる、この際病気でもいいよ!」

02.png「ただ、封臣の方は予想外におとなしいね」

K1「外交には全力注いでるからね、ヤバげなところには即贈り物してるし」
K1「なんか知らない間にトゥールーズとか支配下から外れてるけど・・・・・・反乱だけは起こさせない、ここで国内の危機でもついたらマジ終わりそう」

02.png「司教領が多い&信仰度が高いのも一役買ってるのかも」

K1「そうだねー、軍事免除税を0にしたら、評判がいいこともあり忠誠-補正の封臣はいない状態。叛意もち自体はちらほらいるんだけど」
K1「ただ、一番能力がよかった末の弟は留学先のせいで他国に逃亡したし、なぜか封臣依頼は殺到でポップアップが邪魔だけどね・・・・・・」
K1「しかし先代で周辺の王国から請求権奪いまくったせいか国外からの介入が無い、これだけでも本当に助かるな」

02.png「別にこんな状況を予想してたわけじゃないけどね。けど、なんか封臣殺しまくってるよお兄ちゃん」

K1「親族じゃないならまぁ問題ないよ、多分。しかし、一回起きると頻発するねこのイベント」
K1「あとは対処療法でこのままで乗り切るしかないかな。正直この作業は苦痛以外のなにものでもないが、頼むからこのままで済んで・・・・・・あ」

02.png「お嫁さん殺しちゃった・・・・・・これでめでたく親族殺しもゲットだよお兄ちゃん」

03.JPG

K1「詩人っぽい台詞言えば許されると思ってるんじゃねぇよ・・・・・・」

02.png「えっと、その後国内に残ってた次男の息子と3男も殺害。ノリノリだね」

K1「次男もいつのまにやら死んでたし。よく覚えてないんだがこいつも嫁さんのあとに殺されたのかな、あとで気づいたから戦死かもしれんが」
K1「まぁ、正直ここらへんでもう勘弁してくださいだったわけだが・・・・・・」

02.png「ついに国内で反乱発生、一回目の発生でしっかり内乱の危機がついちゃったね」

K1「封臣の忠誠は苦労して50%以上キープしてたのになぁ。ま、ぶっちゃけそんなのあってもなくても能力値はオール0なんだけどね」
K1「ここで中の人は諦観モード、ケルンテンに叛意&お金1000で忠誠が一桁前半しか上がらないこともありイタリア維持に目標を変更したんだな」
K1「で、ニースケルンテン等の周辺国中心に反乱の一斉発動、南部の反乱は封臣で鎮圧、残りは君主部隊のみで戦う戦法を取る。状況はコレ」

04.JPG

02.png「いわゆるひとつの君主戦死狙いだね」

K1「だね、最初は君主部隊のみで突撃してたんだが、途中でこれでは戦闘がすぐに終わって戦死しそうにもないと気づいたわけだ」
K1「そこからは、突撃→まけたら別の部隊を呼んできて統合して突撃→負けたら(以下略)を繰りかえしたところ、ついに」

02.png「身代金でもいいと思ってたけど、見事に戦死だねお兄ちゃん!」

05.JPG

K1「この時は感動した・・・・・・しかし約5年でコレか。跡継ぎも5人(しかも子供2人)になってるし、あと5年あれば国家崩壊、10年で滅亡かも」
K1「おっと、リアルタイムで見てない人には関係ないネタだけど、中の人はぶちゃけこの後しばらくしてやる気がナッシングらすぃ」

02.png「ちょっと浮気して再開したEU2AGCEEPの速度の速さにに参っちゃったみたいだね」

K1「うむ、あと別に一番遅いシナリオで完結までプレイしても十分やりごたえあるということに気づいたらしい」
K1「気づいた割には1419年で中断→AGCEEPへのデータ移転はバグるらしくて結局最後までプレイしなかったというオチがあるのだが」

02.png「というわけで、完走は無理っぽいけどもうちょっとだけ続くので、期待せず見てあげてね」

前話../6代目は初体験を見る
次話../8代目は逃亡癖へ進む
プレイレポ/こんな島出てってやるへ戻る


添付ファイル: file05.JPG 149件 [詳細] file04.JPG 154件 [詳細] file03.JPG 154件 [詳細] file02.JPG 144件 [詳細] file01.JPG 145件 [詳細] file01.bmp 154件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-07-12 (土) 13:02:55