コンスタンティノス11世ドゥーカス 1079-

世界情勢

英独仏に戦争を仕掛けたハンガリーはボヘミア王国に宣戦布告され、さらには反乱祭りになっている。
イングランドはスコットランド王国と戦争をしたが、なにも得る物のないまま講和。
イベリア半島ではキリスト教徒の伯国が、2つか3つムスリムに占領される。
ロシア東部では2大異教国の、ボルガ帝国とウグリック族(王国に相当)が同盟し、弱小国と戦争中。
最大の兵力・技術力を持つといわれるファティーマ朝(王国に相当)は、27546人の兵力を保有。
ちなみに東ローマ帝国の兵数は47324人(!)


※この章でいう「ドゥーカス」とは「コンスタンティノス"11世"ドゥーカス」のことであり、「コンスタンティノス"10世"ドゥーカス」は、「父親or前皇帝」となります。

得る物あれば、失う物もまたあり

1079年4月26日、ドゥーカスの即位式が盛大に行われた。ドゥーカスは演説で「ローマ帝国の復興を目指す」と宣言し、攻めてくるのではないかと周辺国は警戒した。
ちなみに皇帝の死の翌日ではなく、4月26日に即位式をしたのは五賢帝の一人、マルクス・アウレリウス・アントニヌス(121年4月26日 - 180年3月17日)の誕生日であるからだった。

父の遺言通り、コンスタンティノス11世ドゥーカスは帝国の領土を広げるべきだと考えていた。
父の威信は世界一あったが、ドゥーカスはわずか(154)しかなく、信仰心もわずか(162)だった。
いくら名戦術家であるドゥーカスであっても兵士がいなければなにもできない。
まずは資金を貯め、内政に励み、兵士を鍛えてムスリムとの戦いに確実に勝てるように数年間は不戦を心に誓った。

1079年6月、黒海北部オレシェイに廷臣の属国を作り、信仰心を増加させた。

1079年9月24日、次男パントレオンが誕生。

1079年12月25日、長男アントロニコスが病死。最悪のクリスマス・プレゼントとなってしまった。
ゾランナ皇帝夫人は悲しみのあまり1週間部屋から出てこなかった。

1080年10月29日、長女ヘレナ誕生。ドゥーカスは生まれた子が女子だったため正直、あまり喜べなかった。

1081年2月13日、長女ヘレナが病死。相次ぐ子供の死にゾランナ皇妃はストレスを抱えそうだった。

1081年8月20日、三男イレウセリオス誕生。後継ぎ候補の生まれに帝国中が喜んだ。

1082年8月16日、四男マニュイル誕生。

1083年1月、財政基盤を整えたドゥーカスは、父の代に帝国から独立したトラプソン公国についに罰を与えるときを迎えた。しかしそれは第2軍がやることであり、本軍が向かう先はムスリムの土地だった。

1083年3月、トラプソン公国に宣戦布告。トラプソン沖には大量の兵士が乗った船が待ちかまえており、即座に攻撃するという、いわば姑息な手だった。

1083月4月、ムスリム圏のアル・ジャジーラ帝国に宣戦布告。

1083年5月、トラプソン城が落城。トラプソンは皇帝直轄領となり、トラプソン公国が治めていた属国は帝国の元へ編入された。

1083年7月16日、五男コンスタンティノスが誕生。が、今は戦時中であり、喜んでいる場合ではない。妻や子、国民を忘れ、戦いに没頭した。
4日後の20日、四男マニュイルが病死。ドゥーカスは、生まれては死に、の続きに落胆した。

1083年9月、アル・ジャジーラ帝国を併合。続いて、ムスリムのパールンラ王国に宣戦布告

1084年3月、パールンラ王国を併合。カスピ海沿岸のデーベント帝国へ向かう。

1084年6月、ムスリムのデーベント帝国に宣戦布告

1084年7月、総動員令に従わなかった、アルメニア公国に宣戦布告。

1084年10月、アニ城(アルメニア)陥落。アルメニア公国の属国は、皇帝の属国になった。

1084年11月、デーベント帝国に首都アルバニアを割譲させることで停戦に合意。

1084年12月、ゾランナ皇妃が風邪を引く。相次ぐ子供の死にストレスが溜まっていたからだと医者は言った。

1085年2月、諜報顧問アンドロニコス(皇帝の兄)の報告によると、小アジアのアンチオチュ公国の忠誠心が大変下がっており、反乱を起こす寸前だと言うことなので資金援助と領地を1州与えた。

1085年8月、三男イレウセリオスが病気を患った。ドゥーカスは「また我が子が死んでしまうのか」と、大変心配し、教会に毎日礼拝に行き、統治もままならなかった。

1086年9月、六男アセムポロウスが誕生。皇帝は大変喜び、この日を休日にすると言い出したが、顧問の説得で取りやめた。

1087年4月、ビンヒルデ財政顧問が肺炎になったのをうけて解任。後任にはパトゥリキロス(48)がついた。パトゥリキロスは前皇帝の財政顧問をしたことがあり、2度目の皇帝顧問だった。

1087年7月、ビンヒルデが肺炎で死亡。41歳であった。ビンヒルデはドゥーカスの兄アンドロニコスの妻であった。
早速、ドゥーカスは兄の婚約相手を捜した。

1087年8月、廷臣のアレクサンドロスにアニを与え、国民の信仰値を高めた。

1087年12月、アンドロニコスは、ドイツ王国の廷臣ジェシェラと結婚した。
ジェシェラは優秀であったが、ストレスを抱えていた。

1088年1月24日、六男アセムポロウスが病死。皇帝は愕然とし、皇妃は気絶してしまった。

1089年1月、三男イレウセリオスの病気の正体は回虫だと、医者は結論づけた。
ドゥーカスはあいつぐ子供の不幸に何か嫌な予感がした。

1089年2月、アンドロニコスの妻ジェシェラが自殺。ドゥーカスは廷臣のシェオドラと結婚させた。
なんとなく、不幸が自分から兄へ移ったような感じがして、内心ほっとしていた。

東ローマ帝国の歴史

1089年4月26日、ドゥーカスは、皇帝コンスタンティノス11世ドゥーカス即位10周年の記念に帝国についてまとめることにした。

1089年4月6日.jpg
↑紫色が東ローマ帝国。黄色が世界の東端に位置する大国ムスリム・セルジューク朝。青色がエルサレムを所有するムスリム・ファティーマ朝。左上灰色のハンガリー王国は他王国との戦争は終結したものの、ここ十数年内乱が激しい。


家系図(いるか氏に感謝!!).jpg


↑家系図。いるか氏のをパクらせてもらいました。この場を借りてお礼申し上げます。

  • 収入  124.90/月
  • 威信  2344
  • 信仰心 607
  • マンパワー(兵力) 64937
  • 直轄領 18州(ピーク時は20州)
  • 統治効率(Efficiency) 100%
  • 評判(Reputation) We have a slightly tarnished reputation.(最も良いをLV1とするとき、LV3)
  • 競争相続制(Elective Law)
  • 封建契約(Feudal Contract)
  • 王権至上主義(Regal Supremacy)
  • 属国 43カ国
  • クレーム(Claim) 13カ国(すべて属国。総動員令に兵を出さなかったため。)
  • 領土の北限 現在のウクライナ・カホウカ湖あたり
  •      東限 カフカス山脈の東端、カスピ海とぶつかるところあたり
  •      西限 伊半島・ナポリ、現在のクロアチア・港湾都市スプリットあたり
  •      南限 クレタ島。大陸の南限は現在のシリア、ヒムスあたり
  • 主な称号 東ローマ帝国皇帝、ブルガリア国王、セルビア国王、アレッポ国王
  • 皇帝の家族構成 妻1人、子供3人、兄2人、姉1人、妹1人
    1059年 コンスタンティノス10世ドゥーカス即位。 
    1072年1月 北方戦争(〜1073年4月)。黒海北部沿岸まで進出。
    1073年4月 トラプソン公国独立戦争(〜11月)。結果独立し、1083年5月まで独立は続く。
    1075年9月 ナポリ伯国と戦争(〜9月)。勝利し、イタリア半島初の領土。
    1077年2月11日 ヨードキア皇帝婦人死去。享年45歳。皇帝は5日後再婚。
    1079年4月20日 皇帝死去。
    1079年4月26日 前皇帝の三男コンスタンティノスが即位。
    1083年3月 トラプソン奪還戦争(〜5月)。属国もろとも帝国に編入。
    1083月4月 第一次アラブ戦争(〜1084年3月)。2カ国を併合。エルサレムまで遙かに及ばず。
    1084年6月 東方カフカス戦争(〜11月)。不誠実なアルメニア公国を征しさらにカスピ海沿岸を占領。

目指すは聖地

1089年12月、ゾランナが病状から回復。皇帝は喜んだ。病気では世継ぎが作りにくいからだ。

1091年1月、閣僚改革が行われた。諜報顧問はムスリムのトゥルン(諜報11)、軍事顧問はソムス(軍事11)となった。
ムスリムが諜報顧問となるのに元老院はいささか不満があったが、トゥルンは公然の場で皇帝に永遠の忠誠を誓っており、さらにこれからは南進の時代。同じムスリムなら各王の気持ちがわかるのではないかと、皇帝は思った。
裏を返せはトゥルンにとってムスリム国は同胞であるが...。
さらに、最近商人の金融業が活発化しており、国民の信仰値が低下しているため、教会への寄進料を法律の許す限り増やした。

1091年10月、ナポリ城の改築が完了し、首都コンスタンティノスと同等の鉄壁となった。
これで、イタリアの橋頭堡としての役目をより一層高めた。

1091年12月、七男ニケトゥスが誕生。その日がなんと25日であったため驚きだ。

1092年6月、兵の輸送・維持費を貯めた皇帝は、いよいよファティーマ朝に侵攻を開始した。
まずは直轄領から兵を召集し、アラブ地方の軍隊をシリア方面軍としてファティーマ朝との国境沿いに集める。
作戦は、シリア方面軍が東ローマ帝国と地続きに攻め込んで行く。
国王率いるエジプト方面軍はファティーマ朝の本拠地エジプトへすみやかに侵攻し、賠償金を払わせて撤収が目標。


(セーブデータがぶっ壊れたので、ここから先は予備を使い、以前と大幅に変更されています)


1092年9月、シリア地方・パルミャラの戦いでファティーマ朝に敗北。

1093年2月、パルミャラが落城。ファティーマ朝領に。

1093年3月、続いてアーサスが落城。シリア戦線は崩壊寸前だった。
シリア戦線とは対照的にエジプトは圧倒的に東ローマ帝国の優勢が続いている。アレクサンドリア・カイロなど主要都市を次々と占領。東ローマ帝国も、ファティーマ朝も、自国領を捨てて相手領を占領し五分五分に持ち込む気であった。

1093年5月、シリア方面軍に援軍が到着し、アーサスでファティーマ朝と戦う。激しい戦いの末、我軍の勝利。
一方、宮殿では八男リカペヌスが誕生。皇帝は病気にならないようにエジプトから祈っていた。

1073年4月、ニケトゥスが流行病を患い死亡。また死んでしまった、と皇帝は落胆した。

1073年8月、リカペヌスが死亡。

1073月10月、三男イレウセリオスが回虫のためか肺炎になってしまった。

1074年2月、シナイ半島を制圧。

1074年5月、ファティーマ朝は徐々に求心力を失っていき独立を求める諸国が多くなってきた。
ドゥーカスは仲間割れを見ながらにやつき、エルサレムを目指した。

1074年9月、イレウセリオスが肺炎の悪化で死去。これで子供は残り2人となった。

1074年10月、エルサレム首長国(伯国に相当)の隣国ヘーファを併合。

1074年11月、エルサレム包囲を開始。

1074年12月、エルサレム首長国の君主ムハンマドが最後の抵抗としてエルサレム包囲中の東ローマ軍に突入。がしかし、華麗なる策略家のドゥーカスにはまるで歯が立たなかった。

1074年1月23日、エルサレムが陥落。キリスト教は遂に念願のエルサレム奪還を果たした。

1074年2月、ドゥーカスはエルサレム王国とエジプト王国の建国を宣言し、自分が初代国王だと名乗った。
複数の王国を一つの王朝が束ねているので「連合帝国」と言う者もいたが、皇帝はあくまでも正式名称は「ローマ帝国」とした。(実際、東ローマ・ビサンツ・ビサンティン等は他国が言っているものであり、正式には「ローマ帝国」だった。)

中東の領土_0.jpg ファティーマ朝 by外交地図.jpg
↑(左)濃い茶色が戦前の領土、薄い茶色が戦後に拡大した領土。
↑(右)ファティーマ朝の外交情勢。現在属国ゼロorz。反乱まつりでもうだめぽ。

国土整備

1074年3月、中東はムスリムが資金不足だったためか、公共施設の整備が進んでいなかった。
そこで道路・兵練所・林業などを豊富な資金を背景に進めていった。

1074年5月、属国に与えたシナイ半島の2州がよくわからないが独立した。(本当になぜ?)
すぐにでも併合したいが、先の戦争で兵を大量に失ったため我慢した。

1075年8月、ファティーマ朝が滅亡。旧ファティーマ朝属国群は小同盟を組み合った。

1075年12月、次女ラホーデが誕生。皇帝は特に関心はなかった

1077年3月、パトゥリキロス財政顧問が死去。後任は財政学を学び(財政12)、つい最近廷臣となったアウクスィチウス(36)。

1077年11月、次女ラホーデが病死。

1098年7月、メシルド外交顧問が死去。後任はシェオドゥラ(49)。シェオドゥラは2度目の顧問就任だった。

1098月1月、トゥルン情報顧問がストレスのせいか病気を患ったので解任し、変わりにアンドロニコスがついた。ドゥーカスにとって、アンドロニコスは父方の叔父であった。

1101年1月、ローマ法王が十字軍を発令した。ドゥーカスはカトリックとムスリムが双方、力を削りあうのを望んでいた。

1101年9月、五男コンスタンティノスを属国・へレス公国の廷臣シェオドゥラキス(25)と結婚させた。彼女は諜報が非常に得意で(諜報14)、即日諜報顧問とされたため政略結婚と言われている。

1102年1月、クリミアをコンスタンティノスに与え、さらにクリミア公爵の位を与えた。
これにより、帝国の属国3カ国4州が、クリミア公国の属国となった。

1104年12月、ひそかにコンスタンティノポリスからエルサレムに軍を率いてやってきていたドゥーカスは礼拝の後、東のヘブロン首長国へ軍を向けた。

1105年1月、ヘブロン陥落。さらに東のケーク首長国へ向かう。

1105年3月、ケーク陥落。次に死海からヨルダン川を北上し、アンマン首長国へ向かった。

1105年4月、アンマン陥落。さらにヨルダン川を北上し、イービッド首長国へ。

1105年5月、イービッド陥落。さらに北上しセイフェド首長国へ。

1105年7月、セイフェド陥落。これでエルサレム〜シリア〜アナトリア〜コンスタンティノスが地続きとなった。
(正確にはボスポラス海峡を挟んでいるが)
尚、死海沿岸のケーク他1州を廷臣に与え、統治の効率化を図った。

1106年10月、同盟国ポーランドが、隣国ガリッチ公国とキエフ公国に宣戦布告されたのを請けて、参戦を要請してきた。
ドゥーカスは即日参政を承諾し、兵を集め北へ向かった。もちろん救援ではなく、領土の拡大をねらっていた。

1107年2月、キエフ公国首都テレボフルを占領。領有権を主張した後併合。続いてガリッチ公国へ向かう。

1107年4月、ガリッチ公国首都ガリッチを併合。ポーランドが占領した土地だが、なぜか併合できた。

1108年9月、キリスト教徒国を併合した事による評判の低下が治まった頃、ドゥーカスはエルサレム方面軍4600人のうち、遠方のヨルダン川周辺の軍を除く4010人を率い、地中海に面するアスケロン首長国に侵攻を開始した。
そして1ヶ月後にアスケロンを併合した。

1110年10月、帝国の属国、アーメニア・ミノア公国が同じく属国のセレキリア伯国に宣戦布告。参戦を要求してきた。
皇帝は迷った末、ミノア公国に荷担することにし、軍をセレキリアに向けた。

1111年1月、セレキリア城陥落。即日セレキリアを併合した。

1111年10月、ドゥーカスの妻ゾランナが死亡。享年51歳。皇帝は悲しみに明け暮れた。
しかし悲しんでいる場合ではなかった。翌日から優秀な世継ぎを作るために結婚相手を探さなければならなかった。

1112年6月、ドゥーカスは遠きロシア、フリロフ国の王女ラケリアと結婚した。
彼女は優秀であったし、その上20歳と若かった。結婚に伴い、フリロフ国から徴収金約4000をもらったので、それを西のムスリムとの境界アレクサンドリアの城の増築や、帝国各地の港湾施設強化にあてた。

東地中海の覇者へ

1113年4月、シナイ半島のキリスト教徒エル-アリス伯国に宣戦布告。

1113年6月、エル-アリス陥落。エル-アリスに属国を作った後、ドゥーカスはシナイ公爵を名乗った。

1114年6月、徴兵が完了したエジプト軍は、中央地中海の覇権を懸けてアフリカを西のムスリム国へ向かった。

1115年12月、こちらの準備不足のため、こちらの形勢が悪くなる。
あわてて賠償金を払い、全敵国と終戦した。

南地中海戦争.jpg
↑開戦から終戦までの様子。時間ごとに色で分けてあります。

1116年1月、権利法(仮)を伝統的習立とし、さらに教会法を修道院至上主義にした。

1117年7月、いつのまにか、ムスリムのスレナイカ帝国と戦争状態になっていたので急いで軍を出発させる。

1117年8月、スレナイカ帝国唯一の州カーワンを占領。スレナイカ帝国は滅んだ。

1119年9月、シェオドゥラ外交顧問が死去。死因は老衰。後任はシモニス(42:外交10)。

1120年9月、いつのまにか、妻ラケリアが治めるクアッタラ伯国がムスリムのカナリア帝国と戦争になっていたので東ローマ帝国もカナリア帝国に宣戦布告。

1120年10月、クアッタラのカナリア軍を全滅させ、西の辺境カナリア諸島へと向かう。

1122年1月、カナリア陥落。カナリア帝国は滅び、ショーマス軍事顧問領となる。

1123年5月、属国のリィキカ公国が独立を宣言した。ドゥーカスは大変怒ったが、今は防壁の強化と減税により財政が苦しいので我慢した。

1123年11月、コンスタンティノポリス大港にやってきた信頼ある行商人の話によると、イングランド王国によりフランス王国が滅ぼされたとのこと。
そのため、旧フランス王家領では群雄割拠の時代になり、元々フランス王国で国力のあった公爵達が独立国を築いているとのこと。
この話を聞き、ドゥーカスはムスリムの北上を危惧した。カトリックは宗派は違っても、同じキリスト教であることは変わりない。
カトリックの勢力が増えるのは嫌だが、ムスリムの勢力が増えるのはもっと嫌だった。

1126年1月、諜報顧問の調査報告によると、帝国と皇帝への臣民の評判は、先の南地中海戦争の戦前にまで戻っており、主要な外国の評判もこれに同じだという。つまり戦争がいつでもできることを意味していた。財政顧問も戦争の費用は十分賄えると言った。
しかし、肝心の軍事顧問の席には誰もいなかった。10世の治世後半から11世の治世前半までの「最盛期」には力自慢の男性廷臣が多数存在していた。そのためファティーマ朝と戦った第一次アラブ戦争の際のような2軍隊以上による双方向からの攻撃が可能であったのだ。
それが今では男性廷臣は0人。原因はドゥーカス(=プレイヤー)の無知による属国の大量作成、すなわち「廷臣の流出」であった。
兎も角、もういなくなってしまった人を懐かしむほどマヌケなドゥーカスではない。
総動員の軍は地中海を渡った。

1126年4月、軍隊を地中海沿岸の複数の直轄領に配置し(1州だけでは軍隊の食料や寝床を賄いきれないため)、アドリア海北東部スプリト首長国へ宣戦布告。それはスプリト国の主君であるジール国に宣戦布告することを意味していた。ジール国とスプリト国は東ローマ帝国と講和した後も東ローマ帝国の属国を攻撃し続けて計2カ国を併合した(バグか?)。
それがドゥーカスの怒りに触れたのだ。

1126年6月16日、スプリト軍が全滅。ドゥーカス率いる我が軍が勝利して包囲を始める。

1126年6月30日、わずか2週間で落城。スプリトは皇帝直轄領となる。

<続く>

※プレイヤーはHOI2にハマってしまったので、しばらく更新はありません。
っていうか、最近全然更新してないのにいまさらこんなの書いたってしょうがないか。
これ見た人は神だね。神認定! ネ申 言忍 定 !

東ローマ帝国の野望


添付ファイル: file南地中海戦争.jpg 345件 [詳細] file中東の領土.jpg 188件 [詳細] file中東の領土_0.jpg 335件 [詳細] fileファティーマ朝 by外交地図.jpg 357件 [詳細] file家系図(いるか氏に感謝!!).jpg 361件 [詳細] file1089年4月6日.jpg 360件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-02 (水) 22:18:46