Histrie de Boonen

Yves I (1127~1161) 前半

停滞と小変

4代目当主Yves。やっぱ管理が…子供が娘ばっかり3人で男子が居ない。
ゆくゆくは継承法の変更も考えていかなければならないかも。

0030-yves_I.jpg

男子が一人でも生まれれば大きな前進なんだけど、妻の年齢(25歳)的に若干怪しい。
とりあえずはYperen伯が溜め込んでたGOLDで領内に建造物を増やしたりして過ごす。
Yvesが4代目になる以前から、かなり長いこと「病気」のまま回復しないのも気掛かり。

暇だな、と思ってると1132年、領土拡張のチャンス到来。Seljuk Turksが
地中海を越えてGermany領内に攻め入るが、その際SavoieのShiekが独立する。

0031k-savoie.jpg

数も少なく渡航費がかかる北アフリカ勢はお留守番。BoulogneとYperenから兵を出し
Dauphine Viennoisへ集結させたところで宣戦布告。France王も介入してくるが
今回は兵数にも余裕があり、9月30日、他の部隊が到着する前に制圧。Savoieを得る。

0032-rebarted_savoie.jpg

 ※因みにSeljukとGermanyはそこまで激しくやり合わないうちに講和

1134年、気が付いたら直接の主Flanders公がFrance王になっている。さらに後継者欄には
Toulouse公を筆頭に公爵が順番に並んでいる。どうやら封臣たちが王に選択制の導入を迫る
イベントが発生した模様。選択制(Elective Law)は代替わり時の忠誠度低下が他の法と比べ
少ないために国が瓦解しにくく、内乱に乗じて伸し上がるのが難しくなる代わり、異教徒征服等で
領土を拡げれば、王位継承順で第一位になるのも夢ではない。
ただ、公を抑えて伯で上位に行くのは不可能ではないが難しい。持てる領土の関係もあるし
やはりなるべく早く公爵位を得たいところ。

この年10月、Boulogneを受け継ぐ前からの長患いをYvesがようやく克服。

demoiselles*1

1138年3月、Yvesの長女 Beatrix成人。Yvesには男子が私生児しかいないので、嫁に出すなら
継承法を変更してからでないと危険。一人も嫁がせなかった場合は、Yvesの上の弟Florisか
その次男(長男は夭折)Henrickが継ぐことになるが、Florisは役職配分に文句をつけた挙句
他家の宮廷へ出奔しやがったので、こちらとしても含むところがある。

0033-floris.jpg

 ※Negev伯のところへ出て行ったFloris。“Siblings”欄、青淵の丸が当主のYves、
  その横が下の弟Boudewijn。一番左は成人前に病死した長兄で名前はArnulf。

加えてAlexandria公(Englandがエジプト周辺に侵攻した際に出来ていた)が乗っ取れそうな
状況にあるので、未婚の下の弟 Boudewijnを使って乗っ取り、FlorisとHenrickは暗殺して
Boudewijnの家系に跡を継がせる、といければベスト。
しかし、多産度が低いのか一族の男子がなかなか増えない中で、直系に近い男子2人の暗殺は
家系断絶を回避するためにも出来るならばやりたくない。
ああでもない、こうでもないと迷わなければならないのも、全ては子供が娘しかいないせい。
長女の能力は無駄に良いのが余計に虚しい。気分はフランツ・フォン・マリーンドルフ。

0034k-beatrix.jpg

 ※AAR書いてる時に画像が必要だと気が付いて、セーブデータ弄くって復活させたので年齢が
  合ってない。画像加工したのはその為です。COAの部分は…ゴニョゴニョ

二兎を追うもの、一兎も得ず

普段はこっちからの求婚なんて、ただの廷臣相手でも数度冷たくあしらわれてやっと、なのに
長女のところへは伯爵自身からもプロポーズが来たりしてモテモテ。しかしとにかく今はスルー。
と決め込んで流していると、1138年8月、Yvesの妻Marieが病死、チャンス(不謹慎)が到来する。

0035-marie.jpg

いつのまにかFlanders公になっていたかつてのGuines伯は未だ健在で、後妻との間には15歳に
なる娘 Beatryseとめっちゃ邪魔な息子が3人。もし、BeatryseをYvesの妻に迎えてから
男子が生まれる前にGuines伯が死んだとしても、息子らが成人して結婚し、子供をもうける前に
殺ってしまえばFlanders公を乗っ取れる。
とりあえずは成人が近い次男*2をそのままにしておくとまずいので、アサッシンを送る。
「failed, and were discovered!」(暗殺は失敗し、陰謀も発覚しました。)
「Succeeded, but were discovered!」(暗殺は成功しましたが、陰謀が発覚しました。)
発覚したけど2回で収まったのでまぁ良しとする。誰に報復が来るかがちょっと怖いが・・・
その後Beatryseが16になるのを待って求婚、承諾され、Yvesは姉妹両方を妻にした事となった。

0036-marriage.jpg

だが第1子は流産してしまい、しかもその後しばらく子供が出来ない。1141年にはFlanders公が
70歳で死亡し、もはや引っ込みがつかなくなって跡を継いだ三男も殺るが“成功 but 発覚”
評判をさらに下げてしまう。1144年にようやく生まれた子供はまたも娘、さらに翌1145年には
Beatryseが22歳の若さで病死、これでFlanders公爵位の乗っ取りは完全な失敗に終わる。
おまけに暗殺が理由なのか、教皇後見人になってたFrance王に破門されたり、評判が悪いせいで
Alexandria公のところから嫁を取らせるつもりだった下の弟Boudewijnは他家へ出奔、と散々。

プレイヤーは閉塞感、徒労感、倦怠感、脱力感に襲われる。


*1 フランス語で乙女達、或いは良家の少女達、といった意
*2 長男は1歳で病死してます。Coenraad I の項参照

添付ファイル: file0036-marriage.jpg 328件 [詳細] file0031k-savoie.jpg 322件 [詳細] file0034k-beatrix.jpg 319件 [詳細] file0035-marie.jpg 336件 [詳細] file0034-beatrix.jpg 188件 [詳細] file0033-floris.jpg 308件 [詳細] file0032-rebarted_savoie.jpg 334件 [詳細] file0031-savoie.jpg 187件 [詳細] file0030-yves_I.jpg 321件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-03-04 (火) 22:47:35