追放と離反

留学先のブラガンサから戻ったサンショを待っていたのは、まったくのお飾りとしての生活だった。
実権は摂政となった母ギレルマと、その愛人ラモンが握っていた。
先代の死後すぐにラモンは元帥に復職を果たし、サンショに対して父親面をし始めた。
もっとも、この二人が無能でなかったことはポルト公国にとって幸いだった。
他国の悪女の物語などとは違って、ギレルマは比較的まともな政策を行っていたし、
ラモンの軍人としての才能は傑出していた。
実際、封臣の中に不満を持つ者はひとりもいなかった。

dv4-1.JPG

1109年。ナバラ王サンチョが没し、ブラガンサ伯ゴメスがナバラ王に即位。。
かねてより予想されていたとおり、ブラガンサはナバラ王国領となってしまった。
ブラガンサは公国内でも最も豊かな土地のひとつであり、この地を手放すことは到底認められることではなかった。
ポルト公国はナバラ王国に対し宣戦布告し、軍を動員した。サンショはこの時16歳。
このブラガンサをめぐるキリスト教徒同士の戦いが彼の初陣となった。

全ての封臣が大動員令に従い、兵力を提供した。
サンショの下に集まった兵力は7000を数え、ナバラ王の軍勢の3倍以上だった。
ブラガンサにおける戦いは始まる前から決していた。
11月、ブラガンサの城は陥落し、この地の支配権はサンショのものとなった。

dv4-2.JPG

育ての親ともいえるゴメスに勝利を収めたサンショは自信をつけ、
これ以降は親政を開始する。口煩い母ギレルマは隠居させられ、
宮廷内に居場所を失ったラモンも隣国へ亡命した。

「これで厄介者どもは片付いた」

1110年。サンショは成人し、カスティーリャの幼王ペドロの姉、
エステファニアとの婚礼を行った。これによりイベリアのキリスト教勢力の連帯は深まることとなり、
さらにナバラ王の属領であったナジブの司教がサンショへの帰順を表明。
ここにポルト公の権威は大きく高まった。

しかし、問題もあった。サンショの性格が大きな原因だが、明晰な頭脳ゆえに
人を寄せ付けない態度に辟易した多くの家臣たちがポルトの宮廷を去ってしまったのだ。
その結果、残った重臣のほとんどはコインブラ家の近親たちのみとなり、
彼らをつなぎ留めるための給与が財政を圧迫することとなる。

「無能な者達ほど、要求が多くて困るよ…」

1115年、サンショとエステファニアの間に男児が生まれ、ディニスと名づけられた。
領民は大いに喜んだが、エステファニアはその後体調を崩し、翌年にはそのまま帰らぬ人となる。
悪いことは続くもので、同年エヴォラでマラリア、1118年にはポルトで赤痢が発生。
民衆は恐怖に慄き、リスボアでは新しく建てられた教会で、司祭が人々に悔悛を説いた。
ポルトの赤痢は半年で沈静化したが、エヴォラの禍はさらに1120年まで続いた。

1120年、エル・ビエンソ司教エンリケが新教皇に選出され、ローマへと去った。
以降エル・ビエンソはポルト公爵の直轄領となる。

dv4-3.JPG

またリスボアでは住民の一斉改宗が行われ、キリスト教の普及が本格化する。
領内全土に舗装路を敷設する計画が立てられ、それは順調に進んだ。
住民の往来も活発化し、1124年頃にはリスボアの文化はアラブ人のものより
ポルト人の文化が優勢になった。様々な技術の交流もより活発化した。

dv4-4.JPG

1126年、サンショはカステロ・ブランコ伯爵の称号を剥奪し、同地を直轄領とした。
また同時に叔父アルヴァロ・デ・コインブラをコインブラ伯爵に叙任し、その統治を任せた。
カステロ・ブランコは財政難によって公国内で最も遅れており、
これを開発する必要があったこと、飛び地だったサラマンカとの経路を確保することで
統治効率を高めることがこの入れ替えの理由だったと言われる。

dv4-5.JPG

1128年、サンショは病気を患い、数ヵ月後に死去した。享年35歳。
国内発展に力を注ぎ、対外征服に乗り出そうとした矢先の悲劇であった。
彼を疎ましく思う家臣団が毒を盛ったとも噂されたが、明らかではない。
"孤高公"(O Solitário)と呼ばれた彼の後を継いだのはまたしても12歳の幼君、ディニス。
両親ともに亡かったため、大叔父アルヴァロが摂政となった。

dv4-6.JPG

続く...

前章../レコンキスタ再燃を見る
次章../ポルトガル王国の成立を見る
プレイレポ/ここに地果て、海はじまるへ戻る


添付ファイル: filedv4-6.JPG 123件 [詳細] filedv4-5.JPG 128件 [詳細] filedv4-4.JPG 126件 [詳細] filedv4-3.JPG 124件 [詳細] filedv4-2.JPG 133件 [詳細] filedv4-1.JPG 123件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-06-09 (月) 15:40:40 (3660d)